« 気長に粛々と | トップページ | 子ども部屋 »

2008/12/25

正直者のサンタクロース

2005年のクリスマスイブに書いた記事です↓↓↓。

xmas 疑惑のサンタ xmas

小1だった息子の、あの衝撃の発言から、早3年。読みながらとても懐かしく感じました。
しかし、小4になった息子は、今も相変わらずサンタクロースに対して疑惑を抱き続けている模様で、それはそれで驚いている私。

「日本全国の子どもにプレゼントを配るなんて、到底信じられる事態ではないが、『クロ』と断言するのも難しい」

という息子の心理状態が、今年も痛いほど伝わってきました(笑)

「***(うちの2軒隣のお友達)んちはさ~、朝5時にはサンタが来てなかったって言うんだよ。けど、うちは5時には来てた。隣の隣なのにおかしくない??」
と言ったかと思うと、
「サンタなんているはずないじゃん。あんなのありえないって。絶対親戚の誰かだよ」
なんて言ったりする息子を、シレッとした顔でかわし続けるのも、あと何年なのかしら。

ところで、クリスマスイブだった昨日、今度はこんなことを言い出した息子。

「もらったプレゼントを見れば、サンタクロースの性格がわかる。」

は??サンタの性格!?

・・・よくよく聞いてみたところ、こういうことでした。
自分の欲しいものを持ってきてくれなかったサンタクロースの性格は、「悪い」
なぜなら、「なんでも欲しいものを持ってきてくれるのが約束なのに、それを守らないなんて論外だ(?)」から。
そして、自分の欲しいものを持ってきてくれたサンタクロースは、「正直者」
「そうそう、それでこそサンタだ(??)」ということになるらしい。

「じゃあさ、もし今年、サンタさんが欲しいものを持ってきてくれなかったらどうするの?」
と聞いてみたところ、
「そしたらもう、来年から欲しいものをお願いしない。信用できない人じゃん」
と、息子。息子よ、アンタは、サンタといつどんな契約を交わしたというのか。というより、もしかして息子は確信犯で、この発言は私と旦那に対する挑戦状なのか。隣で聞いていた旦那の、笑いをかみ殺した表情が何とも言えませんでした(*≧m≦*)

さて、では今年、サンタクロースはうちの子供たちに何をプレゼントしてくれたのでしょう。

<息子>
・ロンポス4D(脳を鍛えるパズルゲーム)
・パワプロクン11(我が家で2本目となるDSのソフト。息子がサンタさんにお願いしていたものはこれだと思われる)
・ケロケロエース(以前から息子にねだられては突っぱねてきた漫画雑誌)

<娘>
・シンデレラの着せ替え人形(娘はシンデレラが大好き)
・DVD「シンデレラ」プラチナエディション(お城やドレスを選べるゲーム付き)
・月刊ディズニープリンセス(プリンセスだらけの月刊誌)

これはもう、どこからどう見ても、サンタクロースは「正直者」のはず!!第一、ケロケロエースってコレ・・・( ̄Д ̄;; 「贈答品配達員 特別回転」を、「サンタクロース ローリングスペシャル」なんて読ませてますけど、大丈夫なのですか。パワプロクンも、遊ぶ時間や場所のルールをどうやって守らせるか、ちょっと頭が痛い。一応、ロンポスで脳は確保したけど、正直でいるのもホント大変です(ハァ)。

一方娘は、キラキララブラブな世界でときめいているので、大変可愛らしい。しかし、案外娘の方が、サンタの正体を普通に知ってたりして。。。どうしよう。女は油断ならぬから、気を付けよう。

なにはともあれ、今年も楽しいサンタ稼業を無事にまっとうすることができた、私と旦那。私たちもロンポスで脳を鍛えつつ、来年のクリスマスにはまた作戦を練ろうを思っています。

|

« 気長に粛々と | トップページ | 子ども部屋 »

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
楽しく読ませていただきました~xmasasaponさんちの正直者のサンタさん、ほしいものをたくさん持ってきてくれていいなぁ。自分の子どものころを思い出してみると、「信じたい」という気持ちが強かったなぁと思います。サンタの真実を知ってしまったら子どもじゃなくなったとは思わないけど、「小さい子には信じさせてあげたい、信じていてほしい」という親心(?)を持つ子どもになったというか「完全な子ども時代は終わったなぁ」とい子ども心に思った記憶がありますcoldsweats01おにいちゃん、まだ信じててほしいなぁ。
ちなみにうちの甥は「サンタさんはたぶんパパとママだよ」と怪しんでいたにもかかわらず、「イブの夜寝ないで待ってたら、サンタさんの赤い服を少し見た!」と得意そうに言っておりました(^_^;ということは「寝ないで待っててサンタさんの服を見たという夢」を見たのね…。
大人にもサンタさんがくるといいのになぁsnow

投稿: yoshiko | 2008/12/26 11:11

>yoshikoさん
コメント、嬉しいでーすheart04甥っ子ちゃんも素晴らしいクリスマスの夜だったんですね!!サンタさんの残像が見えたなんて可愛すぎ~lovely ホント、子どもはしっかり子どもでいるのがイチバン。「いつまでも信じていてほしい」と思っちゃいます。
「信じたい」という気持ちが強かったというyoshikoさんのお話、とてもよくわかる気がします。息子の場合、周りの友達も、まだ信じてる(あるいは“信じてる”ということにしてる)子が多いんですよ。自分の夢も友達の夢も大切にしている感じで、微笑ましいです。
一方で、親としては、こんなに幼くて大丈夫??という気もしてるんです~。クリスマスの朝なんて、本気で大喜びだった息子。「やっぱ、日本全国回るのかなあ。。。」なんてつぶやいてたし(汗)こんなに純粋で大丈夫なのか。けど、親からは絶対白状しないつもりなんです。完全犯罪目指して頑張りまーす(笑)scissors
大人にもサンタさん、来たら嬉しいですよねxmas私も、「毎日頑張っているご褒美にサンタさんがバッグをまくら元に置いて行ってくれた夢」を見たいかも(笑)bagグフフ。

投稿: asapon | 2008/12/26 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気長に粛々と | トップページ | 子ども部屋 »