« 今月のCouturier(クチュリエ) | トップページ | 一番近い人 »

2007/02/23

金子みすゞ

娘が、幼稚園で、金子みすゞの「わらい」という詩を覚えてきました。

わらい

それはきれいなばらいろで、
けしつぶよりかちいさくて、
こぼれて土に落ちたとき、
ぱっと花火がはじけるように、
おおきな花がひらくのよ。

もしもなみだがこぼれるように、
こんなわらいがこぼれたら、
どんなに、どんなに、きれいでしょう。

一字一句間違えずに暗唱する娘を見て、旦那は「子供ってすげーなー」と言い、私は「幼稚園の先生って魔法使いか?」と思いました。

金子みすゞの詩は、これまでも少しは知っていたけれど、改めて「わたしと小鳥とすずと」(JULA出版局)を買い、子供たちと読んでみました。私は、まるで子供の頭の中を覗いているようなまっすぐな言葉の数々に、すっかり驚いてしまいました。

「みんなをすきに」という詩を読むと、娘はこの詩のことを「イエスさまの」と呼びました。なるほど。
息子は、「わたしと小鳥とすずと」が好きみたいです。”みんなちがって、みんないい。”って、やっぱり素敵よね。ママもここが大好き。

読んだ後、私は、”見えないものが見えた!”というか、なんだかすごいマジックを見た後のような気持ちになりました。あんなに短い文なのに、あんなに簡単な言葉だけなのに、詩って金子みすゞって、本当にすごいです。感動しました。

|

« 今月のCouturier(クチュリエ) | トップページ | 一番近い人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本・読み聞かせ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
すごーい!こんな長い詩を暗唱できるなんて~(@_@)そして、お子様たちと一緒にさらに金子みすゞさんの詩を深めるasaponさんも素晴らしい!素敵なご家庭ですね。
幼稚園の先生すごいなぁ。私は歌の1番2番を覚えさせるのにも結構苦労しましたよ~(^_^;詩の暗唱なんて考えたこともなかったです。
実は詩の鑑賞って苦手なのです。でも、asaponさんの本の紹介を読むと読みたくなってしまうのです。asaponさんも魔法使いだわっ♪

投稿: yoshiko | 2007/02/25 18:08

>yoshikoさん
おはようございます♪ええー!私も魔法使い!?照れくさいけど、なんかいい響き~~~♪ルルル~←単純
でも、幼稚園の先生は本当に魔法使いです(断言)。なぜ、あんな烏合の衆にお絵かきや工作をさせられるんだ…と、いつも感服してます。そうですよね、歌詞を覚えさせるのだって、絶対大変ですよね。
その上、詩の暗唱。普段から、聖書の言葉(プロテスタントの園なので)を暗唱させたりしているから、慣れてるのかしら。子供たちは、言葉の意味はわからなくても、その響きを胸にとどめてるっていう感じです。なんかいいなぁ、と温かい気持ちになりました。
金子みすゞさんの詩もまた、マジカルな感じで、ますます好きになっちゃいました。ぜひyoshikoさんも、機会があったら手にとられてみてくださいね☆

投稿: asapon | 2007/02/26 07:37

佐野洋子さんを検索してたらこのページ見つけました。
私も佐野さんの絵本が大好きです。
 昨日佐野洋子さんのレクチュアーが、四日市という小さな町の本屋さんであって聞きに行きました。たった二度しか{それも偶然に}聞きに行っていないレクチュアーなのに、一度目は谷川さんと結婚した頃で谷川俊太郎さんと、佐野洋子さん。昨日はおすぎさんと佐野洋子さん。佐野さん始めに韓国ドラマの話ですごく盛り上がって、冬のソナタを三回も見たという話などされました。
 私もここ一月ばかり遅ればせながら韓国ドラマに熱中してて、
テレビを使えないのでパソコンにDVDをいれ、イアフォンつけて見ています。
 レクチュアーの後、サイン会があって一番最後にサインいただいたのですが、気後れして何もいえませんでした。
 韓国ドラマにはまったのはなぜ?って聞いてみたらよかった。
新しく、ユン・ソクホ監督の四季最後の「春のワルツ」出ましたよって教えて差し上げればよかった。なんていまさら思ってます。
 こんな話何の関係も無いコメントのところに入れてごめんなさい。誰かに聞いてもらいたくって。

投稿: kyouko | 2007/02/26 12:24

>kyoukoさん
はじめまして!遊びに来てくださってありがとうございます(^^)
佐野洋子さんで検索されたんですね。私も佐野さんの絵本・エッセイが大好きなんです。
私は佐野さんの講演会などには行ったことがなく、直接お会いしたこともないので、kyoukoさんのお話を興味深く拝読しました。韓国ドラマ、私は全くわからないのですが、佐野さんのお話はとても楽しそうですよね(^^)最新エッセイの「覚えていない」も本当に面白かったです。
またこちらにもぜひ遊びに来てくださいね。

投稿: asapon | 2007/02/27 09:37


「覚えていない」 読みました。わたしは今、認知症の姑の介護をしています。毎日毎日朝、昼、夜。と食事の支度して掃除して、言葉の通じなくなった姑と暮らしているので、
「つつがなく日常が回っているのは、天然自然がやっているんじゃないの。誰かが、やっているの。」というくだりには、「そうだそう
だ」とおおきくうなずきました。
 世間では、熟年離婚なるものが流行っていて、今年2007年には、たくさん増えるなんて言われてますが、毎日が死ぬほどいやになっても、縁あって一緒になって必要とされてるなら、ちょっとの努力で穏やかに、楽しく暮らしたい。だから息抜きに講演会にいきました。行ってよかった2時間でした。
 機会があったらぜひ、生洋子さんにも触れてみてください。


 

投稿: kyouko | 2007/02/27 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59512/14019124

この記事へのトラックバック一覧です: 金子みすゞ:

« 今月のCouturier(クチュリエ) | トップページ | 一番近い人 »