« 残念 | トップページ | 世界ふれあい街歩き »

2010/09/13

読書の秋@娘

なかなか秋の気配を感じられない今年ではありますが・・・。

娘は現在、「読書の秋」を満喫中。
ちょっと夜更かし気味です(-_-X)

娘の就寝時間に、息子の塾のお迎えやら宿題チェックやらで、私がバタバタしているのが、夜更かしの原因ではあるのだけど。。。
(その間娘は、寝る準備完了状態で、布団の中で読書していますbook

まだ小学2年生だし、夜9時までには寝せたいところ。
今日も気付いたら10時になってもまだ本を読んでいて、慌てましたsweat01
何かと息子の方に気が行きがちだけれど、娘のこともよく見てやらなくっちゃ~。

さて、最近娘が読んでいる本を紹介します。

魔法使いのチョコレート・ケーキ」(マーガレット・マーヒー、福音館書店)
マーガレット・マーヒーさん・・・。
お恥ずかしながら、私は初めて聞くお名前だったのだけど、よく読んでいるブログで紹介されているのを見て、娘にこの本を借りてきました。
少し読んでみると、すごーく幻想的な感じ。メルヘンというか、ファンタジーと言うか。。。娘はどう思ったのかな?と気になり、聞いてみると、
「面白かったよhappy01特に、「ミドリノハリ」っていうお話が面白いの。
途中でひどいことになっちゃってイヤなんだけど、最後にすばらしいことが起きるんだよ。」
とのこと。
とうやら、「ひどいこと」というのは「部屋をめちゃくちゃにされること」で、「すばらしいこと」とは、「ミドリノハリのお裁縫で、部屋がこの上なく美しくなること」のようです。なるほどflair
読んでいたら、私も久しぶりに針を持ちたくなりました。

やかまし村の子どもたち」(アストリッド・リンドクレーン、岩波書店)
これは、私も子どもの時に夢中になって読んだ1冊です。
娘のお友達にプレゼントしたところ好評で、娘も、「私も読んでみたい!!」。うちの娘にはまだ少し難しいかも、というのは杞憂だったようで、「やめられない止まらない」、グングン読んでいました。
子どもたちが、ひたすら遊んで遊んで、遊ぶ物語。「長くつ下のピッピ」と比べると、奇抜なことは何もないのだけれど、いつの間にかグイグイと引き込まれるてしまう。
続編の「やかまし村の春・夏・秋・冬」、「やかまし村はいつもにぎやか」も買いました。娘は読破してくれるかな(*^-^)

夜更かしはいけないけれど、本の世界にはどっぷり浸かってもらいたい!!
せっかくの「読書の秋」、娘が喜びそうな本を、せっせと探しておこうと思いますconfident

|

« 残念 | トップページ | 世界ふれあい街歩き »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
お子様にはもう読書の秋が到来してるんですね~mapleどちらの本も楽しそう!小さい頃は私も母が選んでくれた本を読んでいました(というか図書館が遠かったのでひとりで行けなかった(^_^;)ラモーナとかヘンリーくんとか、ホッツェンプロッツとか、すごく好きだったなぁ~。小学生時代の読書がはとても思いで深いです。
今年はなかなかよい本に巡り合えませんが、久しぶりに『夏への扉』を再読中です。新訳本だったので借りてみたのですが、前回読んだのは高校生のころ…。そのときすごく面白い!と思ったので、今読んだらどんな感じなのかな?と楽しみです(^O^)

投稿: yoshiko | 2010/09/14 20:09

asaponさん、こんばんは。
娘さん、もう、「やかまし村」を読むほど大きくなられたのね。・・・って、私がこんなこと言うのも変ですが、なんだか、幼稚園さんの可愛らしい姿(会ったことないけど・・・)しか思い浮かばなくて・・・。coldsweats01
夜、お布団で読む本のおもしろさを知ったなら、それはもう、立派な読書家ですよ。
リンドグレーンは、子どもへのまなざしが、とても優しいと、本を読んで感じます。実は、つい最近「やかまし村はいつもにぎやか」を読んだところです。私が・・・。
うちの子にも、是非読んでもらいたいのですがthink
田辺さんの短編集も、読んでみたいです。

投稿: taenee | 2010/09/14 21:48

>yoshikoさん
コメントありがとうございます!!
ラモーナ、ヘンリーくん、夏への扉…知らなかったです!!メモメモ!pencil
ホッツエンプロッツは我が家の本棚にもあります(^^)けど、1年くらい前に、娘は勝手にチャレンジして、挫折してました(笑)
「人の名前が~~ややこしくてわかんない~bearing
確かに…ドイツ人の名前…(笑)
娘は本好きではあるのもの、自分で図書館で借りてくるのは、「ゾロリ」だったり「なぞなぞ」だったり。なかなか文学作品には手が伸びない(よくわからない)みたいです。
yoshikoさんが読書家に成長されたのは、お母さまのナイスアシストがあったからなんですねflair私も、娘が素敵な本と出会えるよう、絶妙なキラーパス(笑)を出さなくては!punch

投稿: asapon | 2010/09/15 08:04

>taeneeさん
おはようございますcloudこちらは今日は涼しいです~(久しぶり!!)いよいよ秋がやってくるかしら。本の秋ですねbook
taeneeさんのコメントを読んで、改めて娘の成長を感じました。そうですよね、いつの間にか「やかまし村」が読めるくらいおっきくなってたんですねconfident
昨日は、おやつを食べていた息子と娘に、オッレが歯を抜く話(「やかまし村はいつもにぎやか」より)を読み聞かせてたんです。あれ、面白いですよねーーーhappy02一同爆笑でした。ラッセのちびっこ番長キャラがたまらないです(笑)
やかまし村自体は、ちょっと女の子向けのストーリーが多い(リーサ目線ですし)気もしますが、ラッセたちが暴れまわるシーンなら、息子くんも喜びそうですね!!あの、子どもならではの世界観、リンドグレーンって本当にすごいと思います。
田辺さんの本、久しぶりに恋愛小説を読んじゃいましたheart01いや~なんと言うか、懐かしいというか…。taeneeさんの感想もぜひ伺ってみたいですsmile

投稿: asapon | 2010/09/15 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 残念 | トップページ | 世界ふれあい街歩き »