« しょうこおねえさん | トップページ | おにいちゃんへ »

2010/03/25

外山滋比古「思考の整理学」(ちくま文庫)

うちの息子、現在、学校のスキー合宿で、雪山満喫中。

・・・新6年、受験生の春休みに、スキーって!?
(-゛-メ)

※このスキー合宿は任意参加の行事です。

当然、母は反対しました。

塾の春期講習も半分欠席しないといけないし・・・。
みんな、来月の第1回合不合予備に向けて必死だってのに・・・(`◇´*)

そんな不安いっぱいの母に、息子曰く、

「でもさ~~、
サピックスでいつもα1にいるMもー、
日能研で偏差値が平均70あるKくんもー、
自宅学習だけで四谷大塚SクラスのYもー、
みんな行くよ、スキー(。・w・。 )」。

って、それらのどこが一体、キミにとっての安心材料になるんですか!(怒)

しかし、スキーに行くと決めてから、じわじわ~と成績を上げてきた息子。
旦那(スキー1級保持者)も、“ここは温かく見送るしかないだろう”と言うので、私も観念しました。もう、思いっきり楽しんでくれば良い(TωT)ノ~~~

さて、息子のいない間に手に取ったのがこちら。
外山滋比古さんの、「思考の整理学」(ちくま文庫)です。
前から気になってはいた本なのですが、入試頻出作品と知り(今年の中学入試でも、青山学院、栄東で出題)、読んでみました。

読み終えて、うん、いかにも子どもに読解させたい文章。納得しました。

“見つめるナベは煮えない”ということわざがある。早く煮えないか、早く煮えないか、とたえずナベのフタをとっていては、いつまでたっても煮えない。あまり注意しすぎては、かえって、結果がよろしくない。しばらくは放っておく時間が必要だということを教えたものである。

頭をよく働かせるには、この“忘れる”ことが、きわめて大切である。頭を高能率の工場にするためにも、どうしてもたえず忘れて行く必要がある。

↑この部分、考えさせられました。

努力をすれば、どんなことでも成就するように考えるのは思い上がりである。努力しても、できないことがある。それには、時間をかけるしか手がない。幸運は寝て待つのが賢明である。

↑この部分は、息子に教えてやるかどうか思案中(゚ー゚;

|

« しょうこおねえさん | トップページ | おにいちゃんへ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさんへ。
こんにちは。寒さが戻って、桜も蕾を閉じそうですね。
息子さん、雪山を満喫中かな・・・?
この記事、ちょっと笑えました。(失礼。)
やっぱりasaponさんの息子さんって好きだわ~。かわいい~~!!
確かに「果報は寝て待て。」・・・って男の子育児には必須アイテムかもしれませんね。
これから、益々楽しみですね。お母さんの負担は増すかもしれないけど。(*^-^)
ガンバレ!受験生!!

投稿: taenee | 2010/03/26 15:08

あー、この本、一年くらい前かなー、読んだぞー。「東大の生協で一番売れている」だったかなー、そんな内容のオビにひかれて。
そして、もうほぼ内容忘れているがナベのくだりは、かろうじて覚えているぞ。私の場合、見つめるのをやめると、火にかけたことを忘れて鍋が焦げるんだよ。。と反論したくなった。
私の思考は整理されないで終わりましたが、え!?中学入試に出されるの・・?へぇぇーー。「こどもに読解させてみる」という視点では読まなかったなー。ははぁ。「小学生の母」業も楽しそうだね。

えー、いいじゃん、スキー。文武両道!

目下、「学童に持参する自習教材」をどうしようか考えています。もう来週木曜からだよー、学童。まぁ、大したことやってくれないだろうけど。なんかいいのあったら教えて。読書はいまいちっぽいけど、算数大好きっ子、ここしゃんです。

投稿: paphoon | 2010/03/26 16:34

>taeneeさん
コメントありがとうございます!!本当、寒さがまた舞い戻ってきてしまって…wobbly雪山はさらに寒いのかしら。犬のように駆けまわる息子が目に浮かぶよう…gawksweat02
taeneeさんはお風邪など召されていませんか??
『果報は寝て待て』、ホントそんな心境になりますよね~~男子を育ててるとcryingもう寝るしか打つ手がないっていうか?(笑)
今、横浜対阪神の開幕戦を見てるんですけど、こちらも『果報は…』って気分ですshockスキーから帰ってきた息子に、ぜひとも朗報を伝えたいんだけど…できるのか…orz
taeneeさんの励ましを受けて、受験生の母も、ベイファンの母(?)も、頑張りまーすup

>paphoonさん
コメントありがとう!!そうそう、「東大と京大で一番読まれた本」ってやつよflair外山さんの本は、これ以外のものも、中学受験によく出題されるみたい。こういう、「よく考えよ。そしてその考えをよく寝かせよ」的な考え方がウケてるってことなのかな。
>見つめるのをやめると、火にかけたことを忘れて鍋が焦げるんだよ
ハハハ(笑)そうだよね、ナベの存在を忘れる場合(うちの息子はそういうタイプ)はいったいどうしたらいいんだ(笑)coldsweats01
>目下、「学童に持参する自習教材」をどうしようか考えています
ここしゃんもいよいよ1年生、学童もデビューなのねshineおめでとう!!
算数系でおすすめなのは、宮本算数教室の「賢くなるパズル」シリーズと、サピックスの「きらめき算数脳」シリーズかな?どっちも有名で、うちの子供たちもけっこうやったよbook
娘(数字転がし系が好き)も楽しそうにやってるけど、息子(図形・パズル系が好き)はさらにドンハマりだったよlovely
難易度や分野別に色々出版されてるから、機会があったらぜひ見てみて~eye

投稿: asapon | 2010/03/26 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しょうこおねえさん | トップページ | おにいちゃんへ »