« 角野栄子「魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち」(福音館書店) | トップページ | 坂の上の雲 »

2009/11/25

弥生人とネコ

091124_105901 今年も学芸会の季節が・・・。
というわけで、衣装を用意するのは母の仕事。
息子は「弥生人」、娘は「ネコ」の役に決まり、ふたりとも「衣装の準備のお知らせ」というプリントを持ち帰ってきました。

息子は弥生人。・・・じゃあ、貫頭衣だな。1枚布買ってきて、穴開けて頭通せばそれでよし。
なんて思っていたら、プリントに書いてあるイメージ図は、ワンショルダー型。ええー、どうしよう。しかも、「縄文人」役のハッチー(←息子の親友)とは、どの程度差をつけたらいいのか。
ちょっと悩んで、見返しにバイアステープを縫い付け、ゴムを通しました。肩はギャザー寄せ。腰にはテープ。息子に試着させ、旦那に意見を聞くと、「ギリシャ人みたいだぞ」。確かに、弥生人というよりはメロス…。

娘の方は、着るものは既製品でOKだったので、作るのは「ネコの耳の付いた帽子」のみ。
一応、これも悩みながら作ったはずなのに、娘の頭ににかぶせて旦那に見せると、「これ、キツネだろ」。…確かに。。。困ったニャー(直す気なし)

母の技術力不足により、“弥生人とネコ”ではなく、“ギリシャ人とキツネ”になってしまいました。息子&娘よ、演技力で頑張れ。

|

« 角野栄子「魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち」(福音館書店) | トップページ | 坂の上の雲 »

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
学芸会の季節なんですね~(この前学芸会の話をしたときから1年たってるなんて…(@_@))縄文人と弥生人との違い…うーん、どこだろう?ギリシャ人も確かに似たような格好ですよね。ネコとキツネの違いも…耳だけなら大差ないような気がします~。ムズカシイ!毎年思ってますが、想像力も技術力も必要な大変な作業ですね。お疲れさまでした!保育園では衣装は保育士が作らなくてはならなかったので、衣装が簡単なもの、、、という観点から選んだりしてました(^^ゞ
そうそう、風邪、おかげさまですっかりよくなりました!asaponさんはいかがですか?年末に向けて新たな風邪をひきませんように!

投稿: yoshiko | 2009/11/27 10:32

>yoshikoさん
こんばんは~happy02
ハッ!!!Σ(゚д゚;)そうだ、去年は、息子に「村人」の衣装を作ったんだ!!父の甚平を改造して!!!
あれから早くも1年なんですね(遠い目)すっごく昔のことのような気もするし、つい先日yoshikoさんとその話をしたような気もします…。時間の流れが怖い今日この頃ですshock
衣装作り、大した作業でもないのに、なんとなく毎年プレッシャーを感じてますcoldsweats02いつか作れないものを要求されそうで( ̄Д ̄;;
ちなみに、縄文人ハッチーの衣装は、完全に「インド人」だったらしいです(笑)息子たちの場面は、「インド人とギリシャ人のコント」みたいになっていると、担任の先生から伺いました。。。(ノ_-。)
保育士さんの作る衣装だと、とってもレベルが高そう!!!幼稚園や保育園の先生って、とっても手先が器用な方が多いですものね。
お風邪も良くなられたようでよかったですhappy01お互い、あわただしい年末を頑張って乗りきましょうsign03

投稿: asapon | 2009/11/27 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 角野栄子「魔女の宅急便 その6 それぞれの旅立ち」(福音館書店) | トップページ | 坂の上の雲 »