« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

イカからシロクマへ

今日は、息子の短期水泳教室の最終日。今日のレッスンでは、4日間の総仕上げとして進級テストが行われました。先日も書いたとおり、息子が目指すのは7級のシロクマ。課題は、「背泳ぎ25mを、43秒で完泳」です。

息子はと言うと、朝から気合十分。お昼ごはんの時は、”リポビタンこども”も一気飲みしてました(オヤジ・・・)。完全に受かる気でいる息子を見ていると少々不安な私でしたが、とりあえず娘と二人、観覧席から息子のことを見守ることにしました。

コーチの掛け声でスタート!!でも、タイム制だってことがわかっているのか、いつものようにの~んびり泳ぐうちの息子(汗)「おいおいおい・・・!」と思っていると、中間地点あたりで思い出したかのようにスピードアップ(笑)結局、39.6秒で合格することができました。あ~~良かった良かった(ホッ)。

シロクマになったら、今度は平泳ぎの練習が始まります。息子は早くベストスイマー(1級の上)になりたいみたいですが、まだまだ課題は山積みなのだよ(汗)2才の時、大病をして痩せ細ってしまった息子を鍛えなおすべく始めたスイミング。正直ここまで好きになってくれるとは思わなかったけれど、大好きなことがみつかって本当に良かったなと思ってます。これからも元気に通えるといいね。

nattou-kinchaku画像はお夕飯に作った「おつまみ納豆巾着」です。娘を産んでから、それまで全く食べられなかった納豆が、いきなり大好物になった私。この納豆巾着も美味かった~♪今日はゴマも入れてみましたが、香ばしくてなかなかGOODでした。また色々アレンジして作ってみようと思います。
そういえば、息子を産んだ時はトロロが食べられるようになったんですよね・・・。子供を産むごとに、何故か好き嫌いがなくなってゆく私・・・(不思議)。子供たちに感謝しなくちゃいけないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

イチゴ色のカーディガン

strawberry_cardigan_2やっと仕上がりました、娘のカーディガン。生地は、NIMES無地のストロベリーピンクです。定番NIMESを購入したのは初めてでしたが、評判どおりとっても縫いやすい生地!!しっかりしていて布帛と同じように扱えるので、家庭用ミシンでも全く問題ナシでした。
胸にはお気に入りのエッフェル塔アップリケをつけました。近頃”プリンセス”とか”ピンク”とかいう言葉に敏感に反応するようになってきた娘にも、気に入ってもらえるかな??

そして今回、意外にも手間取ったのがスナップ付けでした。ボタン用の太い糸と太目の手縫い針で縫い始めたところ、うまく生地を通らず糸がヨレヨレに・・・。針を細めにしてみたらあまりからまなくなりましたが、それでも縫いにくい。。。(涙)おまけに、印どおりに縫っているつもりなのに左右で微妙にずれてしまい、何度もほどいてやりなおす羽目に。とりあえずスナップ付けの修行にはなりました・・・。あ~しんどかった(泣)

strawberry_cardigan_3着用写真はこちらです→。息子のベルトを首から提げるのが、今日の娘のトレンドのようです(笑)

生地*NIMES無地ストロベリーピンク、エッフェル塔アップリケ、cuddryタグ(C&S)
パターン*パターン20子供カーディガン(C&S)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/03/28

春の短期水泳教室

今日から息子の短期水泳教室が始まりました。
息子は2歳の頃からスイミングを習っています。そんな彼にとって”スイミング”とは、”趣味”というより、もはや”生き甲斐”(汗)。にもかかわらず、ここ2ヶ月は病気続きでろくに通うことができませんでした。当然進級テストもまともに受けられなかったため、息子のストレスはすでに頂点。ちょっと可哀想なので、4日連続で泳げる春の短期に通わせてあげることにしました。

今息子がいるのは、8級のイカ(・・・)クラスです。7級のシロクマになるためには、25メートルを背泳ぎで43秒以内に完泳しないといけません。短期教室最終日にテストが行われるのですが、初日から燃えまくりのうちの息子。その割には泳ぎはやや沈みがち(汗)気合いが空回りする息子を見ているのはやや不安ですが、これからも楽しくスイミングを続けていけるよう、母は祈りたいと思います。

kantenpapaそして今日のおやつは、またまたかんてんぱぱ。今日は”プリンミックスU”をエンゼル型で固めてみました。”プリンミックスU”は、味も食感もプッチンプリンそのもの。大人にはちょっと物足りない感じだけれど、子供たちには大人気です。これで使い切ってしまったので、また買っておかなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

おうちで回転寿司

family_kaitenzusi昨日のお夕飯は、おうちで回転寿司をしました。この「ファミリー回転寿司」というおもちゃ、昔、旦那が忘年会のビンゴで当ててきたのですが、結構役に立ってます。普段は、トミカや虫フィギュアを乗せてグルグル回っているけど・・・(汗)それにしても、子供って本当に回転寿司好き(何か言いづらい・・・)ですよね。やっぱり”流れてくる”というのがたまらないのかな。

そしてデザートは、かんてんぱぱの、”ブラックコーヒーゼリー”と”とろけるプリン”でした。何年か前にママ友達から教えてもらってからというものの、我が家のお手軽デザートとして活躍しているかんてんぱぱ。すごく簡単に、しかも早く(寒天なので固まるのもあっという間)、美味しいデザートが作れるので、とても重宝しています。オススメはなんと言ってもブッラクコーヒーゼリー!寒天とは思えないやわらかさと本格的な苦味がいい感じ。コーヒーゼリーにはちとうるさいうちの旦那にも好評です。子供にはやっぱりプリンかな?今度はチョコプリンを買ってみたいなと思っています☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/24

娘の脳波検査

今日は午後から娘の脳波の検査に行ってきました。2時間前に帰宅し、今、娘とおやつを食べ終わったところです。

結果は、「異常なし」でした。6歳までは念のため、発熱するごとにダイアップ(けいれん予防薬)を使わなくてはいけませんが、日常生活には何の制限もないようです。予防接種も3ヵ月後から可、ということになりました。
未だに娘がけいれんした時のことを思い出すと、胃がよじれるような変な気分になる私ですが(←トラウマ)、とりあえず一安心です。いやはや、けいれんからのこの2週間は本当に長かった・・・(涙)今後は、ひたすら発熱を見逃さないよう気をつけねば。

ちなみに、子供の脳波の検査は、眠った状態で行われます。この「眠る」というのが非常に曲者で、睡眠薬を飲ませても興奮して眠れない子がとっても多いそうです。まあ、慣れない場所で変なもの飲まされたら、寝られなくて当たり前かも・・・。先日息子さんが脳波の検査をしたpochiさんからも、”眠らせる対策”についていろいろアドバイスを頂いていたので、今日は早速実行しました。

まず、早朝から家族全員で、ひたすら娘と遊びまくりました。目的は娘を疲れさせ、午後の検査時に眠くなるようにすること。そうとは知らない娘は、みんながチヤホヤしてくれるので大満足。お昼も大好きなカレーとラーメンをたらふく食べ(←脂肪過多?)、またまた満足げな娘。
「♪ちゅるちゅる~~ら~め~~~~ん♪」
とご機嫌で歌い、踊る娘を、午後1時には病院へ連れて行きました。疲れさせるため、もちろん徒歩で行きました。もうこの頃にはちょっとおねむな娘でしたが、念には念を入れて睡眠薬も飲むことに。コップに入ったオレンジ色の液体を一気飲みして、さらに上機嫌になる娘。ベビーカーに乗せて数分お散歩したら、すぐ眠ってくれました。おかげで、予定の2時にはすんなり検査を始めることができました。
検査室のベッドに寝かせる時に一度泣いてしまったものの、あとはひたすら爆睡で、あっという間に検査終了。中にはどうしても寝られず、何回も検査をしなおす子もいると聞いていたので、とりあえず1回で検査が終わって本当にホッとしました。

娘の熱性けいれん以来、いろんなことを考え、勉強しました。経験者のママたちからは、たくさんのアドバイスもいただきました。もしかしたら私は、子育てに対して少し傲慢になっていたのかもしれません。まだまだできないこと、わからないことだらけのママなのに、二人目ということもあり、かなり雑に子育てをしていたような気がします。また、「私はいろんな人に支えられて育児をしている」、改めてそのことを実感した2週間でもありました。今は、娘を心配してくださった方々へ感謝の気持ちでいっぱいです。
これから数年は娘が熱を出すたびに緊張することになるけれど、なんとなーく乗り越えていけそうな自信が湧いてきました。中耳炎&インフルエンザ&熱性けいれんで、私も子供たちも少し成長できたかな?これからもママ業、頑張るぞ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/03/23

うずらちゃんのかくれんぼ

kakurenboここ数週間、毎晩娘に読まされている絵本がこれ。「うずらちゃんのかくれんぼ」(きもとももこ・福音館書店)という絵本です。愛子さま読んでいるという噂の絵本だそうで、私の母がお土産に持ってきてくれました。
内容は「とこちゃんはどこ?」の赤ちゃん版という感じです。うずらちゃんとひよこちゃんのかくれんぼぶりがとってもキュートで、娘はほとんどのページを暗唱してしまうほど、この絵本が気に入ってしまいました。ちなみに、私は裏表紙も大好きです。「・・・おしまい。」と本を閉じる時、この裏表紙を見ると、とてもあったかい気持ちになります。
アマゾンの書評を見ても、この絵本は2歳児にすごく人気があるみたいですね。癒し系の絵本を探している方に、オススメです。

そう言えば、息子が2歳の頃のお気に入りは、「こぐまちゃんのうんてんしゅ」(わかやまけん・こぐま社)でした。決して発達が早い方ではなかった息子が、この絵本の文章を全部覚えてしまったときには、旦那と一緒にかなり驚きました。まさに絵本マジック。男の子にはこちらもオススメです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/22

”へ”のブーツカットパンツ

bootscut_he_1またまた娘にブーツカットパンツを作りました。ニット地を扱うのはこれで3回目です。ミシンを初めて2年、家庭用ミシンでニットを縫うのに自信が持てなくて、ずっと敬遠していたニットソーイング。でも、こども服には伸縮性のあるニットがピッタリですよね。少しずつコツもつかめてきたし、また頑張ろうと思っています。

今回は、前回の反省を踏まえて、ポケットは小さめに、ゴム幅は広めに作りました。三つ折りもやめて、裾もウエストもジグザグ処理で頑張りました(3つ折りは綺麗だけれど、モコモコするので…)。横地のジグザグ、なかなかうまくいかないなあ~(涙)やっぱり接着テープを使わないとダメかしら。

そしてこのブーツカットパンツの最大の失敗は、布の方向性を考えずに裁断してしまったこと。このドット、よく見ると”V”の字になっているんですよね…。股下の柄合わせしか考えずに、ジョキジョキ裁断したところ・・・なんと右のポケット以外は、ドットがみんな””になってました(涙)気づいたのはポケットを片方つけたとき。高価な布だし、やり直すのも面倒で縫い続けてしまいましたが、子供たちにも「”へ”のズボンだ~」と笑われてしまいました(泣)せめて全部”へ”だったら良かったのに・・・。右のポケットだけ”V”・・・。
裁断時のミスが結構多い私。気をつけねば。。。

bootscut_he布はC&Sさんで購入した、French lineダブルフェイスドットジャガードという布です。高かったけれど、しっかりしていてフワフワ気持ちのいい、素敵な生地でした。残った生地はなんに使おうかな?

着用写真はこちらです→。足長効果はいかほど?(笑)

生地*French lineダブルフェイスドットジャガード、いかりボタン(C&S)
パターン*RickRack「ブーツカットパンツ」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/03/20

クリームチーズ&レーズンのパウンドケーキ

raisincheese_poundcake世間は3連休。でも、うちの旦那の休みは今日のみ。来週は娘の脳波の検査も控えているし…ということで、今日は家族全員なんとなくダラダラ過ごしています。

今日のおやつは、クリームチーズ&レーズンのパウンドケーキです。
息子→レーズン好き
娘→クリームチーズ好き
私→両方好き
・・・ということで、焼いてみました(旦那は?)。バターが少ししか入らないせいか、あっさり&ホワホワ。ヘルシーでとっても美味しかったです。旦那はと言うと、「レーズンがなかなかいいな~」なんて言ってました。レシピだと、レーズンをお湯で戻すのですが、私はオーガニックレーズンをキルシュ(さくらんぼのお酒)に一晩漬けてみました。ラムレーズンよりもさわやかなフルーツ漬けになったような気がします。

パウンドケーキのいいところは、”菓子パン代わりに朝食に出せる”ということ(うちだけ?)。病気や悪天候で兵糧攻めにあっている時などには本当に重宝します。このケーキも、余った分は明日の朝ごはんだな!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

子供部屋

kids_room家族全員病に倒れまくりで、すっかり遅れていましたが、息子の学習机がようやく我が家に届きました。ついでに買った二段ベッドも到着し、納戸状態だった部屋が、なんとなく子供部屋らしくなってきました。

子供部屋を与えるかどうか・・・という議論はあちこちで目にしますが、私は「オープンな子供部屋ならあっても良いのでは?」と考えています。自分自身は子供の頃、狭い社宅住まいだったこともあり、ずっと部屋をもらえませんでした。着替えるのも寝るのも、勉強するのも家族と同じ部屋。マンションのチラシを見ては、自分の部屋を空想する毎日…というちょっと寂しい子供時代でした。ひきこもられちゃ困るけど、子供だって1人になる空間が必要、というのが私の考えです。
とは言え、息子の机と2段ベッドを置いたら、もういっぱいいっぱいのこの部屋。娘が小学生になる頃には、また色々考えないとダメそうです。その頃には息子も5年生か…。もう娘とは別の部屋にしないといけないかな。

kids_room_1すでにひきこもり気味の二人(汗)秘密基地ができて、すごく嬉しそうです。でも、息子はここで1人で寝られるようになるのかしら・・・?泣いて逃げてきそうな予感(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/17

息子の卒園式

昨日は息子の幼稚園の卒園式&お別れ会でした。もう今は、なんだか”燃え尽き症候群”のようになっている私(笑)慣れ親しんだ園やお友達とのお別れは、やっぱり寂しいです。

昨日は予想通り、ウルウル満載の1日でした。一番ジーンときてしまったのは卒園証書授与の時。名前を呼ばれ、証書を受け取り、園長先生と握手をする息子の姿を見ていると、この6年の成長が信じられないような気持ちになりました。
7年前、エコーで初めて見た息子は、まるで枝豆(・・・)のようでした。見た目は枝豆でも、しっかりと心臓を動かしていた息子。ママは、それを見てあなたを産もうと決心したんだよ。ママに命の尊さを教えてくれてありがとうね。本当に大きくなったね。
そして息子たちが受け取った証書は、一度先生が預かり、園児の退場後にもう一度私たち保護者に”授与”されました。
「うちの園は、保護者の皆様のご理解がなければ登園も降園もできません(←園バスがない)。今までご協力、本当にありがとうございました。お父様お母様方も一緒に卒園なさるということで、お1人ずつこの証書をお渡ししたいと思います。」
と園長先生。
「1人ずつ名前呼んで渡すの~?え~~いいよ~~(照)」
とナゼか自意識過剰なうちの旦那。アンタを見てウルウルする人はいないと思うから安心しなよ・・・(笑)
そんなわけで、昨日は私たち夫婦も卒園証書をいただくことができました。

卒園式後はお別れ会。準備や進行のお手伝いで駆けずり回り、かなり疲労しましたが、とってもいい会だったと思います。会の終盤ではたくさんの子供たちが寂しさで泣いていました。うちの息子はというと、目のかゆみと鼻水(花粉症)でそれどころではない様子(汗)こんなこともあろうかと、前日は耳鼻科で薬もたっぷり出してもらっていたのに・・・。肝心な時にアレルギーにしてやられた息子でした。

昨日の夜は、卒園記念に頂いた聖書(プロテスタントの幼稚園なのです)を、意味もわからないのに読み続けていた息子。きっとすごく寂しいんだろうなあと思います。今日の昼には37.9度の熱も出してしまうし、疲れなんだかストレスなんだか花粉症なんだか、よくわからないことになっています。どちらにしても、今日も病院へお世話になる我が家(涙)病院通いはとっとと卒業したいです・・・トホホ(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/15

いよいよ明日は・・・

owakarekai今日はお別れ会(謝恩会)の準備のため、息子と一緒に登園しました。娘は旦那(←2週間ぶりに休みがとれた)とお留守番。インフルエンザもすっかりよくなり、ワガママもいたずらも完全復活の娘ですが、脳波の検査が済むまではやっぱりちょっと心配で・・・。なるべくおうちでゆっくり過ごせるように、ババや旦那にも協力してもらっています。
息子たちが卒園式の総練習をしている間、私たちはまずは大掃除。その後、会場班の私はお別れ会をするプレイルームの飾り付けをしました。画像は、先日せっせと作ったすだれを出入り口に取り付けたところです。なかなか可愛くできたと自己満足にひたる私たち(汗)舞台や天井などの飾りつけも手伝い、思っていたより早く作業は終了しました。

owakarekai_1飾り付けをしながら、ついしんみりとこの2年を振り返ってしまう私。息子の入園は娘の出産の直後だったので、初めのうちは送り迎えや弁当作りでさえ、結構大変だったなあ・・・。でも、息子の成長を肌で感じることができた、充実した2年間でした。明日の卒園式は号泣しちゃいそうだからハンカチをいっぱい持っていこう(汗)

ちなみに、うちの息子は去年(年中のとき)、卒園式の総練習でボロボロ泣いてしまったたらしいです。どうやらあの寂しい雰囲気にジーンときてしまった模様。もちろん卒園式当日ももらい泣き(笑)人の卒園式で泣くとは・・・おまけに総練習でまで・・・(笑)自分の卒園式ではどうなんだろう?と、明日がちょっと楽しみです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/03/14

ホワイトデー☆

caramelapple_poundcake今日はホワイトデー。息子のガールフレンド(というか、もはやフィアンセ)のKちゃんへカラメルアップル☆パウンドケーキを焼きました。マーガリンがベースのさっぱりした生地にりんごがゴロゴロ入っていて、試作の段階から家族にはかなり好評でした。卵と油分の分離にだけ気をつければ、けっこう簡単。またひとつうちの定番おやつが増えました♪
そして私がケーキを焼いている間、せっせとKちゃんへラブレターを書く息子。こっそり覗くと、
「Kちゃん、チョコありがとう。りんごケーキつくったから、おいしかったらみんなでたべてね。」
なんて書いてる(汗)本当にKちゃんたちのお口に合うといいのだけど・・・(不安)

さて、今日は息子の皮膚科の日です。今年に入ってから頑張って通っているイボ治療も、佳境に入ってきました。小児科に耳鼻科、眼科に皮膚科。全科制覇も近い・・・(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

結膜炎とブーツカットパンツ

いつから病気がテーマのblogになってしまったのか・・・(涙)と思うくらい、最近とんとついていない我が家。昨日はなんと、眼科のお世話にまでなってしまいました(汗)
娘のインフルエンザ+熱性けいれんで、息子のことはついついほったらかしだった私。少し前からくしゃみがよく出るな~とは思っていたのですが、一昨日になって激しく目のかゆみを訴えるように。昨日の朝にはまぶたがパンパンに腫れるほどになってしまい、慌てて眼科へ行ってきました。診断は”アレルギー性結膜炎”。やっぱりそうか・・・という感じでした。私自身が小さい頃、アレルギー性結膜炎&鼻炎&気管支炎の常連さんだったので、息子の症状には心当たりがあったんです。
でも、生まれてこのかた”アレルギー”とか”アトピー”とかとは全く無縁だった息子。お医者さんは、
「今年はスギが飛びまくってるからね~。***くんもそうかしら」
なんて言っていたけれど、私としてはここ1週間のストレスが原因のような気がしてしまいました。救急車に乗ったり、母親がオロオロ泣いたりしていては、息子だって辛い気持ちを表に出すのがためらわれたはず。とりあえず娘は元気になったので、今週は息子が主役の1週間にしてあげたいと思っています。

bootscut-pants画像は娘のブーツカットパンツ(90サイズ)です。久しぶりのミシン&針仕事、楽しかった~♪無心に手を動かすって気持ちいいです。ちょっとポケットが大きすぎて、せっかくのワンちゃんタグが浮きがちなのが反省点かな?ズボン好きの娘のために、洗い替えをたくさん作ってあげようと思っています。

bootscutpants_1
着用写真はこちらです。転がってる・・・(汗)

生地*ダンボールニットグレー(RickRack)、ダブルフェイスドットジャガードグレー、わんこタグ(C&S)
パターン*RickRack「ブーツカットパンツ」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/03/11

熱性けいれん・・・その後

昨日の朝には平熱に戻った娘。まだタミフルは飲んでいますが、インフルエンザはほとんど良くなってきたようです。
今日は熱性けいれんのことを相談しに、かかりつけの病院へ行ってきました。あれから1度もけいれんは起こっていないものの、ここ数日変なフラフラが止まらなかった娘。これからの対処方法も心配で、いつもお世話になっているU先生に診てもらうことにしました。

実はU先生は神経が専門だったようで(←知らなかった)、熱性けいれんの子供は色々診たことがあるものの、娘のようなケース(はっきりしたけいれん症状がない)はちょっと少ないとのこと。また、意識が戻るまでの時間が40分と長いことが気になるとのことで、今度脳波の検査を受けることになりました。
「けいれん時間を、意識が戻るまでの40分と考えると、***ちゃんの場合、複雑性熱性けいれんの疑いが強いです。脳波をとってみないとなんとも言えませんが、てんかんなどの可能性も高くなります。」
U先生の話は理路整然としていて、とてもわかりやすかったのですが、私は頭が真っ白になってしまいました。

病院からの帰り道、眠っている娘を乗せたベビーカーを押しながら、どうしても涙がボロボロと出てきて止まりませんでした。
「もし検査をして、てんかんって言われたらどうしよう」
「脳に大きな病気があったらどうしよう」
もう悪いことばかりが頭に浮かんでくる私。旦那に相談しながら、子供たちの前でもオイオイ泣いてしまって、きっと子供たちもかなり動揺していたと思います。本当に情けない親です。。。

でも、夜お風呂で娘&息子とわ~わ~遊んでいたとき、ふと乙武洋匡さんの言葉が頭をよぎりました。
「障害は不便だけれど、不幸ではない」
ああ、そうか、娘がたとえどんな病気になっても、不便なことはあっても不幸なことではないんだ・・・。命に別状さえなければ、不幸になることはないんだ、そう思うと少し気分が落ち着きました。
そう言えば、ここ1ヶ月以上続いているインフルエンザだって充分不便だし、中耳炎をぶりかえしまくるのだってかなり不便。第一、子育て自体が不便なことだらけ(汗)公共の乗り物には乗りにくいし、ご飯はゆっくり食べられないし、家も片付かない(困)
でも、私は今までそれで”不幸”になったことは一度もない、ということを思い出しました。むしろ、子供たちがくれる幸せのおかげで、私の人生はバラ色になりました。
とりあえずは、2週間後の脳波の検査次第。それまで少し落ち着かないですが、こんなときこそ頭より手をしっかり動かして働こうと思います。

なんだかここのところ、暗~い話題ばかりの私のblog…。でも来週はいよいよ息子の卒園式!入学式のスーツも買いに行かないといけないし、娘をディズニーランドに連れて行く約束もあるんだった(ハッ)。早く元気になるぞ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/03/08

熱性けいれん②

ようやく、車で10分ほどのところにある国立の総合病院が娘を受け入れてくれることになりました。サイレンを鳴らして走り出す救急車。「揺れますからつかまってください」と言われたのですが、本当に揺れる・・・。地震車並に揺られながら、私は娘を抱いて踏ん張っていました。

6:30、病院に到着。処置室に行くよう言われ、まだ私の言葉に反応しない娘を抱っこして待つ私。ずいぶん長いように感じたけれど、数分後くらいだったのかな・・・やっと小児科医が到着。ここでもさっき救急車で聞かれたようなことを尋ねられました。でも、一番お医者さんが知りたがっているのは、
・いつから症状(熱、けいれん)があるのか
・けいれんはどのくらい続いたのか
・意識は回復しているか

の3点のような気がしました。娘の場合、「けいれんしていた」というよりは、「体を硬直させて、意識不明になった」という状態に近かったため、”けいれんの続いた時間”についてうまく説明ができない私。とにかく、意識がなかったこと、呼吸が乱れたことを必死に訴えました。
「よく普通の震え(悪寒)をけいれんと勘違いする人がいるのよねえ・・・でも、それなら意識がなくなることはないしね・・・。やっぱり熱性けいれんかしら」
とお医者さん。

とりあえず、熱を測り(39.4℃)、けいれん止めの座薬を入れ、血液検査をすることになりました。その時初めて声(泣き声だけど)が出た娘。血液検査が終わり、待合室に行く途中、「****(娘の名前)、ママだよ。ママ、わかる?」と聞いたところ、やっと
「・・・ママ、こっち」
と反応があり、涙が出そうになりました。

その後、座薬がウンチと一緒に出てしまうアクシデントはあったものの、少しずつ意識を取り戻した娘。検査結果が出る頃には、「(注射針のあとを指差して)ここ、いたいいたーいってした」と言えるまで回復。結局、血液検査の結果がそんなに悪くない、意識が回復した、ということで、入院はせず家に帰れることになりました。

帰宅したのは9:00。夕飯も食べずに付き添っていた息子も、もうヘトヘトの様子でした。急いで息子と娘に夕飯を食べさせ(意識が回復したばかりなのに、普通に米を食べるうちの娘・・・)、その晩は旦那と交代で娘の様子を見ることに。お医者さんから、もう一度けいれんを起こす可能性もあるので、そうなったらまたすぐ病院へ行くようにと言われていたため、結局昨日の夜はほとんど眠れませんでした。
今朝4時、もう一度けいれん止めの座薬を入れました。震えはあるものの、意識はしっかりしていて一安心。今日は息子の”幼稚園生活最後のお弁当の日”だったので、なんとかお弁当も作り、幼稚園へ送り出し、バタバタと家事をしながら娘を看ていたらこんな時間になってしまいました。

昨日から今日にかけて、とにかく長い長い1日でした。本当に、すごく恐ろしかった・・・。熱性けいれんは繰り返すことも多いのでまだ油断はできませんが、インフルエンザが治るまでとにかく注意深く経過を見ていこうと思っています。

昨晩、ネットでも熱性けいれんについて色々調べてみました。一番参考になったサイトがこちら。山口県にある、やまて小児科さんのHPです。とにかく熱性けいれんは、親が大パニックを起こすほど症状が酷いので、小さい子供のいる方なら一度目を通しておかれることをおすすめします。
とは言っても、そういう場面に直面したら”文字から得た知識”なんてぶっ飛んでしまうのも事実。私も、救急車を呼ぶのが、119なのか199なのかも思い出せない始末でした(時報と天気予報のよう・・・)。なので、私が今回思ったことを最後に書いておこうと思います。

・熱性けいれんが起きたら、すぐ救急車を呼んでかまわない(経験者でなければ、5分も様子を見るなんて絶対無理!)
・発熱した時刻、けいれんが続いた時間、けいれん以外の症状については何度も聞かれるので、把握しておく。
・熱性けいれんに限ったことではないけれど、子供の体重、飲んでいる薬の名前などについてもきちんと覚えておく。

とにかく早く娘が良くなるよう、この1回でけいれんが治まるよう祈るばかりです。そして、昨日いい子に我慢し続けた息子のフォローも、ちゃんとしなくては・・・と思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

熱性けいれん①

息子のインフルエンザ(A型)が移り、発熱してしまった娘。娘がインフルエンザにかかるのは、この冬2回目。その上、予防接種もしていない娘のことがとても心配だったのですが、昨日の夜、熱性けいれん(ひきつけ)を起こしてしまいました。育児本で読んだり、お友達の話を聞いたりして、大体の症状や対処は知っていたものの、実際の娘の様子を目の当たりにしたらもう大パニック。生まれて初めて119番をし、救急車にも乗りました。

昨日の夕方6:00。寝ているはずの娘が突然、「スゴッ・・・ゴゴゴゴッ」というような変な声を出しました。最初は何の音かわからずキョロキョロしていたのですが、娘の様子を見て仰天。目は白目をむき、唇は青紫。手足を硬直させ、奥歯をかみ締めたまま息もしていません。慌てて娘の名前を呼んだのですが、全く反応なし。「ひきつけ???」とちょっと考えてから、昼間行ったかかりつけの病院で、
中耳炎との合併症も心配ですが、初期のうちは脳炎にも注意してください。意識があるかどうか、常によく確認するように
といわれたのを思い出し、全身に震えがが走りました。明らかに意識もなく、抱っこしてみてもぐにゃぐにゃの娘。「まさか、まさか」という言葉が頭を駆け巡りました。本などには、”5分以上けいれんが続く場合は、救急車を”なんて書いてあるけれど、こんな状態を5分も放置できるはずもなく、すぐ救急車を呼びました。

119番では、住所や名前、娘の年齢、今の状況など、矢継ぎ早に聞かれたのですが、気が動転している私はうまく順序だてて話すことができません。何度も、「お母さん、落ち着いてください」と言われました。
オロオロ電話をしている間に、浅いながらも呼吸は戻った娘。「今救急車をそちらに配備しました。今から言う応急処置を行って待っていてください。また呼吸が停止するような事態があったらもう一度お電話ください」と199番。その応急処置とは、
平らな場所に寝かせ、首、両脇をタオルで冷やす。大きな声で呼んだり、ゆすったりはしてはいけない
というものでした。(後で調べたところ、他にも、・顔を横に向ける・口に物を入れてはいけないといった注意事項もあるようです。)

とりあえず言われたとおりにし、息子にも外に出る準備をさせ、現金、保険証、着替え、おむつを準備。その間も娘は、息はしているものの、白目をむいたまま全く意識はなし。
「****(娘の名前)!しっかりしてー!お願い、早く救急車来てー!!」
と、私ももうその時点で涙声でした。息子は状況がなんとなく理解できるのか、さっさと出かける準備をし、床暖房やテレビのスイッチも切り、「ママ、ちゃんと説明しないとだめだよ」「僕、救急車に乗るんだ…」なんて言っていました。

旦那にも連絡をし、待つこと15分。救急車が到着しました。救急車に乗り込むときに、旦那も到着。救急車の中では、娘の体重、処方されている薬のこと、いつその症状に気づいたか、けいれんは何分続いたのかなど、また詳しく聞かれました。その間、他の救急隊員の人たちは小児科医のいる救急病院を探していたのですが、なかなか受け入れ先がみつからない様子。その頃の娘はと言うと、ようやく黒目は戻ったものの、ぼんやりどこを見ているかわからないという感じで、呼びかけにはまだ反応できませんでした。

(熱性けいれん②へ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

バムとケロとガラゴ

garago最近、我が家の話題をかっさらっている絵本がこれ。「かばんうりのガラゴ」そして、「うちにかえったガラゴ」(ともに島田ゆか、文溪堂)です。2冊とも、”バムとケロシリーズ”で有名な島田ゆかさんの絵本です。
私たちは”バムとケロ”の大ファン!!毎晩、息子と娘にそれぞれ1冊ずつ絵本を読んでいるのですが、”バムとケロ”がリクエストされない日は、ほとんどありません。思わず笑っちゃう可愛いお話と、見れば見るほど発見がある細かい絵。子供から大人まで楽しめる、素晴らしいシリーズです。
このガラゴ2冊は、「”バムとケロ”のファンなら必読!」という書評を読んで、つい先日購入したばかりなのですが、読み聞かせ第1回目から、親子で「おお~~!」「すげ~~!!」と大盛り上がりでした。
実はこの絵本、”旅するかばん屋、ガラゴ”のお話としてももちろん面白いのですが、さらになんと、”バムとケロ”と内容が連動しているんです。
『ケロちゃんの出生の秘密!』
『あの不思議な雑貨屋の正体は?』
・・・という具合に、まるで”バムとケロ”の暴露本のようにスリリングな内容(汗)そうか、そうだったのか・・・と私も感心しきりでした。逆に、ガラゴを読んでからバムとケロを読むと、またまた新たな発見があったりするんです。ドキドキ、ワクワク、親子で毎日かなり楽しませてもらっています。
それにガラゴのおうちの可愛いこと!!バムのおうちもかなりハイセンスだったけど、私の好みはガラゴんちだな~♪こんなおうちにいつか住んでみたいと本気で思ってしまいます(でもその前に、今住んでるマンションの住宅ローンを何とかせねば・・・)。クッションカバーに、ラグ、カーテンに至るまで、すっごく細かく描かれているので、これからのhandmadeやインテリアの参考にもできそうです。
絵本というと、福音館orこぐま社が多い我が家ですが、またお気に入りの絵本作家さんが増えました♪

ちなみに、本日は早朝のblog更新です。なぜかというと、4時に娘に起こされてしまったから。やたら水分を欲しがるし、どうやら熱がある模様です。やっと息子が治ったと思ったら、今度は娘かー(涙)インフルエンザかどうか、今日の午後には検査を受けにいこうと思います。ひどくならないといいな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/04

いちごとラム酒のジャム

strawberry_jam兵糧攻めにあっている我が家に、昨日義母がイチゴを2パック持ってきてくれました。今朝、朝ごはんの時にいただいたのですが、残念なことに味も食感もボケボケ。見た目だけ立派な大ハズレいちごに、家族全員ガッカリでした(涙)
せっかくの食料なのに、捨ててしまってはもったいない!ということで、先ほどジャムにしてみました。グラニュー糖が足りなかったので、糖分の半分はブラウンシュガーを使いました。仕上げにラム酒も入れて、ちょっと濃い、大人な感じのイチゴジャムが完成~!!ううーん、いい匂い~♪
作り方は、いがらしろみさんの「ジャムのお菓子」(アスコム)を参考にしました。私自身、Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)のジャムの大ファンなのですが、この本にはお店で買えるジャムの作り方も載っています。この本を読んでいると、
「今までの私の”ジャム観”って一体なんだったんだろう・・・」
とつくづく反省してしまいます(汗)ボケボケイチゴだって、余ったフルーツだって、美味しく大変身させてしまうジャム。今度はキウィのジャムが作りたいな。誰か食べられない量のキウィをくれないかな・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちらし寿司ケーキ♪

tirasizusi-cakeインフルエンザA型にかかってしまったうちの息子。ようやく熱が下がって2日経ったので、今日からは幼稚園に復活できるかな?と思ったら、窓の外は真っ白な銀世界!!かなり強く降ってるな・・・。抱っこ紐に娘を入れての送り迎えはちょっとキツイかも(汗)ぶりかえしても困るし、大事をとって今日もお休みさせようかな。

画像は昨日作ったちらし寿司です。うちには寿司桶がないので、いつもは適当に1人分ずつ盛り付けていたのですが、今回はCOOKPADで発見したレシピを参考にして、ケーキ型でドーンと飾ってみました☆ちょっと材料が少なくて貧弱な感じだけれど(←息子の病気で兵糧攻めにあっている我が家・・・)、子供たちは大喜び。楽しいアイディアをどうもありがとうございました♪>大好きプリンさん

本当はベイクドチーズケーキも作ったのですが、こちらは失敗してしまいました(涙)焼成がうまくいかなくて、外は焦げ焦げ、中はモロモロ、底は崩壊。うちのオーブンは、古い上にすっごく狭いので、温度調節が難しいんですよね・・・。今までも何度か挑戦したことがあるのだけど(ベイクドチーズケーキ)、たいてい焼く時に失敗してしまって・・・(泣)。最近ようやく、クッキーとパウンドケーキは、ちょうど良い焼成時間と温度がわかってきました。ベイクドは息子の大好物。これを機に修行に励もうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

ティッシュケースカバー・2種

息子のインフルエンザ(2度目…)で、またまた引きこもり生活に逆戻りの私たち親子。今回は私が倒れるわけにはいかない!と、四六時中”超立体マスク”をして看病をしていますが、果たして逃げ切れるのか・・・。人生ってサバイバル・・・。

tissuecase_cover_1そんな中、裁断したまま手をつけていなかったティッシュケースカバーを仕上げました。小幡小織さんの本を参考に作ったのですが、パイピングはすべて省略の超簡単仕様です(汗)スナップ用の布も、綾テープの端切れで代用。ちょっとシンプル(=殺風景)になりすぎちゃったかな?とも思いますが、お気に入りの布の端切れを活用できて、私的には満足の作品になりました☆

今までも何度かティッシュケースカバーは作ったことがあるのだけど、このデザインは、可愛いだけでなくとっても機能的。取り出し口付近にマジックテープがあると、取り出すときにティッシュがくっつくのが気になるけれど、これだとフラットなスナップ留めなので心配無用。洗濯もしやすくアイロンもかけやすい、シンプルな構造も気に入りました。よくこんなパターンを思いつくなあ・・・と、またまた小幡さんを尊敬してしまいました。今度はパイピングをサボらないで作ってみようかな?と思ってます。

生地*ブラウンのボーダー(C&S恵比寿shopで購入)、小幡小織さんのオリジナルハーフリネン(C&S)
パターン*「わたしらしく、暮らしたい」(小幡小織・日本ヴォーグ社)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »