« 妖怪饅頭 | トップページ | 「中学受験の失敗学」(瀬川松子・光文社新書) »

2008/11/30

男②

息子の学校の学芸会まで、あと1週間。

今年の息子の役柄は、「男②」。
貧しい村人の役だそうで、セリフは一言、

「おねげえしますだ、龍神さま~~(泣)」

だけなので、現在、渾身の土下座を猛練習中です。

しかし、ちょっと困ったのが衣装のこと。
「昔の村人に見えるような、着物・浴衣等を用意してください」と言われたのだけど、息子は着物も浴衣も持ってない・・・。
同じ役をするお友達の中には、「仕方がないから、鎌倉の呉服屋さんで、中古の着物を買ったわ」なんていうおうちもあったけれど、うちにはそんなブルジョワジーな発想はなく、私の父の甚平を改造することにしました。

001 適当にあっちこっち縫い縮めてみたけれど、これで平気かな??
息子も気に入ったようで、早速、「禅」の空想ショートコントの真似をしてました。

息子は、学芸会で使った衣装(ほとんどは私の手作り)を、毎年「捨てない!」と言い、大切に保管しています。
1年生の時は「ヘビ⑨」、2年生は「雨⑥」、3年生は「エメラルドの都の住人④」でした。そして今年は「男②」。このちょっとジジのにおいがする甚平も、きっと、思い出と一緒にコレクションに追加されるのでしょう。楽しみだね。頑張れ、貧しい村人。

|

« 妖怪饅頭 | トップページ | 「中学受験の失敗学」(瀬川松子・光文社新書) »

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
すごくご無沙汰してます…wobbly
村人に見えるような衣装って、普通そんなのもってないですよね。甚平を改造するアイデア素敵です♪もうすぐ本番なのですね。応援してまーすheart01

重松さんの本、「その日の前に」を読んでから、考えさせられてしまって実は避けてたりします。でも「小学5年生」は読みたいな。

さて、おすすめケーキ情報ですが、チーズケーキ苦手な私がなぜか「おいしい!」と思い、チーズケーキ大好きな友人も「これは最高!」と言ったチーズケーキがあります。鳥羽国際ホテルのレストランで食べたのですが、通販もしてるのかな?お店で食べるのとは違うかも…?ですが、ご参考までに(o^-^o)

投稿: yoshiko | 2008/12/04 12:09

>yoshikoさん
わ~!!こちらこそご無沙汰してました!yoshikoさん、どうされてるかな~なんて思っていたのだけど、パソコンのお引っ越し中だったのですね(^O^)新しいパソコンで、これからも楽しい記事をバンバン更新してくださいね♪楽しみにしてます(*^_^*)
ところで重松清。「その日の前に」は確かに心にヘビーな一冊ですよね…。それだけ真実を突いてるってことなんでしょうけど…。
私は、『小学五年生』に続き、『きよしこ』を読み終えました。こちらも良かったです~。心にずしんとはくるけれど、弱さに対してとても優しい視点を感じる物語です。yoshikoさんの感想をぜひ伺ってみたいなぁ(^O^)
チーズケーキ情報もありがとうございます!早速メモメモ。。。自分の誕生日が、ケーキのおかげで久しぶりに楽しみになってきました(笑)

投稿: asapon | 2008/12/05 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妖怪饅頭 | トップページ | 「中学受験の失敗学」(瀬川松子・光文社新書) »