« スーパードリンク | トップページ | 重松清「かあちゃん」(講談社) »

2009/06/01

詩人?

突然娘(小1)が、

「あたし、ひまだから、『』をつくろーっと」。

で、レポート用紙をちぎって、なにやらサラサラ鉛筆を走らせてる。

「できたー!ママ、よむからきいてー(o^-^o)」。

聞いて仰天しました。これ、『』じゃんか!!!(゚ロ゚屮)屮

(だいめい)あめふれ

あめふれ あめあめ
あめのみずたまり
ぴちゃぴちゃ
おとがなるよ
ぴちゃぴちゃ
かみなりごろごろ
こわいかみなり
ごろごろ
かさにあたって
ぽつぽつ いいおと。


(だいめい)おひさまぴかぴか

おひさまぴかぴか
ひかっているよ
ぴかぴかひかるよ
あはは あはは えへ
おひさまぴかぴかひかるよ
いひ あは うふふ
だいすきなおひさま
げんきいっぱいあそぼう。
  ※原文通り※

レポート用紙の裏表に書かれていたのは、確かに2篇の詩。
「詩」自体、そもそも何で知ってたんだろう。反復法とか使ってるし(@Д@;それに、娘が歌いたいことも、ちょっとわかる感じ。
ほったらかし、甘やかし、いいかげんを三つ巴状態にしてやってきた、“二人目”の育児。(゚ー゚;何がどうして娘がこういう風に育っているのか、皆目わからず。

さて、娘の詩を読んだ息子(小5)が、「じゃあオレも」と負けじと参戦してきました。
彼の作品がこちら↓↓↓。

台名 自然

自然よ、
なぜそんなに美しい
自然よ、
なぜそんなにゆたかなんだ
自然よ、
自然よ、
なぜそんなに美しい。
 ※こちらも勿論原文通り※

・・・「題名」が「台名」になってる時点で、お母さんは気絶しそうですorz
五里霧中でやってきた“一人目”の育児…。やっぱり何がどうしてこうなったんだか、わからない。あああ(ノ_-。)

|

« スーパードリンク | トップページ | 重松清「かあちゃん」(講談社) »

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
きゃ~、詩人!暇だから詩を作るなんて素晴らしいcrown擬音とか、「いひあはうふふ」なんて、すごくいい!!将来楽しみですね。おにいちゃんの詩も好きだなぁ。「自然よ」って呼びかけが男の子っぽいですね。

↓asaponさんの梅シロップを見て、今日青梅買ってきました…毎年asaponさんの後を追っている私です(^O^)

投稿: yoshiko | 2009/06/03 22:46

>yoshikoさん
こんにちは~sunコメントありがとうございますwink
梅シロップ、うちのは、もうすぐで氷砂糖が溶けきるぞ!という感じです。yoshiko家の梅シロップも今日あたり仕込みかしら。お互いあのさわやかなお味が楽しみですね~delicious
そして、うちの子どもたちの『詩』にもお付き合いいただいちゃって、どうもスミマセンsweat01ハズカシーと思いつつ、成長の記録として記事にしてしまいました。
それにしても、女の子って「言葉のマジシャン」みたいなところがありますよね~。男の子が「言語を持たない動物」状態なのとはえらい違いで驚きますleo
今娘と、「エルマーのぼうけん」を読んでるんですが、甥っ子ちゃんももう読まれたかしら。昔、息子に読み聞かせしてた時とは、全然違う反応が娘にはあり、毎日驚いています。
※全然違う反応=わからない言葉の意味を聞いてくる、絵を隅々まで見るといったレベル。。(汗)
また甥っ子ちゃんの可愛いお話もぜひ聞かせてくださいねear

投稿: asapon | 2009/06/04 08:31

はい、うちにも「言語を持たない動物」が二匹おりますが、女の子のほうは「言葉のマジシャン」じゃなくて「言葉のテクニシャン」くらいの感じかな??

つまり、クリエイティブではないんです。ちっとも。でも、うまい。

asaponさんの娘さんの詩は、すばらしいですね。ぐぐっと、わしづかみにされました。

息子さんのも、素朴で、いいですよね。でも漢字はおぼえようね!!(^-^)でないとうちのお兄ちゃんたちみたいになっちゃいますよ。

投稿: アンダンテ | 2009/06/04 13:23

>アンダンテさん
わわw(゚o゚)w遊びに来てくださったんですね!ビックリしましたhappy01コメントまでありがとうございますheart01
こじろうくんの漢字学習の様子、実はひそかに参考にさせていただいています!で、うちの息子はと言うと。。。
「ショウショの、証はわかるんだけど、ショがわかんない。」とか、
「ショゾクの、属はわかるんだけど、ショがわかんない。」
などとのたまう人種でしてsweat02(※証と属は新出漢字)
書や所を、知っていても使えないこの感覚…。アンタ、これからこの国でどうやって暮らしていくんだよ…。母はもう、いつリングにタオルを投げようかと思う毎日ですcrying
けれど、とにもかくにも反復と継続!漢字に王道なし!!息子よ頑張れ!!!っていうか、たかが漢字を覚えることがなぜこんなに大事業?sad
アンダンテさんのお子さんを見つめる目、寄り添う力には、いつもパワーをいただいていますfuji
これからもどうぞよろしくお願いします(*^-^)

投稿: asapon | 2009/06/05 06:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーパードリンク | トップページ | 重松清「かあちゃん」(講談社) »