« 浜スタ満喫 | トップページ | ホットアイマスク »

2010/05/19

読書いろいろ

池上彰「知らないと恥をかく世界の大問題」(角川SSC新書)

↑読みました。
わっかりやすーーーーーーーーーーい!!!!(感動)

なんとなく手に取った1冊ではありましたが、2009年の世界情勢が、非常にわかりやすく解説されている良書でした。

最近、公民の勉強をしている息子から、時事問題がらみの質問をされることが多い私。
この本のように、簡潔に、シンプルに説明してあげられたらいいのになぁ・・・。難しい・・・。第一、わかんないことも多いし(-_-X)

**********

さて、最近の子どもたちの読書について。気が向いたのでメモしておきます。


⇒かぎばあさんシリーズ全20巻を読了。その後、本棚にあった「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・講談社)を読んでいるのを見て、ビックリ。
「読めるの!?」と聞くと、「え?わかるよ。続きも読みたい」。
しかし、よくよく観察してみると、字面は追えてる(音読はできるし、あらすじはわかっている)ものの、この物語の本質までは読みとれていない様子。これは、男同士の友情と、少年(ネコだけど)の成長の話なんだけど。。。読み聞かせにすれば良かったかなぁ。
そこで、続編の「ルドルフともだちひとりだち」には待ったをかけ、ポプラ社から出ている、「こども世界名作童話」シリーズを勧めてみました。
まずは「あしながおじさん」(ウエブスター)を。言葉は古めかしいし、文化も背景も今の日本とは違うから、もしかしたら読みにくいかなとも思いますが、今のところフンフンと鼻歌を歌いながら読み進めています>娘
「スミスサンマルハゲ」のところでは大笑いしてるし・・・(≧∇≦)
ママは、ジューディの大学生生活が憧れだったなあ~。そしてジャービーぼっちゃんはカッコイイ(*^-^)
まあ、“名作”というのは、“読んだことがある”ことに意義がある場合も多いので、「赤毛のアン」「若草物語」「ひみつの花園」「小公女」あたりにもアタックさせたいところです。

息子
⇒こちらは、“怪人二十面相フィーバー”の真っ最中です。
江戸川乱歩の少年探偵シリーズに、今更ながらドンハマり。「怪人二十面相」「少年探偵団」「妖怪博士」「大金塊」(すべてポプラ社)と読み、次は、塾の友達のオススメ、「電人М」を読んでみたいんだそうです。

息子「電人って、どんなんなんだろ??」
私「ピーカーチューーーー!!みたいなやつかねえ(←適当)」
息子「Nくんは超面白いって言ってたよ。早く読みたいなー」

この少年探偵シリーズは、今から70年ほど前、日本史で言うと二・二六事件の頃に書かれたお話です。
こちらも、言い回しは古めかしいし、生活環境が今とはまるで違います。「外套」「トランシーバー」「賊」「首領」・・・。でも、息子の心にはどストライク。古びない、名作の威力には脱帽です。

**********

さあ、私は次は何を読もうかな。実は、読みかけで放置してある本もちらほら・・・(゚ー゚;
にもかかわらず、ついつい本屋さんや図書館に足が向いてしまって困っています。

|

« 浜スタ満喫 | トップページ | ホットアイマスク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
文系なのに体育の次に社会が苦手だった私…時事問題弱いです(>_<)大人として恥ずかしくない知識は持っていたいのですが、池上さんの本読んだらわかるかな?
やっと外山さんの本を買ってきて読み始めたところです。なるほど、と思いながら読んでます。

かぎばあさん読了ですか!すごいなぁ。赤毛のアン、大好きだったんですよ~。マリラがアンのことを「この子の良いところは欲張りじゃないところですよ」とほめるところがすごく好きでした。二十面相も懐かしい!

投稿: yoshiko | 2010/05/19 11:32

>yoshikoさん
コメントありがとうございますhappy01heart04
時事問題、果てしないですよねー……(遠い目)池上さんの本はオススメです!他の本にもチャレンジしてみたくなりましたdelicious
外山さんの本の感想もまた聞かせてくださいねear
赤毛のアン、私も大好きでした~lovelyyoshikoさん、素敵なシーンを覚えてらっしゃるんですね!
娘にも、あの温かさをわかってもらえるといいなぁ。

投稿: asapon | 2010/05/19 17:50

asaponさんhappy01こんにちはnote

すごいsign03確実にお子様たちも世界が広がってきてますねheart01
私はついつい、忙しさを言い訳に子供任せになってきて、ついには読書から遠のいておりましたthink
子供からの「なぜ?」「どうして?」に答えるのが最近は「・・・自分で調べなさい」になりつつあります。。。反省。。。
池上さんは確かにとてもわかりやすく解説してくださいますよね。私もasaponさんを見習って一からやり直しですcoldsweats01
いつもasaponさんの所へくると、初心を思い出させてもらいます。ありがとうございますhappy01

投稿: run | 2010/05/24 11:49

>runさん
コメントありがとうございます♪
そんな、“asaponさんを見習って”だなんて、お世辞にしてもやりすぎやりすぎ!runさん!!(笑)
runさんは、お忙しい中でもきちんとお子さんに向き合っていらっしゃって、それこそ「母の鑑」ですshine
runさんのblogで、「考えと行動が伴う子は、生き生きとしている」と教えていただいた時、本当に「…!!!」と感銘を受けたんです。
自分自身の思春期が、長い反抗期のせいで辛かったのは、考えと行動がちぐはぐだったからだと、今頃気付かされました。
これからも、私にいろんな「ヒント」をくださいねwink
「自分で調べる」ということも、とても大切ですよね。うちの息子は、「調べなさい」というと、「じゃ、また後で」となってしまうので、「後でじゃダメだよ、今すぐ!!」と、結局私も一緒に調べる羽目に…。わかんないことは現行犯で逮捕しないとすぐ忘れちゃうでしょ!!sweat02どうしたもんだか…coldsweats02

投稿: asapon | 2010/05/24 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浜スタ満喫 | トップページ | ホットアイマスク »