« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

沖縄時間、満喫

長いようで短かった夏休みも、とうとうあと1日。
昨日は、私たち家族4人+私の妹で、沖縄料理を食べに行きました。

続きを読む "沖縄時間、満喫"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/29

おうちで楽しむ沖縄の味

Fu 「地球最後の日に、あなたは何を食べたいですか」

と聞かれたら。。。今の私は、

「麩ちゃんぷるー」

と即答です。
そのくらい、沖縄で食べたそれは非常に美味しかった。おまけに作るのも簡単なので、帰宅後も狂ったように作っています。

続きを読む "おうちで楽しむ沖縄の味"

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006/08/28

あっぱれ、島左近

司馬遼太郎著、「関ヶ原」(新潮文庫)を読んでいます。

まだ上巻の後半ですが、完全に気分は石田三成。どうやら、私は彼とかなり性格が似ているようです。で、何か行動を起こすたびに、島左近に怒られます。

続きを読む "あっぱれ、島左近"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/26

来年の抱負

Yuusuzumi_6 今日は、娘の幼稚園の夕涼み会に出かけてきました。

自分で作ったうちわを持ち、お下がりの黄緑色の浴衣を着て、おすまししている娘。

あまりの可愛らしさに、母は心臓をガツンと射抜かれましたぞ(涙)←バカ親

が、仲良しのNちゃんは、なんと浴衣から髪飾りまで、すべてママの手作りでした。

今度は、私も縫う!娘の大好きなピンク一色で!!


来年の夕涼み会に向け、かなりフライングで燃える私です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/23

東京タワー

最近、恋愛がめっぽう遠い。

友だちに「NANA」を借りた時も、そう。世間ではかなり話題になっている漫画だというのに、どこに共感したりどの人に同情したりすればいいのか、皆目わからない(汗)
なんと言うか、とにかく、

「遠っ!」

という感じなのです。
強いて感想を言うならば、「うちの娘が奈々みたいな子になっちゃったら、めちゃくちゃ困るな~」ということくらい。21で結婚して、早8年。これは枯れかけている、ということなのか。

というわけで、久しぶりに恋愛小説を読んでみることにしました。昨年映画化もされた、江國香織さんの「東京タワー」(新潮文庫)です。

続きを読む "東京タワー"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/08/19

カヌチャで「食べる」

最後は「食べる」。前の記事に書いたとおり、このホテルは周りには何にもないので、食事もホテル内ですることになります。
一応、和・洋・中、すべてのお店が揃っています。

続きを読む "カヌチャで「食べる」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カヌチャで「くつろぐ」

Okinawa_4 カヌチャには様々なタイプのお部屋があるのですが、私たちが泊まったのは、アゼリアという棟です。
目の前は海!天上にはシーリングファン!これぞ、リゾート!というお部屋は広々としていて、ベッドもワイド。添い寝も楽チンでした。

続きを読む "カヌチャで「くつろぐ」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カヌチャで「楽しむ」

今回の旅は、泳ぐのが大好きな息子のために企画したような面もあり、滞在中のほとんど時間は、ビーチとビーチサイドのプールで過ごしました。なので、「楽しむ」の大部分はマリン関係です。

続きを読む "カヌチャで「楽しむ」"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

この夏最大のイベントである、沖縄旅行が無事終了しました。
旅行中は、携帯からのblog更新にもチャレンジしてみました。
で、思ったことは・・・。

「3年前に本体¥0で買ったこの携帯は、もう買い換えよう。」

ということでした(汗)

それはさておき、今回は、”本島・リゾートホテル滞在型”で沖縄を満喫してきました。
そのホテルがとても素晴らしかったので、こちらでも紹介します。

☆カヌチャベイホテル&ヴィラズ

那覇空港から車で90分。周囲にはマングローブの林とエメラルドの海が広がり、コンビニひとつありません。
広い敷地内では、ダイビングもパラセーリングもゴルフも楽しむことができ、まさに滞在型にピッタリのリゾートホテルです。

Okinawa_16ok ←敷地内はレンタルカートで移動。
ディズニーランドで見るような、可愛いトロリーバス(無料)も運行しています。

さて、そんなカヌチャでの二泊三日を、このblogでは
「楽しむ」「くつろぐ」「食べる」
の3項目に分けてまとめてみようと思います。「子連れで沖縄に行ってみたい!」という方には、もしかしたら参考になることもあるかもしれません。どうぞお付き合いください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/17

まちぐゎー

まちぐゎー

那覇、牧志公設市場周辺に来ています。

麩ちゃんぷるーと沖縄そばと島らっきょうが美味しーい。

午後の便で帰ります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/08/16

海三昧

海三昧

昨日の午後から、ほとんどの時間をビーチで過ごしています。

息子はほとんどお魚です。
バナナボートに、シュノーケル。
底ナシの体力で満喫中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

オキナワ!

オキナワ!

沖縄本島に到着。
海!青ーーー!

出発後、羽田に着いた途端、娘嘔吐。私も娘も全身アウトの憂き目にあいましたが、頑張ってます。
でもこの酸味は辛い…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/14

一絃の琴

宮尾登美子さんの文章は、美しい。

有吉佐和子さんの重い文章とも、田辺聖子さんの艶っぽい文章とも、永井路子さんの鎌倉武士っぽい文章とも、どこか違う。
美しい日本語の中に、人間の真実がキラッと光る。そんな文章に、私はいつもドキドキしてしまいます。

さて今回は、宮尾さんの直木賞受賞作、「一絃の琴」(講談社文庫)を読みました。

続きを読む "一絃の琴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

地球で戦える時間は?

Oyako_soccer_3ok 今日は、息子の通うサッカークラブで、親子サッカーというイベントがありました。これは、親vs子供たちで試合を楽しむ、というもの。
私は運動音痴な上に、現在足を負傷中のため、グラウンドでの活躍は、すべて旦那に託しました。

続きを読む "地球で戦える時間は?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

自由研究も完成!

Jiyuukenkyuu_2ok 「夏休み最大の難関」と言えば、我が家では息子の自由研究です。今年もどうにか形になりました。(去年の七転八倒の様子はこちら→

続きを読む "自由研究も完成!"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/07

梅干し作り 2006 完成!

Umeboshi2006_3 2006年の梅仕事も、いよいよ千秋楽!長雨に悩まされ、カビにおびえた今年の梅干し作りでしたが、なんとか無事に仕上げることが出来ました。

続きを読む "梅干し作り 2006 完成!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/06

久しぶりの酔っ払い

ういー。久しぶりに酔っ払ったー。

昨日は、子供たちを旦那にお願いし、女友達4人と食事をしてきました。彼女たちとは、高校時代からかれこれ15年(=人生の半分)の付き合いになります。

続きを読む "久しぶりの酔っ払い"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/03

土用干し、開始!

Doyouboshi2006_3 長かった今年の梅雨。梅干しハンドメイダー(?)にとって、湿気・長雨は大敵。気づいたら、我が家の梅酢にも微妙な浮遊物が漂い始め、ここしばらくは気が気ではありませんでした。
「とにかく干さねば・・・干せば何とかなる」
と、ひたすらギラギラお日さまの出現を念じ続けていました。

続きを読む "土用干し、開始!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/02

天璋院篤姫

・旦那方面の人間関係は、気が重い。
・イカンイカンと思っているのに、つい子供たちをイライラガミガミ怒ってしまう。
・痩せない。

これらは皆、私の悩み。でも私は、この悩みを解決する方法を知っている。

それは、覚悟する、とういうこと。

妻の覚悟、母の覚悟、女の覚悟。それらが足りないから、私は悩んでいるのだ。と、わかっちゃいるけど、いつまでたっても私の心の中心はグタグダしたままです。

そんな覚悟の足りない私に、「渇!」を入れる小説を読みました。宮尾登美子さんの「天璋院篤姫」(講談社文庫)です。

続きを読む "天璋院篤姫"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »