« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

出雲の阿国

先月NHKで放送されていた、”金曜時代劇 出雲の阿国”。楽しみにしていたのに、私はあっさり初回を見逃してしまいました。初回を見逃すと、「今さら中途半端なところから見てもなぁ・・・」と、途端に見る気がしぼんでしまう私。「ならば!」と、ドラマは諦め、傑作の呼び声高い、原作「出雲の阿国」(有吉佐和子・中公文庫)を読んでみることにしました。

結果を先に述べると、これはもう文句なしに、私の人生のベストテンに入る素晴らしい小説でした。

続きを読む "出雲の阿国"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/27

続・3万円の緑茶

greentea_1 ←画像にあります、2杯の緑茶。
ひとつは、100g千円の普通のお茶。もうひとつは1缶(120g)3万円のお茶です。見た目だけで、どちらがどちらかわかるでしょうか。

この高級緑茶との出会いについては、「3万円の緑茶と私」という記事に書いた通りなのですが、旦那の実家へ遊びに行ったついでに、とうとう味見することができました。もちろん、こんな値段の緑茶を口にしたのは、29年生きてきて初めてのことです。

続きを読む "続・3万円の緑茶"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/24

きつねのでんわボックス

先週のこと。1年生の息子に、

「ねえママ、”きつねのでんわボックス”って知ってる?」

と聞かれた私。どうやらそれは、学校で先生が読み聞かせをしてくれた、本のタイトルのようです。「ママはその本、知らないなあ」と言うと、

「あのね、ちょっと悲しいお話なんだけどね。こぎつねが死んじゃってね、かあさんぎつねは人間の男の子に会ってね、その男の子は入院しているお母さんに、いつも電話ボックスから電話してるの。それでね、きつねは心でお話してて、男の子はカレーを食べたりしてるの。でも、電話ボックスが壊れちゃって、きつねはでんわボックスに変身して、それで人間の男の子はあまいにおいがして・・・(中略)・・・なんかね、いいお話だったんだ。」

はっきり言って、息子の説明では、一体何の話なんだかまるで意味不明。でも、その熱心な話しぶりから、すごく気になる物語だということはわかり、早速本屋さんで探してきました。ありました、”小学校1・2年生向け”のコーナーに。「きつねのでんわボックス」(戸田和代・金の星社)。

続きを読む "きつねのでんわボックス"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/22

読み聞かせのサービスエリア

iyaiyaen_etc 息子の通う小学校では、毎週金曜日は、「あさどくしょ」の日。その名の通り、始業前の数十分を、小テストではなく読書にあてる日です。

画像は、息子がその「あさどくしょ」に、よく持っていく本たちです。左の赤い一冊は、中川李枝子さんの「いやいやえん」(福音館書店)、右に並ぶ4冊は、かえるくんとがまくんのシリーズで有名な、「ふたりはともだち」「ふたりはいつも」「ふたりはいっしょ」「ふたりはきょうも」(すべて、アーノルドローベル・文化出版局)です。

続きを読む "読み聞かせのサービスエリア"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/20

やっぱり美味しい、プロの味。

グルメ・クッキングのカテゴリーを見ていただいてもわかるとおり、私は、へっぽこなおやつを作っては、家族や友人と一緒に食べるのを趣味としています。でももちろん、市販のお菓子を美味しくいただく日も、たくさんあります。

「貴様、それほど肥えておきながら、作って食うのみならず、買うてまで食っておるのかっ!」

と、世が世なら切腹を命じられそうな気もしますが(誰に?)、やっぱり私は、スイーツが大好きです。今日は、最近私が食べた中で、「これはリピート確実!」と思われるプロの味を、3点ほど紹介したいと思います。

続きを読む "やっぱり美味しい、プロの味。"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/19

入園グッズ作り・千秋楽

pink_set_last_3 *キティ&ピンクの入園グッズ
*キティ&ピンクの入園グッズ Ⅱ
*イチゴ色、投入。
・・・と頑張ってきた娘の入園グッズ作りも、いよいよ千秋楽。コップ入れ、お弁当入れ、ランチョンマット2枚を仕上げました。

フィナーレは、私の好きな布を使って、私の好きなように作りました。もちろん、娘の好きな、”ピンクフリフリ路線”は外さないようにしました。

続きを読む "入園グッズ作り・千秋楽"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/18

いいぞ!その汗!

『太陽にほえろ』のテーマソングが熱い、naive(ナイーブ)のCM。私は、現在放映されている、「はっぴょう会篇」(上記のHPから視聴可能)が大好きです。ワカメ少年の輝きもさることながら、お父さんの、
「息子よ、お前の演技は、主演男優賞モノだ!」
というセリフに、どうにもこうにも胸が熱くなってしまいます。

さて今日は、息子の学校の音楽会へ行ってきました。こういう行事のたびに、前述のCMよろしく、
「息子よ、お前の歌声は、世界を救う!!」
などと熱くなってしまう私。親バカまっしぐらな記事ですが、どうぞお暇のある方はお読みください。

続きを読む "いいぞ!その汗!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

チョコレート、当選!

2006_valentines_day_2 今日はバレンタインデー。今年は、先日からすっかりハマっているヴァローナのチョコレートを使って、旦那と息子に、ガトーショコラを焼きました。膨らみは悪いわ、ひび割れには品がないわで、作り手の性格を如実に表すケーキになってしまいましたが、味のほうは、やっぱりヴァローナのおかげかまあまあです。まあ、私の愛を受け取ってもらえれば、それでよし!(自己完結)

さて、そのヴァローナのチョコレートを購入したクオカさんから、昨日、「当選しました」というメールをいただきました。どうやら、購入した商品の感想を投稿するともらえるプレゼントに当たったようです。
で、当選したプレゼントはと言うと・・・。

続きを読む "チョコレート、当選!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/12

3つのお願い

前の記事(肉の日に思うこと)に書いたとおり、9日に誕生日を迎えた私。「週末にお祝いをしよう」と、旦那が言ってくれていたので、前から気になっていてことを3つ、お願いすることにしました。

そのお願いごととは・・・。ズバリ、
①キリン
②財布
③にんにく

の3つ。

これらの願いをかなえてもらうべく、昨日は、桜木町方面へと繰り出してきました。

続きを読む "3つのお願い"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/09

肉の日に思うこと

2月9日、通称、”肉の日”である今日は、私の誕生日です。
これまた肉にちなんで(?)、29歳になりました。

毎年誕生日が来ると、”これまでの人生”とか、”これからの人生”とか、やたらいろんなことを考えたくなります。今年も漏れなく、そんな気分の私。そして、今、私が自分の人生に思うことは・・・。
「やっぱり、私ってダメ人間だな」
ということです。

続きを読む "肉の日に思うこと"

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006/02/08

イチゴ色、投入。

kitty_towel キティ&ピンクの入園グッズキティ&ピンクの入園グッズ Ⅱに引続き、娘の入園グッズ、第3弾。ワッフルで作った、お手拭タオルです。

そろそろピンク色に目が酔ってきたところなので、ここでイチゴ色を投入してみました。もちろん、キティちゃんは据え置きです。

続きを読む "イチゴ色、投入。"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/06

似顔絵カスタネット

castagnettes_3娘が通うヤマハで、楽器作りの宿題が出ました。以前にも、マラカス(プリンセス・マラカス)を作れ、という宿題が出たことがあるのですが、今回はカスタネット。紙皿を折り、クリップ(音の出る部分)を付け、ゴムを通して作ります。

続きを読む "似顔絵カスタネット"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/04

バッグの中身バトン

my_bag いつも私の拙いblogに遊びに来てくださるyoshikoさんから、「バッグの中身バトン」なるものをいただきました。
左の”押収した遺留品”のような画像を見ながら、お暇のある方は、どうぞお付き合いくださいませ。

続きを読む "バッグの中身バトン"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/02

キティ&ピンクの入園グッズ Ⅱ

kintyaku_kitty_2ok キティ&ピンクの入園グッズ、第2弾です。左から、コップ袋、お弁当袋、お着替え袋に、縄跳び入れです。

続きを読む "キティ&ピンクの入園グッズ Ⅱ"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/01

娘の1日入園

今日は、4月に幼稚園に入る娘の、”1日入園”の日でした。
娘にとっては、生まれて初めての集団生活への第一歩、
私にとっては、幼稚園ママ復活への第一歩の日です。

続きを読む "娘の1日入園"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »