« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/29

つけ毛マスター

早いもので、娘が舞台に立つのも、今年で3回目です。

年少さんから始めたモダンバレエ。
今年はクラスが上がったため、ステップも振り付けも数段階難しくなりました。
夏頃には、めげてレッスン中に泣いてしまうこともあったけれど、結局のところ「踊るわたしが大好き」な娘。今年も12月の舞台に向けて、最終調整の段階に入っています。

091029_155901ok 本日は衣装合わせ。2着の衣装を確認しました。
小物類の縫い付け、サイズ直しなどはママたちのお仕事なのですが、今回は割と縫うところは少なそうです。しかし、さっそく試着でボタンがはじけ飛んだ娘(@_@;)サイズ調節で苦労しそうです。。。

さらに、今年は髪型を作るのがちょっと難しそう。舞台の上でつけ毛がボロンと落ちないようにせねば(;;;´Д`)ゝ

「難しい踊りも、踊れるようになると楽しいね(^^)」と娘。
そうそう、できないことができるようになるって楽しいよね。ママも、キミたちを育てているおかげで、毎年バージョンアップできてます。今年はつけ毛をマスターします(笑)

| | コメント (3)

2009/10/22

集まるペン類

秋なので、私立中学の学校行事・説明会は、今まさにたけなわ。

我が家が参加した(&参加する予定)の学校は、計6校。
すべて、自宅からドアツードアで1時間以内で通える学校です。

6校の偏差値の幅は、約15。その間に、息子の4・5年の偏差値分布は、すっぽり収まります。
なので、この6校は、現時点で考えられる、「本気の志望校」です。

どこも良い学校だー。はっきり言って、どこに行っても息子は楽しいんじゃないかと思ってしまう。全部野球部あるし。スキー教室も、どこ行ってもありそうだし。海で遠泳できる学校も多いよ。・・・食堂がある学校は、一部だけど(-_-;)まだまだ作るか、お弁当。

息子はそのうちの1校を熱望していて、勉強の励みにしているようです。けれど私は、息子が息子でいられるならどこの学校でも構わない、と改めて実感しています。
現実には、ドタバタとハラハラとイライラとキーキーが混在する、受験準備生活。淡々といこう、淡々と。そして健康が第一。毎日呪文のように唱えてます。

ところで、説明会や学校行事に出席すると、学校オリジナルのボールペン・シャーペン類を貰えることが多いです(販売している学校もあり)。
気付くと、我が家にも校名入りのペン類がゴロゴロ。よく観察してみると、そのデザインには、それぞれの学校の個性が反映されてるような気もします。超シンプルなのもあれば、フェミニンな感じのもあり。面白いです。

| | コメント (2)

2009/10/16

たまにはいいですなあ

091016_121901 久しぶりにママ友達とランチへ。

←鶏肉の下に、山芋が。ソースはなんとなくチーズの味がする。そして必ず思う。「これは家では作れない」。

気の置けないお友達と、美味しいもの食べながらおしゃべり。スッキリしました。

| | コメント (0)

2009/10/14

続・青×赤(おまけ)

真っ青な濱人Tシャツには、胸のところに、

045

というプリントがあります。
父は、これがいったい何を意味するのか、大変疑問に思ったらしい。

「そういやおまえ、この“045”って、何や。
毎日毎日、『何かいなぁ、何かいなぁ』思うて眺めとるんじゃけど。
ベイスターズが45周年、ってことでもないやろうし。。。そしたら“0”が余計やしなぁ。
それとも、ベイスターズは貧乏やから(←カープファンに言われたくないよby息子)、支配下登録選手が45人しかおらんのかなとも思うたのやけど。
で、何なんや、“045”ちゅうのは」

・・・お父さん。“045”は、横浜市の市外局番です( ̄Д ̄;;

私は、横浜市の市外局番にここまで考察を加えた人物を、いまだ見たことがない。

| | コメント (2)

続・青×赤

青×赤のその後を書くのを忘れてた・・・(^-^;

私の父に真っ赤なカープTシャツを着せられた息子が、「じゃあ、オレは、真っ青な濱人Tシャツをジジに着せてやる!!」という反撃に出た・・・というのが前回のお話。

父は果たして着るのか、濱人Tシャツを。私も妹も母も、息子も娘も旦那も、ワクワク(?)しながら成り行きを見守っていました。
そして、息子が、父にTシャツを送った次の日・・・。

200908190736 「うれしいぴー まいにちきるよ じじ」

・・・なんていう写メールが!!!(笑)

我が家はたちまち大爆笑。当時入院中だった妹にも、即行でこのメールを転送すると、妹も大興奮。

「わたしのところには、『わし、***(息子)からTシャツもろうた。嬉しかった』みたいなメール来てるよ!!ギャハハハ」

娘二人の間で、メールを転送されまくる父、58歳(゚ー゚;

それにしても、あの、ツンツンにとんがってカープファンやってた父が。。。カープが負けると新聞さえ取りに行かなかった父が。。。人間丸くなったもんだ(笑)そして孫(息子)の力は偉大だ。

先日、甥っ子・姪っ子をお風呂に入れようと実家に行ったら、この濱人Tシャツを着た父が、マンションのオートロックの前にスタンバイしてて驚きました!!(゚ロ゚屮)屮
もはや、濱人Tシャツで、床屋くらいまでは遠征してるらしい(笑)

「こりゃ、洗い替えが必要だよ、***。次は“元祖横浜Tシャツ”かなんか買ってあげる?」

・・・いや、その前に、ジジから子ども用カープパジャマが届きそうだ。。。というのが息子の意見です(笑)

| | コメント (2)

白孤魔記シリーズ

前にもちらっと書いた、斉藤洋さんの「白孤魔記」シリーズ(偕成社)。

「源平の風」「蒙古の波」「洛中の火」「戦国の雲」、

全4巻、読み終わりました(o^-^o)

最初の2巻が特に面白かった。白孤魔ちゃん(主人公の狐)。。。アナタが“あれ”をやっちまったのね。。。(詳しくは「蒙古の波」で!)
鎌倉時代の草創期と末期を、真面目一徹な狐・白孤魔丸と共に、体感することができました。この2冊なら、うちの息子にも読めるかな。

けれど、「洛中の火」と「戦国の雲」の2冊は、息子じゃちょっと読みこなせないかなーという雰囲気。説明調の文章が長々と続く上、白孤魔ちゃんの心理、行動の根拠などが、かなり読み取りづらい。真面目一徹だったはずの白孤魔丸、いつのまにか気まぐれなジェダイって感じになってる(゚ー゚;ヨーダみたいな仙人さまも、天竺に行っちゃったまま帰ってこないし。

仙人様登場!!の5巻目が刊行されるのを、楽しみに待とうと思います。

| | コメント (0)

2009/10/12

「落ちたっていいじゃん!」(金廣志・角川書店)

「落ちたっていいじゃん!逆転発想にこそ難関中学合格のカギがある」
(金廣志・角川書店)

↑読みました。予想に反して、すごくグッとくる本でした。

筆者は、驚異的な合格率で「中学受験の神様」と呼ばれている、カリスマ講師。
「塾講師による、もっともらしい受験指南書」というのは、腐るほど世に溢れていますが、本書は一味違う。最も“違う”のは、筆者の経歴でしょうか。

筆者は、在日二世で、学歴は中卒(高校中退)。元赤軍派で全国指名手配を受け、15年間、逃亡・潜伏生活を送ります。
塾講師になったのは約20年前、学習塾で印刷作業のアルバイトをしたのがきっかけだったそうです。

そんな「厚い」人生経験を踏まえたうえで、

落ちたって、受かったって、いいじゃん。考える力、あきらめない態度、理解する喜び。人生において大事なことを、中学受験を通していくつも手に入れることができた子どもたちは、希望へと力強く、必ず歩んでいくのですから。

と語られると、やっぱり嘘くさくは聞こえない。素直に勇気づけられます。

特に、私がグッときたのが、
「子どもの小さな悪は成長の糧」
「善意と道徳が子どもを潰す」
「倫理を突きつめれば最後に悪と化す」

の部分。「常に正しくあれ」と、子どもたちに威圧的に諭していた自分を、省みるきっかけになりました。

本書は、「受験指南書」…というよりは、「育児本」、大げさに言うと「生き方本」の範疇までカバーしているように感じます。「自分が今やっていることに、実はちょっと自信がない」という人(私もそう)は、一読されるといいかもしれません。

| | コメント (2)

2009/10/04

ベイスターズvsカープ

ベイスターズvsカープ
今シーズン、ハマスタで観戦するのは、今日がラストかな。


初めてベイブルーシートに座りました。よう見える~~~。


**********

試合は見事、ベイスターズの勝利!!
ヤッター!( ^_^)人(^_^ )このチームは、1勝することが本当に嬉しい。

試合中、往年のカープファンである父に、
『この試合、もらった!!by***(息子の名前)』
とメールしたところ、即、電話があり、
『わし、長崎から博多に移動しとるところなんじゃ!(←仕事中らしい)今、何点差じゃ!』
と父。

『今、7-1だよ。***が“イヒヒ、ジジを倒したり~”って顔してるよ』
『そりゃいかん。そんなに点差があったらもうアカン。もうカープは1試合も負けられんのよ……………』

……で、『そうか。みんなでハマスタおるんか。そうか。みな元気なんか?そうか。』とかなんとか、しょぼしょぼの近況伺いの後、フェイドアウトで電話は切れました(-.-;)
※息子は変わらずイヒヒ状態


来シーズンの、息子vs父(すなわちベイスターズvsカープ)の戦い、今から楽しみです。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »