« 正直者のサンタクロース | トップページ | あけましておめでとうございます »

2008/12/29

子ども部屋

007 秋に娘の学習机を購入して以来、子ども部屋がグッと子ども部屋らしくなりました。
それまで、「とりあえず子どもたちの物を置いておく場所」的な部屋だったのが、今では息子と娘の秘密基地のような部屋に。毎日二段ベッドで兄妹仲良く眠ってます。

広さ7畳の、この子ども部屋。
実は、「娘が入学する頃には、息子の一人部屋にしようかな」と考えていた部屋だったため、大して深く考えずに息子の机や二段ベッドを置いていました。
が、いざ娘の入学準備を進めてみると、当初の予想とは全く違う現実が。。。
娘の部屋にしようと思っていた和室は、まだまだプレイルームとしての機能を保っているし、第一、リフォーム(そう、当初はリフォームしようと思っていた)なんてめんどくさ過ぎる。それに、今の時点で息子に一人部屋を与える必要性なんてあるんだろうか…という疑問も。子どもは育ってみないとわからない、ということをヒシヒシと感じ、当初の計画を見直すことにました。

そこで、“せっかく仲の良いきょうだいなのだから、大丈夫なうちは、一緒の部屋でいいだろう”と、子ども部屋に娘の机も置くことに。が!!!息子の机と二段ベッドがある状態では、娘の机を入れるスペースが、ない!この部屋は、窓やクローゼットが幅を取っていて、家具を置ける壁がとても少ないのです。

“これは一体どうしたら?”と苦悩しながら、メジャー片手にテトリスのように家具の配置換えを行い、どうにか95センチ幅のスペースを確保。しかし今度は、こんな狭い幅に置ける学習机が、ない!“またまた一体どうしたら?”と、絶体絶命な気分であちこち探し回り、ようやく幅90センチのコンパクトデスクを発見。ヒカリサンデスクのものなのですが、木の質感もなかなか良く、長く使えそうなデザインだったので、即購入しました。

こうして娘の机が入り、二段ベッドの上下にきちんと布団を入れ(それまでは、下で子供二人が一緒に寝てた。上は物置状態)、カーテンをすべて洗い、窓も網戸も掃除して、ようやくこの子ども部屋が完成しました。ああ、イロイロよう乗り越えた。

003 ←子どもたちの机が並んでいるのを見るのも、ちょっと母冥利に尽きます。二人とも大きくなったんだなぁと、改めて実感。

006 ←絵本用の本棚も、赤ちゃん向けのものは整理して、スッキリしました。

005 ←そう言えば、「きょうだいで二段ベッドで寝る」って、子供時代の憧れでした。息子と娘がちょっぴりうらやましい私。

この息子と娘の子ども部屋。そのうちまたスタイルチェンジしなくてはならないのだろうけど、今はこの部屋で、たくさん思い出を作って欲しいなぁと思っています。
子どもの頃、狭い社宅住まいが長かった私は、「自分の部屋」と呼べるような部屋をなかなかもらえませんでした。憧れの子ども部屋を思い描き続けた私の小さな願いが、少し叶ったような気がしています。

|

« 正直者のサンタクロース | トップページ | あけましておめでとうございます »

育児」カテゴリの記事

コメント

今更ながら、この日記にコメントです。
子供用の「ベッド」の購入を考えていて、すると、来年の机の用意もなんとなく視野に入れていたので、ふむふむと思いながら読みました。5~10年使うか使わないか、、だしさ、5年後なんて想像できないし、きっと状況も変わるんだろう、、なんて思うと、何を買っていいのかわかんなくなってさ。
小学校低学年で買った机とかベッドって、高校生までは使えないよね。う・・・ん。

そう、それと「赤ちゃん用の絵本の整理」も、やりかけてやめたところだったんだ。
丁度幼稚園児って、「赤ちゃん用の絵本」が無理なく自分で字を追える本な気がしてさ。捨てかねたんだよね。どういう基準で整理しました??

娘、机に向かう姿がいいね!
というわけで今年もよろしく。

投稿: paphoon | 2009/01/08 19:43

>paphoonさん
こちらこそ今年もよろしく!!まさかOとご近所さんになっていたとは…geminipaphoonからの年賀状と、Oからの年賀状、おんなじ内容が書いてあって、新年早々ビックリしました。今度遊びに行きたいわscissors(ちなみに娘は現在、ここしゃんへのプレゼントを作成中)
ところで、机とベッド。どんなものがいいか悩んじゃうよね。最近の子供用家具は、システムっぽいのが多いから、配置とか組み合わせを変えれば大学生くらいまで使えるのも多い感じよ。ただ、状況は刻々と変わるので、その都度問題を解決する必要はあるかもーsandclock
あと、赤ちゃん用の絵本は、「こどものとも年中版」から上の段階のものを残して、「年少版」から下は、お気に入りのもの(わにわにとか)以外は一旦物置にしまいました。
うちは、絵本は、あくまで“親が読んであげる本”という位置づけなので、自分で読める本としては、“息子が小学生になってから読み始めた本”を基準にしてるんだbook絵本や本もどんどん増えるから、これまた整理の加減が悩ましいね。わかるわかる。

投稿: asapon | 2009/01/09 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正直者のサンタクロース | トップページ | あけましておめでとうございます »