« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007/07/31

ヴァーベナ大好き!

Verbena_key 最近、ロクシタンヴァーベナという香りにハマっています。

渋酸っぱいレモンのような匂いで、なんとなくシークヮーサーにも通じるイメージ。酸っぱいものが大好きな、私の好みにジャストフィットしました。

今は、石けんもウェットティッシュもシャンプーもコンディショナーもボディローションもこの香りです。とうとう、オードトワレも購入してしまい、「香水なんて何年ぶりだー?10年ぶりかー?」などと独り言を言いながら、毎日シュッシュッとその香りを身にまとっています。

どのアイテムも、香り方は自然で、すぐ飛んでしまいます。残念な気もしますが、周囲の人に迷惑をかけない、という点では良いのかもしれません。

ロクシタンの香りの中では、「プロヴァンスアロマ スリーハーブスⅠ」というヘアケアシリーズの香りも好きです。一度使うと結構派手に香るので、好き嫌いは別れると思いますが、私には「おじいちゃんちのシッカロールの匂い」という印象の、とても懐かしい香りなのです。ヘアケア効果も高いので、ヴァーベナのシャンプーを使い切ったら、こちらに戻ろうと思っています。

子供を産んで以来、「無香料がイチバン」という時期がかなり長かった私。「香り」の復権が、とても新鮮な毎日です。

| | コメント (3)

2007/07/29

魔球をさがせ!!!

この夏休みは、人生始まって以来最も多忙な日々を過ごしている、うちの息子(8歳)。

まず、野球の朝練が、毎朝7時から。
それが終わったら、塾の夏期講習へ。
1時に帰宅し、昼ご飯を食べて、今度は学校の宿題。
自由研究に、読書感想文、生活表の記入に、5日分の日誌、そしてプリント10枚。
で、その最中には、
「***(息子の名前)~、遊べる~?」
「***~、プール行こ~」
「***~、お祭り行こ~」
と、近所のお友だちの魅惑のお誘いが。一旦家を飛び出してしまえば、鼻血を出すまでは帰ってこない。ってあんた、塾の宿題はいつやる気?
とかなんとか言っていたら、あらあらもう夕飯。お風呂入って、速攻夢の中。

・・・とまあ、親子でトライアスロンのような日々を送っています。

さて、そんな中、自由研究が仕上がりました。毎年こちらでも、「大変だったー、しんどかったー(←私が)」と紹介している魔の自由研究ですが(去年の様子はこちら→)、今年はほとんど息子がひとりで仕上げました。

Makyuu_2_ok ←その名も、「魔球をさがせ!!!」です。

私が手伝ったのは、資料探しと表の線を書くのと(息子がやったら異常な傾斜になった)、清書の後の消しゴムかけ。折に触れてアドバイスはしましたが、大体は息子が頑張りました。

一昨年の「ノコギリクワガタのひみつ(→)」、昨年の「**家の梅干し」と比べると、内容も随分成長しています。おそらく、2学期にクラスメイトの自由研究を見たら、「みんなレベル高っ!うちの子ヤバッ!」と思うのでしょうが、とりあえず今は、もうこれで充分満足な母です。

2学期に行う発表の時は、宝物の硬球(注:息子は軟式の少年野球をやっていますが)を持って行って、握り方を実演しながら説明するんだそうです。
「『で、***君は、ナックルとか投げられるんですか~?』なんて質問が出たらどうすんの」
と聞いたら、
「『少年野球では、変化球は禁止です!肩を壊します!』って言う。」
などと自信満々で答えていました。・・・楽しそうで、何よりです(笑)

それにしても、自由研究は「魔球をさがせ!!!」で、読書感想文(まだ書いていませんが)は「まぼろしの4番バッター」(→)。きっと日誌も、そのほとんどが野球ネタになるのでしょう。。。もう完全にキャラが統一されている感のある、うちの息子です。

| | コメント (7)

2007/07/23

まぼろしの4番バッター

息子の夏休みの読書感想文用に、今年は、「まぼろしの4番バッター」(竹崎有斐・ひくまの出版)という本を選びました。

実はこの本、私が小学校4年生の時の課題図書でした。

夢中で野球に励む息子を見ていたら、突如20年前の記憶が蘇りました。確か、すっごく面白い本だったような。もしかしたら今の息子にピッタリな本かも、と、出版社のHP(→)から直接購入しました。

まず、20年ぶりに再会した表紙にジーン。次に、20年ぶりに読む物語にジーン。父と子の、熱くてあったかくてカッコイイお話。20年という年月が短いはずはないのに、全く古さを感じないことに、心底驚きました。

私に続いて、息子も読了。どこが一番面白かった?と聞くと、
「『ゲーム・セット。』っていうところが、感動した」
とのことでした。ママも、そのシーンはジーンときたわ。でもママは、「気にすんなよ」のところが、実は一番好きかも。

出版社から届いた包みには、本の他に、お手紙も入っていました。

「まぼろしの4番バッター」のかつての愛読者、asaponさん

世代を越えて息子さんに読み継がれていくことを、嬉しく思います。

ひくまの出版の会長さんからのメッセージでした。これにもジーンときた私。「まぼろし~~」は、20年の年月を経て、「ジーン」づくしの本になってしまいました。

息子は一体どんな読書感想文を書くのかしら。文章を書くことがそれほど得意ではない息子は、きっとうんうん悩むに違いないけれど、私はその仕上がりがちょっと楽しみです。良い思い出になる予感です。

| | コメント (4)

2007/07/15

失念

070713_210201 先週の金曜日、ずっと探していたキャビネサイズのフォトスタンドを、運良く見つけた私は、こんな写真を居間に飾りました(この写真についての解説はこちら→)。

が、しかし、この時点ではまだ何も気付いてませんでした。

続きを読む "失念"

| | コメント (2)

2007/07/06

赤ちゃんポスト

赤ちゃんポストに新生児、運用開始から4人目(読売新聞)

夕方、このニュースを息子と見ながら、「ねえこれ、どう思う?」と聞いたら、息子は、

「ポストを作ったことは、いいと思うけど、子どもを置いていく親は、いやだ。」

と答えました。なんだかグッときました。

| | コメント (5)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »