« 失念 | トップページ | 魔球をさがせ!!! »

2007/07/23

まぼろしの4番バッター

息子の夏休みの読書感想文用に、今年は、「まぼろしの4番バッター」(竹崎有斐・ひくまの出版)という本を選びました。

実はこの本、私が小学校4年生の時の課題図書でした。

夢中で野球に励む息子を見ていたら、突如20年前の記憶が蘇りました。確か、すっごく面白い本だったような。もしかしたら今の息子にピッタリな本かも、と、出版社のHP(→)から直接購入しました。

まず、20年ぶりに再会した表紙にジーン。次に、20年ぶりに読む物語にジーン。父と子の、熱くてあったかくてカッコイイお話。20年という年月が短いはずはないのに、全く古さを感じないことに、心底驚きました。

私に続いて、息子も読了。どこが一番面白かった?と聞くと、
「『ゲーム・セット。』っていうところが、感動した」
とのことでした。ママも、そのシーンはジーンときたわ。でもママは、「気にすんなよ」のところが、実は一番好きかも。

出版社から届いた包みには、本の他に、お手紙も入っていました。

「まぼろしの4番バッター」のかつての愛読者、asaponさん

世代を越えて息子さんに読み継がれていくことを、嬉しく思います。

ひくまの出版の会長さんからのメッセージでした。これにもジーンときた私。「まぼろし~~」は、20年の年月を経て、「ジーン」づくしの本になってしまいました。

息子は一体どんな読書感想文を書くのかしら。文章を書くことがそれほど得意ではない息子は、きっとうんうん悩むに違いないけれど、私はその仕上がりがちょっと楽しみです。良い思い出になる予感です。

|

« 失念 | トップページ | 魔球をさがせ!!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。おたがいながあい夏休みですね。
うちは「まぼろしの4番バッター」ではなく「宮里藍~世界にはなつミラクルショット」(旺文社刊)です。去年が松井秀喜だったので、今年は野球とは関係ないものを選んだようです。「まぼろしの・・」は、図書館で探してみますね。

投稿: あみーご長嶋 | 2007/07/24 12:06

>あみーご長嶋さん
こんにちは!ちょっとご無沙汰してました(^^)ほんと、長い夏休みが始まりましたね!うちの息子は、人生始まって以来のハードな日々を過ごしています。毎日7時からの野球の朝練と、塾通い、週末の練習・試合。学校の宿題も山盛りなので、早速自由研究には取り掛かりました。体壊すなよ~と母は見守っています。
息子さん、宮里藍の本で読書感想文を書かれるですね(^^)やっぱりスポーツ少年はスポーツモノが共感しやすいのかもしれないですね。「まぼろしの・・・」は、お父さんが主人公なんです。大人が読んでもなかなか面白い物語なので、ぜひ機会があったら手に取られてみてくださいね。
また良い本があったら、ぜひ教えてください☆

投稿: asapon | 2007/07/25 17:04

asaponさん、こんばんは♪
先日コメント入れたんですけどメンテだったみたいで~、、、残念!というわけでもう1度!
すごく興味を惹かれるタイトルです(^o^)おにいちゃんにぴったりの選択!さすがasaponさん!きっと野球をしているおにいちゃんにしか書けない素敵な感想文になることでしょう。
出版社さんのお手紙もいいですね~。私もじ~ん…。

そういえばようやく?やっと?「こどものとも」展がわが町にやってきます!絶対行くつもりです!

投稿: yoshiko | 2007/07/26 23:45

>yoshikoさん
お返事遅くなりました~!(汗)メンテ中にも来てくださったんですね。いつも本当にありがとうございます。
「まぼろし~」は、心温まる、可愛いお話なんです。息子は共感できるシーンが多いようですが、「面白い。でも、感想文は書けるかな」と悩んでおります(汗)
そして「こどものとも展」、いよいよ名古屋で!!?いっぱい楽しんできてくださいね~!(^^)最近我が家では「だるまちゃんとかみなりちゃん」が流行っています。なかなか梅雨明けしない関東地方にはピッタリの絵本です。たぶん、”かみなりちゃんのうきぶくろ”も展示されていると思うので、探してみてくださいね!

投稿: asapon | 2007/07/29 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 失念 | トップページ | 魔球をさがせ!!! »