« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/27

楢山節考

5月の「百年読書会」の課題図書は、深沢七郎の「楢山節考」(新潮文庫)。ということで、読んでみました。

「読んでみました」と言うとおり、実は私、恥ずかしいことながら「楢山節考」を読むのは初めて。緒形拳さん主演で映画化されていることや、姥捨て山がテーマになっている話だということは知っていましたが、原作を手に取ったのはこれが初めてです。

「これは・・・。どう言ったらいいのか・・・。」

というのが、読書後の私の、正直な感想でした。絶句した、というのが正しい感想かもしれません。
言葉を失いながらも、私の頭をぐるぐる巡ったのは、

「生き方に選択肢があるように、死に方にも選択肢があるのか。
もしくは、生き方に選択肢がないように、死に方にも選択肢がないのか。」


という疑問でした。

主人公の「おりん」(=息子に山に捨てられる母親)には、生き方に多くの選択肢があったとはとても思えないし、死に方にも多くの選択肢があったとは思えない。けれど、彼女が自分で選びとった何かは確実にあるような気がする。それってどういうことなんだろうか。まだ私には、「死に方を選ぶ」ということ自体が、よくわかってないんだろうか。

読んで絶句する本って、そうそうありません。来月の「百年読書会」を楽しみに待ちます。

| | コメント (4)

2009/04/13

当たってる!

昨日は、浜スタにベイスターズ対ヤクルト戦を観にいった息子。

今、浜スタでは様々な観戦イベントが開催されているのですが、ラッキーなことに、「キャッチボール広場」(下記参照↓)の抽選に当選!もちろん息子は大喜び。ベイスターズは快勝するし、憧れの浜スタの土の上でキャッチボールはできるしで、充実の1日になりました。

090412_174901ok baseball キャッチボール広場 baseball

「興奮冷めやらぬ試合終了後のグラウンドを開放し、キャッチボールを楽しむスペースをご提供します。土・日・祝日のデーゲーム終了後に抽選で40組80名様をグラウンドにご招待!」(横浜ベイスターズ公式HPより)

先日、「最近やたらベイスターズ戦のチケットを貰う」という記事を書きましたが、ここのところの息子の「運」は、もしかしたら、本物なのかも。。。(浜スタ限定で)
昨日はさらに、ファンクラブ入会特典の抽選で、内川選手の直筆サインも当ててきました。当たってる……アンタ今当たってるよ!!!(浜スタ限定だけど!)よし、次は大物、「三浦大輔グローブ」、狙っていこう!

これでベイスターズがもうちょっと強かったら文句なし。息子にこれだけ元気をくれるベイスターズを、私もせっせと応援したいと思います。

| | コメント (2)

2009/04/12

百年読書会

朝日新聞で今月から連載が始まった、「百年読書会」。

作家の重松清さんとともに月に1冊ずつ名作を読む、という企画で、読者から寄せられた投稿(感想文)を、重松さんが毎週日曜日に紹介してくれます。

これ、面白ーい。私は本を読むのが好きだけど、他人の感想文を読むのはもっと好き。自分で感想文を書くのはほんの少し好き。
1冊の本の感想を、重松さんが司会をしながら大勢の読者で述べあうだなんて、誰がこんな面白いことを思いついたんだろ。こりゃ、毎週欠かさず読まなくちゃ(本を、、、と言うよりこの記事を)。

さて、今月の課題図書は、太宰治の「斜陽」です。私が「斜陽」を読んだのはいつだったかな・・・。ハタチになる前だったような気はするけれど、ほとんど内容を覚えてない(;;;´Д`)ゝ
そもそも、「没落貴族」ってなんだ、というレベルで読み始めたため、「『斜陽』って、そういうことか。フーン」と、一応納得はして読み終えた記憶があります。

この記事を読んで、物語の内容をうっすらと思い出し、改めて当時の自分の感想と比べてみると、私の読みの浅はかさがみるみる明らかに。ちゃんと読めてなかったような気はしてたけど、やっぱり読めてなかった( ̄Д ̄;;は、恥ずかしい・・・。

しかし、この記事を読んでいると、こんな見方もあるのか、こんな読み方もあるのかと、感心します。そもそも、ハタチ前の私とアラサーの私では、たとえ同一人物でも感想は全く違うはず。今の私が「斜陽」を読んでどう思うのか、とても気になってきました。

よし、図書館にダッシュだ。借りに行こう。来月の本は「楢山節考」らしいから、それも読もう。

| | コメント (2)

小学生の母

娘が小学校に入学して1週間弱が経ちました。

同じ色の制服を着て、同じランドセルを背負い、ふたり並んでトコトコと歩く息子と娘の後姿を眺めていると、可愛さ余って嬉しさ百倍な気持ちになります。ふたりとも大きくなったなぁ~~。

さて娘はと言うと、慣れない早起きやバス通学に体力を消耗しているものの、
「学校って面白ーいo(*^▽^*)o」
と毎日ニコニコ。滑り出しは好調の様子です。

私の方も、早朝からの付き添いで体力を奪われているものの、右も左もわからなかった息子の入学時に比べれば、心理的にはかなりラクです。

あとは、1週間のタイムスケジュールが、ある程度固定してくれたらなぁ・・・。
娘の学校の送迎と、息子の弁当作り(昼用+塾用)と、息子の塾の送迎が、1日の間に入り乱れている状況に、毎日ちょっと混乱しています。

GWまでには徐々に慣れていくと信じたい。
どうか誰も病気しませんように(人><。)

| | コメント (0)

2009/04/06

拾う神

捨てる神あれば・・・??

息子が野球を中断する決意をしてからというもの、何故か、あちらこちらから、ベイスターズ戦(in浜スタ)のチケットをもらいますΣ(・ω・ノ)ノ!

続きを読む "拾う神"

| | コメント (2)

2009/04/05

春が来た

気がついたらもう4月。
桜も満開で、我が家の近くの河原は、連日お花見客でいっぱいです。

さてこの春、我が家では、生活が大きく変化する出来事が、二つありました。

ひとつは、息子が、3月末で少年野球チームを退部したこと。
もうひとつは、来週、娘が小学校に入学すること。

今日は、息子の生活の変化について、書こうと思います。

続きを読む "春が来た"

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »