« 落語の魅力 | トップページ | 新源氏物語 »

2005/06/30

あわだらけのクッション

tissuecasecover_for_baba_2 どうも最近、遅い5月病気味の私。何にもする気になれないことが多く、昨日もぼんやりと、母に頼まれたティッシュボックスカバー・第二弾を縫っていました。
布合わせは、息子のランチセット(麻デニムのランチセット)と全く同じ。先日作った花柄のものより、こちらの方が年寄りのおうちにはちょうどいいかな~??

そんな具合にボヤボヤしていた私ですが、昨日の夕方、娘が突然嘔吐、発熱し、一気に目が覚めました(汗)うちの娘は、中耳炎持ちな上、熱性けいれん持ち。ちょっとした発熱でも、いつもドキドキしてしまいます。そんな私のドキドキが息子にも伝わるのか、娘が熱を出すと、いつも息子まで緊張状態になってしまいます。

今朝には熱が38度を超え、急いでダイアップ(けいれん防止薬)を打ち、病院へ。お医者さんの所見では、喉から来る風邪だろうとのこと。薬を山ほど貰って、先ほど帰ってきました。

病院では、昨日の嘔吐の状況を一生懸命説明していた娘。
「げっぷがでてねえ~~、くっちょん(クッション)あわだらけだったよー。もうびしょびしょよー。」
・・・確かに、クッションもじゅうたんも、直前に食べた納豆で大変なことになってました(汗)とりあえず、意識がはっきりしているようで、母さんは一安心よ(笑)

生地*麻デニム生成りストライプ、インディゴストライプ(RickRack)、綿テープ(C&S)
パターン*「わたしらしく、暮らしたい。」(小幡小織・日本ヴォーグ社)

|

« 落語の魅力 | トップページ | 新源氏物語 »

handmade」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponちゃん、お嬢ちゃんの熱の方はいかがですか?
少しは良い状態になったかしら?
以前の経験があるので、熱となると緊張が走りますよね。
中耳炎は大丈夫だったのかな?
けれど、まだまだ油断は出来ないですね。
うちの娘も10日以上も前に熱が出て、
確かにその時は鼻水がすごかったの。
でもここ最近はすっかり治まっていて、もう大丈夫ねなんて安心しきってた矢先にこれだもの。
体の中では菌がじんわりと活動していたみたい。
お嬢ちゃんもそうならないように、お鼻、かみかみして下さいね。
それにしても、自分の嘔吐状況をきちんと説明できる娘さん、お利口さんだわ。お話する言葉がかわいいね(笑)
直前に食べてたものが、納豆ね・・・ asaponちゃん、始末ご苦労さまでした。

投稿: choco | 2005/06/30 13:53

asaponさんこんにちは♪
以前、ブログに書き込みしていただいた
kieppeです。RRさんの掲示板でお見かけして
遊びにきました~。カバー、シンプルで素敵ですね♪
麻デニム、つい洋服に!とばかり思ってたのですが
小物でもいいですね。
 娘さん、具合はどうですか?実はうちも息子が昨晩から嘔吐と熱で・・・。本人は「元気だよ!」と言い張るのですが。おたがい早く良くなりますように☆

投稿: kieppe | 2005/06/30 13:56

娘さん大丈夫ですか?今夏風邪が流行っていますね。
うちの息子も先日急に40度の熱を出しました。朝は元気だったのに・・・子供の熱はほんと急ですよね。
中耳炎をずっとかかえている息子なのでasaponさんのお気持ち痛いほどわかります。
小さいうちはこどはほんと病気ばかりしますよね。お互いがんばりましょう!
おだいじに☆

投稿: ことりん | 2005/06/30 14:23

>chocoさん
コメント、ありがとうございます!娘の熱はまだまだ高くて(38.9度)、油断できない感じです~。病気や病院通いって、やっぱり嫌ですね(涙)chocoさんのお嬢さんは、その後いかがですか?痛いけれど、切開すると治りも早いですものね。季節の変わり目、お互い健康管理に気をつけないといけないですね。。。
そうそう、納豆。まさに”泡”でした(汚い話題でごめんなさい(笑))片付けるのは容易ではなかったです・・・。恐るべし、納豆菌パワー。
北海道旅行の時は、みんな元気だといいな。るるぶ見ながら、祈りまくってます。

>kieppeさん
コメントとっても嬉しいです!RickRackさんから来ていただいたんですね。麻デニム、ほんと紙のように扱いやすくって、とても重宝してます。もっと色にバリエーションがあればいいのになあ~なんて思ってます。
kieppeさんの息子さんも発熱中なんですね。こちら(横浜)は天候が不順で、毎日嫌になります~。そりゃ体調も崩すよーっていう感じです。kieppeさんのお住まいの東北の方は、まだ涼しいのかしら?息子さんも早く良くなりますように・・・☆

>ことりんさん
今、お熱を出しているお友達、うちの周りにもいっぱいいます。ことりんさんの息子さんは、もう回復したかしら?子供の病気は、いつも急で、おまけに悪化するのもあっという間で驚きますよね。
そしてことりんさんも「中耳炎の子を持つ母」なんですね!耳鼻科って、待つわ怖いわでホント最悪ですよねー(涙)おまけになかなか完治しないし・・・。息子は全くかからなかったので、娘が中耳炎の魔のサイクルにハマったときは、とてもビックリしました。一時はムコダインが主食か?という状況だったし・・・。でも、共感してもらえる方がいるだけで、なんだか心が軽くなります。
お互い、子育て頑張りましょうね!

投稿: asapon | 2005/06/30 17:43

asaponさん、娘さん熱性痙攣もちなんですね。
それは、本当にお熱が出ると心配ですね。
うちの子達は経験ないのですが、つい一昨日、同じバス停のこが熱性痙攣でお休みしました。
なにもわからずにいたのですが、今日そのこのお母さんに聞いたら、今回は(2回目だそうです)3時間ほど意識がなかったとのこと。
この無知な状態で、自分の身の上に起きたら、うっかりゆすったりしてしまいそうです。
じっとさせて、横にして気道確保が必要だとか。
子供には起こりうる事態で、このように行動できるか自分に自信がありません。
まだお熱があるとのこと、看病大変ですが、がんばってください。

↓で、絵本の話題、またすごく楽しませていただきました。
私のブログをリンクしていただいてうれしいです、、、あんな稚拙日記でいいのかな。
それでもよければ、気にしないでくださいね~~~。

投稿: banjo | 2005/07/01 00:12

>banjoさん
おはようございます~!娘の熱、今朝下がりました(ホッ)。お騒がせしました。またぶり返さないように、気をつけなくては。
そうなんですよー。今年の3月、息子も娘も、インフルエンザにかかってしまって(おまけにA型B型両方)、その時娘が熱性けいれんを起こしました。私も初めてのことで気が動転し、救急車を呼ぶのもやっと。うちの子も、40分意識が回復せず、「もしやインフルエンザ脳症・・・?」と絶望的な気分になりました。幸い、脳波検査は異常がなく、薬でけいれんを防止しつつの経過観察の身分になりましたが、やっぱり心配なんですよね~。
banjoさんのお友達も大変でしたね。熱性けいれんは、「熱の上がり時」が要注意なようです。なので、解熱剤が切れるとき、インフルエンザやヘルパンギーナなど、熱が急激に出る病気の時は気をつけたほうがいいそうです。
つい子供には多くのことを期待してしまうけれど、健康に安全に生活できることが一番ですよね。お互い頑張りましょうね!

投稿: asapon | 2005/07/01 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59512/4769697

この記事へのトラックバック一覧です: あわだらけのクッション:

« 落語の魅力 | トップページ | 新源氏物語 »