« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/31

セットで楽しむ、時代小説

先日「お疲れの現代人につける薬」という記事で紹介した、杉本苑子さんの「山河寂寥 ある女官の生涯」(文春文庫)を、昨日の夜読み終えました。

この本の主人公は、平安時代の凄腕女官、藤原淑子。ほとんどの人が「誰それ?」と思うであろうこの女性、歴史の教科書にこそその名が出てくることはないけれど、彼女は、謀略という謀略を裏から操っていた、後宮の支配者でした。
淑子の兄は、摂関政治の礎を築いた藤原基経、妹は在原業平とのスキャンダルで有名な、藤原高子。また、彼女自身が宇多天皇の養母であり、その宇多天皇に重用されたのが、学問の神として名高い菅原道真・・・と書けば、あまり歴史に興味のない方でも、「その辺の名前なら聞いたことがあるかも」と思われるのではないでしょうか。

続きを読む "セットで楽しむ、時代小説"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/27

キティ&ピンクの入園グッズ

kitty_pink_bags 4月から始まる娘の幼稚園生活に向けて、入園グッズ作りに取り掛かりました。まずは、レッスンバッグシューズ入れ完成。林家夫妻も真っ青の、ピンクづくしで作りました。センスレスな点は、「すべて、ピンク好きの娘のリクエストに従ったため」ということで、ご容赦ください。

続きを読む "キティ&ピンクの入園グッズ"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/01/23

チョコレート気分暴走中

お正月太りの気になる今日この頃。でも私の気持ちは、早くもバレンタインへ向かっています。
バレンタインが近づくと、無性に食べたくなるのがチョコレートのお菓子。「旦那や息子に、美味しいチョコレートをプレゼントするため」なんて見え透いた言い訳をしながら、「これ食べたいなー。作れるかなー」と、ついついお菓子の本を眺めてしまう私です。

chocolat_madeleine そんなわけで、早速試作してみたのがこちら。フランスはヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートをたっぷり使った、ショコラマドレーヌです。

続きを読む "チョコレート気分暴走中"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/21

3万円の緑茶と私

30000 先日、生まれて初めて、1缶3万円の緑茶を見ました。
そして、買いました
もちろん、自宅用ではありません。旦那のお父さんの誕生日お祝いです。

続きを読む "3万円の緑茶と私"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/01/20

お疲れの現代人につける薬

book_corner_3 高校時代、好きだった科目は、日本史、古文、漢文。

今となっては、それらの科目のセンター試験の問題を眺めたところで、スワヒリ語の新聞を読んでるかのごとく、ちんぷんかんぷんな私ですが、好きな書籍のジャンルは相変わらず、”日本の歴史物”です。

特に、”お疲れの現代人”になってしまったとき、私の手は自然と、歴史・時代小説へと伸びていきます。

続きを読む "お疲れの現代人につける薬"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/18

フルーツあん巻き

私は、食べ物の好き嫌いを許しません。
トマト、ほうれんそう、ブロッコリー。
これまで子供たちがどんなに食べにくそうな顔をしていても、「好き嫌いはタダのワガママ!」と、問答無用で口に突っ込んできました。果たしてこんな教育が正しいのかどうかわからないけれど、うちの子供たちは、大体の食材は口に入れることができます。

その一方で、息子には変な傾向が見られます。
いちご大福やどら焼きは大好きなのに、おしるこのあんこは苦手。
ごぼうサラダのごぼうは苦手なのに、豚汁に入ったごぼうやきんぴらごぼうはいくらでも食べる。
これは一体どうしたらいいのか・・・。いやいや、これだって立派な好き嫌い。でも、食材そのものがダメなわけではないため、あんまり厳しくも言えず・・・。なんだかただの手のかかる亭主を育てているようで、非常に悩めます。

fruit_an_maki さて今日は、そんな息子のために、”フルーツあん巻き”という名のおやつを作ってみました。薄い生地を焼いて、あんこといちごをはさんで巻きました。レシピは「ぜ~んぶホットケーキミックスのおやつVol.2」(学習研究社)に載っていたものです。

続きを読む "フルーツあん巻き"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/16

手作りいちご大福

ichigo_daihuku 本日のおやつは、かなりいびつな手作りいちご大福。渋めの緑茶と一緒に頂きます。
は~、至福のひととき。

続きを読む "手作りいちご大福"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/13

リングピロー

結婚はしているけれど、一般的な”結婚の常識”にはまるで疎い、私と旦那。実は私たち、結婚式もしていないし、新婚旅行にも行っていません。

そんなわけで、3月に結婚予定の妹から、
「お姉ちゃんに、リングピローを作ってもらいたいんだけど」
と頼まれたときも、
「は?リングピロー??何それ?」
と、思いきり自分の無知ぶりを発揮してしまいました。

続きを読む "リングピロー"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/09

娘の誕生日

101_happy_cake_2_ok 今日は、娘の3歳の誕生日。夕方のお祝いパーティーに向けて、早速、娘の大好きなイチゴのショートケーキを作りました。レシピは、山本麗子さんの「101の幸福なお菓子」(講談社)のもの。生クリームを表面に塗る過程では、”触れば触るほど変になる”という悪循環に陥りましたが、何とか完成。薄切りのイチゴが花びらのようにも見える、華やかなケーキになりました。

3回目の娘の誕生日に私が想うこと・・・。思い出は数え切れないくらいたくさんあるけれど、「痛さ部門・第一位」に輝くのは、やはり出産のときのことでしょうか。

私は、息子のときも娘のときも、病院までは徒歩で行きました。またどちらの時も、病院に着いてから30分で出産完了。そのため、親戚の間では「安産の神」とあがめられている私だけれど、娘のときは、世間の人並みに苦しい思いを味わいました。

続きを読む "娘の誕生日"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/01/08

滑り込みセーフのワンピース

birthday_onepiece_1 年末は大掃除に明け暮れ、正月は、お出かけ三昧。ようやく普通の生活に戻ったかと思ったら、今度は来客に息子の水泳の短期教室・・・と、ここ数週間、なかなか自分の時間がとれず、ほとんどミシンに触ることができませんでした。
そんな中、年末から”作りたい~作りたい~”と思っていた娘のワンピースを、やっと仕上げることができました。明日の娘の誕生日に、ギリギリ滑り込みセーフで間に合いました。

続きを読む "滑り込みセーフのワンピース"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/06

旦那のホットサンド

私たち夫婦が結婚した時、
私は、21歳・大学4年生、
旦那は、22歳・社会人1年目・メーカーの営業マン、
という状況でした。
私は、大学卒業と初めての出産・育児に必死、
旦那は、ひたすら仕事を覚えるのに必死、
という生活。
そんな事情から、私たち夫婦は「完全役割分業」で家庭を維持していくことになりました。私は家事・育児、旦那は収入を得るための仕事。そして結婚して7年経った今も、
私は、未だに収入ゼロ、
旦那は、未だに洗濯機にも掃除機にも触ったことがない、もちろん料理もしたことがない、
という具合に、私たちの分業制は続いています。

さて、そんな”家事能力ゼロ”の旦那が、昨年の大晦日、いきなり台所に立ってホットサンドを作り始めました。

続きを読む "旦那のホットサンド"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/04

夢の舞台へかけあがれ!

新年会でのこと。ある方に、
「***さんの奥様(←私のこと)って、体育会系ですよね?」
と言われた私。が、残念ながら私は、自分でもあきれるくらいの運動音痴。”体育会系”などと言われたのは、28年の人生で、おそらく初めてのことではないでしょうか。新年早々のミラクルに、旦那は「ありえねえ」と叫び、私は「・・・私は誰?」とつぶやいてしまいました。

そんな具合に、スポーツを”やる”方にかけてはからっきしな私ですが、”観戦する”方は昔から大好きです。特に野球には、様々な思い出があります。

続きを読む "夢の舞台へかけあがれ!"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/01/01

賀正

新年あけましておめでとうございます。
皆様、どのようなお正月をお迎えでしょうか。
この1年が、皆様にとって素敵な1年でありますよう、お祈り申し上げます。
そしてこのblogでは、”書く”ことで繋がる世界を、今年も大切にしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、個人的な今年の目標はと言うと・・・。

続きを読む "賀正"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »