« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/29

外山滋比古「『読み』の整理学」(ちくま文庫)

外山滋比古「『読み』の整理学」(ちくま文庫)

スーパービュー踊り子号の中で読みました。

「実は『読み方』には2種類ある」
という筆者の主張を読みながら、
“あー、普段私は、全然「読んで」ないんだな~”・・・と実感。
そして息子(←日本語苦手)に、漢文の素読をさせたくなってきた。

やっぱり、「読めない」人生って味気ないもんねえ。
私ももう少し頑張ろう。

| | コメント (2)

東京シティ・バレエ団「コッペリア」

娘の夏休み最後のイベント。

日生劇場 ファミリーフェスティヴァル2011
東京シティ・バレエ団「コッペリア」

学校のお友だちと一緒に観に行きました。

開演前には、民族舞踊のステップを体験できるワークショップがあり、子どもたちはとても楽しそうに参加していました。
コッペリアはクラシックバレエの古典作品ですが、この公演では要所要所に解説が入るので、子どもたちにもよく理解できたようです。

恋人フランツの浮気にやきもちをやくスワニルダ、可愛かったわぁ~。
コッペリウス老人が、危うくオヤジ狩りの被害に?というシーンはちょっと焦ったけど((・(ェ)・;))意外とリアルなクラシックバレエの世界。
コッペリウスの仕事部屋にいた、マサカリ担いだジェイソン人形は、「コイツこれから一体何するの」とドキドキしながら観ていましたが、意外と普通の人形だった(゚ー゚;

バレエは、台詞がないので「動く絵画」とも呼ばれているそうです。
パントマイムのような動きのおかげで話の筋もそれなりにわかるし、ダンサーの体の動きは本当に美しい。

「イイモノ観た!!」と大満足で帰宅した私と娘です。

| | コメント (0)

2011/08/23

家族旅行2011 in下田

110821_121601

2年ぶりの家族旅行記事です!(^^)

夏の家族旅行は我が家の定番行事だったのだけど。。。

昨年の夏は、息子の受験準備で忙しく、どうしても旅行気分にならなくて、家族旅行は見送りました。
さらに、「合格したら!!」と楽しみにしていた春休みのスキー旅行は、震災でキャンセルすることになってしまいました。

そんな事情もあり、「この夏こそは!」と意気込んでいた私。
が、今度は、部活命の息子と旦那の仕事の予定が全く合わず~~…。

も~う!面倒だなっ(`ε´)
じゃあ、もうとりあえず一泊二日で。近場でいいや。
伊豆とか?スーパービュー踊り子(画像の電車)、乗っとく?
なら終点の下田まで行くか。伊勢海老食べたいし。
温泉浸かって、ペリーロード歩いて、ペリーが日米和親条約に調印した寺に行ければ、まあいいや。

という具合に、私ひとりで結構投げやりに決めてしまった、この下田への旅行だったのですが、

「下田の水族館ではどうやらイルカと泳げるらしい」

という情報を得てから、ガラリと家の雰囲気が変わりました。

「ナニ!?イルカと泳げんの?泳ぎたい!!!」

瞬時にしてペリーも和親条約も吹っ飛んだ我が家、イルカに向けて一致団結することになったのでした(゚ー゚;

続きを読む "家族旅行2011 in下田"

| | コメント (2)

2011/08/22

下田海中水族館にて

下田海中水族館にて
イルカと泳ぐ、旦那と息子と娘。

「うきうきドルフィン」という体験プログラムです。

すごく楽しそう~(*^o^*)
(母は撮影係)

| | コメント (0)

2011/08/21

伊豆急下田駅

伊豆急下田駅
今年の家族旅行は下田!!

改札が黒船です。

| | コメント (0)

2011/08/17

ジェリクルキャッツに変身

Dscf20370001

キャッツにて、メイクサービス。
ランペルティーザに変身する娘(^^)

娘がど~うしてもこのイベントに参加したいと言うので。。。
ま~た観に来てしまったよ・・・>キャッツ
初めてのA席上手側、猫たちの出入りがたくさん見られてすごく面白かったけど、散財しすぎか?(^-^;

最近、娘のお願い事をたくさん聞いている気がします。

「スイミングを週2日に増やしたい!」
「朝日小学生新聞を読みたい!」
「イルカと泳ぎたい!」←これはこれから実施
といった金の飛んでいく要望から、
「ママとお料理したい!」
「ママ抱っこ!」
といった日常的なおねだりまで(゚ー゚;

まあ、去年はお兄ちゃんの受験一色だったもんねぇ。
今年はいっぱいワガママしてもいいよ。
やりたいこと、いっぱいやっちゃおう!!

| | コメント (2)

2011/08/16

28番

Dscf20210001

息子の所属する中学野球部。
地区予選を全勝で通過し、今日、市大会の2回戦を突破しました。
スゴイ!ヽ(´▽`)/

息子は、
「奇跡的に1軍に入れた!」
「なんとか背番号もらえた!!」
とか言ってるレベルですので(^-^;、まだ公式戦には出られませんが、毎日毎日、本当に楽しそうに部活に励んでいます。

そう、本当に毎日毎日毎日ある。。。部活・・・。
(宿題~・・・orz)

部活と、少~しずつ進む宿題。
夕飯後の基礎英語に、夕飯食べながらのナイター、風呂に入る前の素振り。
寝る前にはプロスピ(;;;´Д`)
塾の夏期講習がない夏は、なんと4年ぶりです。
今年の息子の夏休みは、穏やかに過ぎていっています。

Dscf20250001

荷物運びと声だしとグラウンド整備も、下っ端の大事な仕事!
頑張れ、28番!!

| | コメント (2)

2011/08/08

ニョロちゃん

110714_114101

ケロちゃん(@バムとケロ)愛用のぬいぐるみ、「しましま」。
ランドマークにあるどんぐり共和国というお店で発見しました。

うちでは、「ニョロちゃん」と呼んで、娘が毎日一緒に寝ています(-.-)zZ
バムとケロ、やっぱり大好き。

| | コメント (2)

2011/08/01

吉田修一「空の冒険」(木楽舎)

吉田修一「空の冒険」(木楽舎)

2年前に読んだ、「あの空の下で」の続編です。
早く続きが読みたい~読みたい~、と思っていたのに、昨年すでに刊行されていたことに全く気付かず(゚ー゚;
早速本屋さんに走りました。

「あの空の下で」と同様、ANAの機内誌「翼の王国」に掲載された、短編小説とエッセイを集めた1冊です。

表紙からして旅気分満載で、読む前からワクワク。
「空で読むために作られた不思議な雑誌」にピッタリな、爽やかで面白くて、深くはないけど浅くはない、胸がキューッとくるお話の数々に、思わずホーッとため息をついてしまいました。
私は好きだなぁ、こういうの。
あー旅したい。

2年前、鳥取空港に向かう機内で読んだ、「ほえる犬は噛まない」という短編小説も収録されていました。懐かしい人との再会みたいに嬉しかった(^^)

エッセイもすごく良かったです。

宝くじで1千万円当てたら、全額お寺に寄付する!と言うブータンの青年、
サスペンス映画を上映しているパリの映画館にて、映画よりサスペンスフルな客席のハナシ、
紅白歌合戦、小林幸子の登場するタイミングで「ザーッ」とくるテレビ、
中国はシンセンで、思わずやってしまった「世界ふれあい街歩き」のナレーション。

作者の代表作、『悪人』に出てくる名所を巡る旅も紹介されています。
『悪人』は、新聞掲載時につまみ読みしていたのだけれど、かなりエグイお話で、いまひとつ単行本を手に取る気にはならず、映画も観ていませんでした。
でも、このエッセイを読んだら、『悪人』も読んでみようかな、映画も観てみたいかもと言う気持ちになりました。っていうか、九州いいねぇー。美味しいものがいっぱいありそうだ(^^)

妄想で放浪できる&なんちゃって旅人気分を満喫できる1冊です。

※「あの空の下で」は、集英社文庫のナツイチ2011にも入ってます。
こちらも再読しました。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »