« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/30

子育ての原点

先日、ママ友だちのHさんのお宅で、美味しいお菓子をいただきました。

5_l1 ←鎌倉にある、「紅谷」というお店の、「あじさい」というお菓子。
ラスクみたいなんだけど、瓦せんべいのようなポクポク感もあり。「なんで“あじさい”って言う名前なんだろう」と思ったけれど、よく見たら見た目(特にスライスアーモンドのあたり)が、あじさいに見えないこともない。なるほどそういうことか、と勝手に納得しました。

買ってきてくださったIさんによると、「クルミっ子」というのもとっても美味しいらしいです。それもぜひ食べてみたい。そして子どもたちにも食べさせたい。鎌倉までは、近いようでなかなかいく機会がないため、ネットで注文しました。早く届かないかな。楽しみです。

ところで、この日集まったHさん、Iさん、Nさんとは、息子がお腹の中にいたころからのお付き合いなので、実に10年来のママ友だちなのです。皆さんとは、区役所の母親学級や、地区の赤ちゃん教室で知り合いました。

続きを読む "子育ての原点"

| | コメント (2)

2009/01/26

袋物作成中

現在、娘の入学に向けて、袋物を作成中です。
で、裁断のときに出た端切れを、娘が目ざとく発見。

「わ~heart01わたし、これでなに作ろう~lovely」。

そこへ息子も参入、

「おーpunchじゃあ、俺たちもバッグ作ろうぜgood」。

と言うわけで、完成したのが、こんなお人形用のバッグです↓↓↓。

090126_202401 ←まずは、娘・作、シフォンちゃん@シナモロール用の、お出かけバッグです。

090126_202201←息子の手元をチラチラ見ながら、せっせとボンドを塗ったり、ペンで絵を描いたり。ラブリーに仕上がったと、大満足な様子の娘。

090126_202301_2 ←こちらは、息子・作、リラックマ用、2wayバッグです。バッグの脇の部分は、息子がなみ縫いしました。そしてやっぱりしっかりお名前つけしてある。

090126_202302 ←しかし只今、スーパーリラックマに変身中の、リラックマ。赤のチェックのバッグがいやにファンシー。

私も、子どもたちに負けないように、頑張って縫わなくちゃ。よし、今夜は夜なべだ。

| | コメント (0)

2009/01/25

背番号8

090125_080301 今月から、A(5~6年)チームの練習や試合に参加している息子。
新しい背番号をもらってきました。8番です。

先日の練習試合では、1番・サードで出してもらっていたのだけれど、うちの息子の技術(&身長)では、出塁するのも内野の守備をするのも、かなり無理がある感じでした。。。
さすがにAチームの試合は、今までのB(1~4年)チームとは全然レベルが違います。そもそも、ベース間の距離からして、長っ!!!ちょっとばかりいい当たりを打ったところで、どうやってもファーストまで間に合わない。「おお!バントという手があったか!!!」…でファーストに何とかたどり着いたとしても、今度はセカンドが遥か彼方。盗塁し放題だったBチームの試合が懐かしい。

練習の方も、Aチームになってからさらに内容充実、時間も延長。7時集合、17時解散(実質的にはもうちょっと長い)の日などは、へとへとを通り越してヘロヘロで帰宅します。

それでもやっぱり、野球が大好きで、どんなにヘタクソでも監督に怒鳴られまくりでも、「いつか自分はうまくなる」と信じて疑っていないうちの息子。けれど、中学受験を控える息子は、あと数か月で、そんな少年野球の日々にピリオドを打つことになるかもしれません。

勉強と野球の両立については、これまでも何度も何度も問題になり、悩み、その都度「対症療法」的に切り抜けてきました。しかし、来月からは、塾では新5年生。通塾が平日3日+土曜(週例テスト)になる上、選抜クラスの授業を受けるため、自宅からは1時間かかる校舎に通塾しなくてはいけません。

これでは、土曜の野球にはほとんど行けなくなるし、日曜の10時間を超える拘束時間にも耐えられるかどうか・・・。塾の課題だってべらぼうに増えるから、自宅学習量だって増やさないといけない。
オトナの見通しだと「ほぼ無理」と断言できる状況なのだけど、息子の回答は、「日曜だけでも行けるうちは退部しない。勉強も、負けたくないから頑張る。どうにもならない事態になったら、そのときには勉強をとる」でした。で、またもや、対症療法でしのぐことになりました。

中学のついていない私立小に通っている時点で、チーム内では「***くんは受験するんだよね」と公認されていたし、おそらく5年になってもそう簡単には辞められない(息子があまりに野球が好きなので)ことを、監督も薄々感じてくださっていたようで、「1時間でも練習に来られる時があったら、グランドに来いよ。ちょっとでも来られるなら、辞めなくてもいいよ」と声をかけていただきました。周囲に理解があり、まことにありがたい話ではあるものの、真剣に野球をやっているチームメイトや監督、コーチに、迷惑をかけていいはずはありません。そして何より、息子の体力・気力が、母はとても心配。そして私も、そんな息子の生活をフォローしきれるかどうか、実はあんまり自信がない。親が先回りして結論を出す、ということはしないつもりですが、状況をよく観察していく必要がありそうです。

無理せず、ぼちぼち、ゆるく、ほどほどに。私の人生のモットーとは真逆にあるようなボキャブラリーですが、今の私と息子には、こういう心境が必要なのかも。「納得」を追い求め続ける息子に母ができることは、私もまたそんな息子に「納得」することなのかもしれません。切実に広い心が欲しい私です。

| | コメント (3)

2009/01/21

毛糸のシュシュ

P1010222 幼稚園の「親子手芸講習会」にて。
モコモコ、ふわふわの毛糸のシュシュを、娘と一緒に作りました。

材料は100均の毛糸とゴム。道具はストローと私&娘の手。
そして作業は、ただ巻きつけて結ぶだけ。本当に簡単でした。
自分で作れた上に可愛く仕上がって、娘も大満足の様子。帰り道でも、「楽しかったね!!」「可愛いね!!」を連発していました。

P1010225 明日は、髪をお団子に結って、水色のシュシュを付けてあげる約束をしています。ああ、私って女の子の母。また娘と一緒に、いろんな色で作ってみたいと思っています。

| | コメント (2)

2009/01/16

天地人

tv 大河ドラマ 天地人 tv

今年は見ます、大河ドラマ。子どもたちと一緒に見てます。

私の実家には、日曜の夜8時になると家族全員がテレビの前に集まり、皆で大河ドラマを見るという習慣がありました。
10歳の時に見た『独眼竜政宗』のことは、今でもよく覚えています。これで私の日本史好きが開眼したと言っても過言ではないため、
“現在10歳のうちの息子(←暗記が大層苦手、5年から始まる歴史の勉強が大変心配)にも、ぜひ同じ現象が起きますように”
という願いも込めて、『天地人』を見ることにした次第です。

『天地人』は、オープニングの映像と音楽が素晴らしい。特に音楽。私の中では、『武田信玄』のテーマ音楽がピカイチだったのだけれど、それを抜いたかも。早速ダウンロードして、着信音とアラーム音に設定しました。子どもたちも、「この曲かっこいい」「この曲聞くと、勉強が進む」(しめしめ←母の心の声)などと言っています。

ドラマの内容の方は、ちょっと過剰演出気味?とは思うものの、大河は『功名が辻』以来、実質的には人生初か?という息子にとっては、わかりやすいみたい。そして、阿部寛演じる上杉謙信は、いかにもAB型っぽくて、私の持つ謙信像にかなり近いものがあります。

また、今回は、原作は読んでいないし今後も読まないつもりでいます。このままドラマそのものを観賞しようと思っています。(『篤姫』は原作とのイメージのギャップになじめず、数回でリタイア)

毎週日曜日、夜8時、親子で見る大河ドラマ。なんだか懐かしくていい感じ。

| | コメント (2)

2009/01/09

おめでとう、6歳

今日は娘の6歳の誕生日です。

末っ子のせいか、いつまでたっても3歳くらいの感覚で接してしまうのだけれど、4月には一年生になる模様。ウソみたい。感慨深い。。。

ザブングルの「悔しいです!!」や、いがわゆり蚊のチェンバル語を、とても上手に会話に取り入れるうちの娘、6歳。この一年も、娘のいろんな顔を見ることができそうで、とてもワクワクしています。

ところで、そんな娘への誕生日プレゼントのうちのひとつ、「アクアビーズアート」が、現在我が家で大流行しています。

続きを読む "おめでとう、6歳"

| | コメント (2)

2009/01/01

あけましておめでとうございます

2009年になりました。
今年もまた、「おうちっていいね」というスタンスで、私と家族の記録を綴っていきたいと思っています。
拙い文章にいつもお付き合いくださる皆様、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »