« 永遠に続いて欲しい時間 | トップページ | 溶岩焼肉 »

2005/12/03

ぼくらは、とうみん1年生

gakugeikai_2 今日は、息子の学校の学芸会へ行って来ました。
息子たち1年生がチャレンジしたのは、「ぼくらは、とうみん1年生」という劇です。春に生まれたカエルの子供たちが、初めて知る、”冬眠”。冬眠なんてしないで遊び続けていたいカエルたちと、着々と冬支度をする他の動物たちを描いた、可愛らしいお話です。

学年全員、50人で取組んだ劇は、かなり見ごたえがありました。照れゼロの子供たちの演技は、思わず、「フフフフ」と微笑んでしまうような愛らしさ。お母さん手作りの被り物(「おれたちゃ、ヘビ。」で紹介)と、自分たちで作ったビニールの衣装もまたキュートで、思わず頬が緩んでしまいます。

うちには下に娘がいることもあり、いつもは「こんなに大きくなって・・・」と思うことが多い息子ですが、1年生なんてまだまだおチビちゃんなんですね。今日は久しぶりに、”可愛い息子”を感じられて、大満足の1日になりました。

gakugeikai_9hebi ←冬眠の腹ごしらえにカエルを食べようとして、カメに阻止されるヘビ⑥~⑩(息子はヘビ⑨)。カメの甲羅に撃退され、ヨレヨレと退散。”エピソードⅡ・ヘビの逆襲(?)”に期待す。

|

« 永遠に続いて欲しい時間 | トップページ | 溶岩焼肉 »

育児」カテゴリの記事

コメント

そうか~。学芸会だったんですね!!
asaponサンお手製の衣装を着て、ヘビ⑨熱演のご様子。
なんだか、私まで嬉しくなっちゃいます~♪
だけど、はるきちの学芸会とか想像すると、今から
ちょっぴりウルウル~な気分になるのは、何故?!(笑)

かわいいミッキーのお葉書、ご丁寧にありがとうございます。
皆さんのお口に合えば、うれしい限りです。(o^o^o)

投稿: halmama | 2005/12/04 10:48

>halmamaさん
こんばんは♪コメント、ありがとうございます。
運動会、卒園式、入学式…などなど、子供の成長を見る節目には、私もいつもウルッときてしまいます。幼稚園の入園式の時には、制服を着ている息子の姿が信じられず、ついホロホロホロと涙してしまいました。が、その横で旦那は大あくび(汗)ずいぶん温度差のある夫婦でした…。
はるきちくんの成長も本当に楽しみですね!小学生になったはるきちくんに会ったりしたら、私も感激して泣いちゃいそうです(笑)
そして、いつも過分のお心遣いを頂いて、夫婦共々恐縮しております。早速、おやつにバクバクいただいています(^^)

投稿: asapon | 2005/12/04 22:56

asaponさん^^こんばんわ♪
学芸会だったのですね。ほんと、涙もろくなりますよねぇ~。私もテレビとかでも親を恋しがる子供とか見ると号泣ですよぉ~(T◇T)
お兄ちゃんになってもまだまだ1年生。学校に行けば一番のおちびちゃんですものね。うちは2年生ですが、ソフトに入ったので一番のおちびちゃんになりました。まだまだ守ってあげなくてはならないのだと確信するような気がします。
娘さんの入園・卒園もかなりきそうですね。

投稿: run | 2005/12/04 23:35

>runさん
コメントありがとうございます!学芸会、無事終了しました。今回は涙は出なかったけれど、やっぱり感動してしまいました。親になるとほんと涙もろくなりますよね~。私も救命病棟24時みたいなのを見ると、ゴーゴー泣いちゃいます(汗)
息子さんはソフトボールをやってるんですね!いいですねー(^^)うちもサッカーを始めたばかりです。親として子供をしっかりサポートしてあげたいですよね☆
またrunさんのblogにも遊びに行きますね!お子さんの楽しいNEWSも楽しみにしてます。

投稿: asapon | 2005/12/05 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59512/7450003

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくらは、とうみん1年生:

« 永遠に続いて欲しい時間 | トップページ | 溶岩焼肉 »