« 119番 | トップページ | 33歳 »

2008/11/20

行間を読む

全統(全国統一小学生テスト@四谷大塚)、月例テスト(息子は四谷大塚YTnet提携塾に通っています)と、滑りに滑って、現在自己ワースト偏差値を更新中のうちの息子。
来年度のクラス分けに向け、もはや崖っぷち状態となってしまい、

「***(息子の名前)の答案用紙、丸付けされる前に、パパに塾に忍び込んでもらって、燃やしてもらえば良かったね…。」

としか言えない私です。。。ハァ~。

得意の算数が不調なのも、成績低迷の大きな理由の一つなのですが、それ以上に問題なのが、国語の読解。特に、選択肢問題の落とし方が半端でない。

分析したところ、息子は、「文章に直接的には書いてないが、行間からは読み取れる内容」がまるでわからない様子。簡単に言うと、

おじいさんは悲しそうな顔をした。

と書かれていれば「悲しい」という感情を理解することができるが、

おじいさんは顔をゆがめた。

と書かれると、悲しんでいるんだか痛がってるんだかくすぐられてるんだか、ちっとも判別がつかず、選択肢に書かれている内容それぞれが「そう言われれば、まあそれもそうかも」と思えてしまい、答えを選択しきれないようなのです。

私に言わせれば、前後の文には必ず、正答に導く根拠が隠されているわけで、そこから類推すれば、ある程度選択肢を絞ることは可能なはずなのに、文章を「点」の集合体と捉えている息子には、読解が「線」とはならないみたい。

こりゃどうしたもんだか。。。
「ここにきて、読書量の差が出てきてるんでしょうね。。。」と塾の先生。そりゃそうだ。うちの息子、いまだに私に「そらまめくん」の読み聞かせをしてもらいたがるもん(ハァ~・2回目)。

先生「とりあえず、重松清からいきましょうか」
私「それはいいですね!“家族愛”とか“友情”とかなら、息子も行間から読み取ってくれるかもしれないです!!」

というわけで、前から気になっていた「くちぶえ番長」(重松清・新潮文庫)を買ってきました。現在息子は、宿題そっちのけで読み入っています。

私が先に読んだ感想を述べると、とってもあったかくて懐かしい、いい物語だと思いました。
くちぶえ番長は長くつ下のピッピみたい。ガムガム団が登場するくだりには、ズッコケ3人組のテイストを感じる。そこに、重松清さんの筆の温かさと巧さが加わって、子供にも大人にもじんわりとくるお話に仕上がっています。

読み終わったら息子に聞かなきゃ。あのときツヨシは何故あんなこと言ったのか。このときの空の色は何色だと思うか。そのまんまは書いてないけど、読めばわかるぞ息子よ。
行間を読めれば、将来、恋愛するときにきっと役に立つ。たぶん。パパ(←読解超苦手)みたいな無神経な男になってはいけない。ママは応援してます。

|

« 119番 | トップページ | 33歳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asapon家はきちんと読み聞かせを続けてるから、てっきり息子も読書大好きかと思ったけど、ちょと意外。
私も、行間が読めず、国語の成績はずっと悪かった。選択肢が選べないのは良くわかるなー。本なんて読み方次第だし、正解があるなんて、変なの~。と、小学生の頃は思ってたぞ。
確かに行間が読めるか否かはある程度、読書量に比例しそうだよね。
選択肢のテストの点をとるだけなら、ちょっとしたコツがわかれば、すぐグンと上がりそうだけどね。成績の悪かった国語が、センターでほぼ満点だったのは、××の法則のおかげです←内容も名前もまったく覚えてないけど、まったくわからなかった読解がすっと正答が出せるようになるザッツミラクルマジック!な感動体験でした。ハハハ。
でも、今からそれじゃあよくないし、本が読めると人生広がるからね!全然読まなかったことにいまさら後悔している私みたいになる前に、息子は今から始めても遅くない!ね。
本が読めると人生広がるけど、人生経験が増えると読める本も増えるもんだなーと、思ったりもしてます。・・という今年は、なんだかほとんど読まないで終わりそうな気配。通勤電車で座れるようになって、本を読むとすぐに寝てしまう(泣)。

投稿: paphoon | 2008/11/21 00:24

>paphoonさん
コメントありがとう!娘の嘔吐下痢、1週間かかってようやく沈静化してきました…。(まだ下痢気味なんだけどthink)うちの幼稚園では爆発的に流行してるけど、ここしゃんは平気?
「本を読むとすぐに寝てしまう」、まさに普段の息子の姿だったりする。。。うちの息子の場合、本が嫌いなんじゃなくて、読書する時間を捻出できてないって感じなのよ。起きてる間は、寸暇を惜しんで、ボール追っかけてたりバット振り回してたり逆立ちしてたり。バスに乗っている間は寝てるし、布団に入ったらバタンキュー。しかしこれでは読解力もつかないし、本で広がる世界を知らないままになってしまーう!
けど、今回の「くちぶえ番長」は、ものすごくのめりこんで読んでるよ。次に控えてる「小学五年生」(同じく重松清)も読む気満々で、これを機に読書を習慣づけて欲しいと思ってます。
「××の法則」ってさ、選択肢の文をそれぞれ文節ごとに区切って、選択肢全体を横に見、一つしか書かれてない選択肢は消去していくってヤツかな???あれはミラクルだったよね~!!happy02そう考えると、中学受験の国語より大学センター試験の国語の方が、もしかしたら簡単かもwobblyなんてこった。
paphoonも、一度中学受験の過去問、見てみてよ~eye難関校ともなると「スゲー」って感じだよ。うちの息子をなんとか再浮上させるべく、母もよき伴走者として頑張るわgemini

投稿: asapon | 2008/11/21 07:33

こんばんはnight asaponさん。

ひとつ前の記事だけど、コメントさせて下さいね。

国語って、ほんとに読書量ですよね。
遥か昔の学生だった、私の時代でも、そうでした。
本好きだったので、試験問題の長文ですら、喜んで読んでました。故に、漢字の書き取りでは、取りこぼしもあったけど、読解で、困る事はなかったな~。
「国語は、本さえ読んどけば、大丈夫。試験勉強で成績が伸びるような、科目じゃないからね。」
と、これは、元教師の友人の弁。

だから、asaponさんの気持ちわかるわ~。
うちの息子も、小1の今すでに、読解の選択問題苦手です。
「答えは、問題の文章の中に全部書いてあるんよ。」
と、言い聞かせていますが・・・。
本は好きみたいですが、自分で読むより、私に読み聞かせてもらう方がいいらしく、今だに、ほとんど私が読んでやってます。
図書館の読み聞かせボランティアの先生は、「いくつになっても、読んで・・・と子どもが言う間は、読み聞かせしてあげて。」とおっしゃるけど、一向に自分で読もうとしない息子を見てると、いいのか、それで!と、疑問に思っちゃうんです。
読み聞かせ自体は、私も、楽しいんだけど。。。

どうしたものかと、ちょうど、考えてたとこでした。
asaponさんの息子さんの、その後を、また教えて下さいね。

投稿: taenee | 2008/11/22 23:22

>taeneeさん
コメントありがとうございまーすhappy01今日は今から、娘のバレエのリハーサルに行ってきますribbon衣装も何とか縫い終わり、ホッ。今日は裏方に徹します!!!
ところで、読解力と読書のお話。
やっぱり、良書との出会いって大きいですよね~。そして、読み聞かせが大好きな息子さんの気持ちもよーくわかります。っていうか、うちの息子は小4なんですけど…sweat01いまだに、娘に「バムとケロ」とか「タンプえんちょうやっつけた」とかを読み聞かせしていると、フラフラ寄ってきて、一緒に笑ってます>うちの息子coldsweats0210歳になっても本を読んでもらうのがだーい好きなようです。
その点、娘はすでに自分で本を開くようになってきて、「もりのへなそうる」や「きつねのでんわボックス」くらいなら一人で読んで勝手に理解しています(というか、下の子っていつもほったらかしだからな…sweat02
読解力って、精神年齢も関係してくるので、男女の差も大きいのかなとも思います。小1なら、まだ無理に一人で読ませることはないかもしれませんwink読み聞かせの温かい時間、続けられるうちは続けたいですもんねheart02
「くちぶえ番長」は読み聞かせにもおススメですよ~。我が家では、息子も読み終わって、私と二人でしみじみと感想を語り合っているところです。本を通して、気持ちが豊かになれば、もう言うことなしですよねbookお互い楽しみつつ、国語の成績も伸ばしたいところですねgood

投稿: asapon | 2008/11/24 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 119番 | トップページ | 33歳 »