« 今更デスが | トップページ | 礒山雅「J.S.バッハ」(講談社現代新書) »

2011/09/24

正しいカレーへの道

私のピアノ教室選びの件、決着しそうですヽ(´▽`)/
これで、無事、バッハ(のだめで言うところの「正しいカレー」)への道が少~し開けたか?

そもそも、20年ぶりにピアノを習おうとする私が、教室に求めた条件は・・・。

①平日の昼間に通いたい。
②レッスン形態は、個人でもグループでも、どっちでも構わない。
③ソナチネ以上の難易度のクラシック曲にチャレンジしたい。今はとりあえずバッハ気分。ゆくゆくは、ショパンとかベートーベンのソナタとか。。。
④映画やミュージカル音楽を弾いたら家族が喜びそう。
⑤レッスン数は、月2回くらいがちょうどいいかな…。教室もあんまり遠すぎない方が…。

という感じ。
「まあ、探せばあるだろう」とタカをくくっていたのに、意外にこの条件に合う教室がない。

「大人は基本夕方から」とか、「昼間は初心者クラスのみ」とか、「クラシックは難易度を落とした楽譜でしかやりません」とか、「ポピュラーミュージックのクラスならありますよ」とか。

で、結局、私がたどり着いた場所が、なんと、音大附属の音楽教室だったっていう・・・。

なんで、私が音大に!? (@四谷学院)

注:音大に通うわけではありません

確かに、条件は概ねクリアしているんだけど、「グランドピアノでマンツーマン指導」って…。
当初は、「クラビノーバで楽しく気軽にグループレッスン♪」みたいなのを想像していただけに…。
電子ピアノごときでワイワイ喜んでいるような私がそんなところに行っちゃっていいものなんだろうか。

様々に心は乱れつつも、とにかく、体験レッスンに行ってみた(緊張…)。

先生は、朗らかで穏やかな雰囲気の女性(ひとまずホッとする)。小学生のお子さんがいらっしゃると聞いて、ますます気分もほぐれ、とりあえず私の中途半端なピアノ歴を語る。
「習っていたのは小学生までなんですか~」
とやや驚かれた様子の先生(再び緊張)。楽器を持っているかどうか聞かれ、今月の初めに衝動買いしたことを伝えると、
「ものすごい行動力ですね~」
と、また驚かれる。
家庭内に音楽の文化があまりないこと、娘が小3にして超ゆるいピアノレッスンを開始したこと、しかし私はバッハが弾きたいこと(それを世間では“矛盾”と呼ぶのかもしれない)などを、グランドピアノを前に、ひとまずは伝えきった。

「じゃあ、今日はこれ(ガヴォット)をやってみましょうか」
と先生。2週間練習してみたガヴォット、ああ、これを人前で弾くのか~~弾いてしまうのか~~!!(緊張MAX)

もう、仕方がないから弾く。(投げやり)

う、、、!!鍵盤が重い…!!
手に変な汗かいてきた…。もつれる…。間違える…。震える…。
(ぜひ映像でご想像下さい)

曲が終わったときには、すっかり灰になっていた私。
先生「だ、大丈夫ですか!?クーラーの温度、下げましょうか!?」
ハイ、お願いします・・・。節電中にスミマセン・・・。

結局、手の震えは止まることがないままレッスンを終了したのですが、転調のこととか、譜読みの間違い部分だとか、バッハらしい鍵盤のタッチのことだとか色々教えてもらえて、私的には満足でした。
(先生的にはどうだったんだろうか( ̄Д ̄;;)

通常、大人向けのレッスンでは、決まったカリキュラムなどはないそう。
自分のやりたい曲を持って行って、見てもらうというスタイル。どんな曲がおススメですか?と聞いてみると、
「バッハがやりたいなら、このままフランス組曲の中でやれそうなのをやっていってもいいしね。インベンションをやったことがないなら、それをやってもいいけど、これでバッハ嫌いになる人も多いんだよね。。。私とか。。。(えっ?)
ツェルニー??しっかり指の練習をやりたいならやってもいいけど、つまんないかも(やっぱりそうですよね)。ポピュラーミュージックとか、弾きやすい曲を弾いてたら、指の練習にもなると思うよ。」
とのこと。
良かった、音大附属っていうからどんな厳しい練習が待ってるのかと思ってたけど、34歳のおばちゃんには多くを求めないんだね。ふう~(安堵)

そんなわけで、20年ぶり(正確に言うと22年ぶり)のピアノレッスン、ここに決まり。
今日これから手続きしてきまーす(v^ー゜)

|

« 今更デスが | トップページ | 礒山雅「J.S.バッハ」(講談社現代新書) »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんばんは。
わ~、ついに大人のレッスン始められるのね~~happy01
しかも、音大に個人レッスンのお教室があるなんて、環境はバッチシじゃない!!
グランドピアノって、音がやっぱりいいでしょ。
正しいカレーへの道には、もってこいのお教室ね。
手の震えが止まらない・・・って、わかるわ~~。息子の発表会での連弾の時そうでした。
でも、ピアノ弾いてるだけで、癒されませんか?
わたしは、とにかくピアノの音と、クラシックの調べに癒されます。
レッスン、頑張ってね~~!!

投稿: taenee | 2011/09/24 23:14

>taeneeさん
コメントありがとうございます♪
グランドピアノの音色…クラシックの調べ…。ブルブルガチガチな私は味わう余裕もなく…((T_T))次のレッスンでは…ぜひとも…
この音大附属の音楽教室は、普通のカルチャーセンターと同じような雰囲気でホッとしましたdash月謝もヤマハと変わらないし(o^・^o)
しかし…当然ながら「発表会」もあるらしく…大人は自由参加みたいだけど…おー怖い怖いshock
細く長く続けて、上手になりたいなぁ~と思ってます

投稿: asapon | 2011/09/25 08:38

asaponさん、こんにちは♪
きゃ~、音大、あこがれです!!いいなぁ~いいなぁ~♪
asaponさんのお探しの条件、個人の先生なら希望に合わせてくれそう(高校から習った先生は、とにかく「弾きたい曲あったら持っておいで!音大行かないなら楽しく弾こうよ」という人でした。中学までの「ポピュラーなんて絶対不可!」という先生とは正反対!)ですが、意外なところで見つかってよかったですね(^O^)
そうそう、ギロックは楽しく弾けますよ~。甥を教え始めてから知ったのですが、こういうのを子どもの時に弾きたかったなぁ(知らなかっただけなのか、それともなかったのか???)

投稿: yoshiko | 2011/09/25 21:44

>yoshikoさん
コメントありがとうございます!!
思いがけずマンツーマンでピアノの指導をがっつり受けられることになりました…coldsweats02音大受験準備のコースなどもあるのですが、私が通うのは「大人の音楽レッスン」コース。のんびりやっていきたいと思います~(しかしインベンションNo.1からすでに苦戦中…sweat02)
yoshikoさんは色々なタイプの先生に師事されてきたんですね。それが甥っ子ちゃんたちのレッスンにも生かされているんですねflair
ギロック、オススメですか!?実は私も最近知ったんです>ギロック
小原孝さん(NHKの番組で講師をされているピアニスト)も著書の中でギロックを猛烈プッシュされてたんですよ。難易度もバイエル~ブルグミュラー~ソナチネくらいみたいですね(^^)今度楽譜を見てこよー!!

投稿: asapon | 2011/09/26 01:17

いやーーん。先越された~ん。

おお、音大の!グランドピアノ、かなり楽しそう♪
楽器を習いに行くっていう、予定が入ってるだけで、なんだか毎日うっきうき☆じゃない??

バッハ気分はよくわかる。私も、正しいカレー、目指したく、インベンション・・あっさり挫折。難しいよね。。。
これまで右と左と両方がバラバラ動くっていう曲が、あんまなかったんだな、って、右がメインって曲が多かったなって、思わされた。ところで、難易度必ずしも順番通りでないから、順不同にすすめるってのも、ありかも、なんて思うです。

発表会!出ようよ~。ドレス着れるからきっと楽しいよ☆・・って、人ごとだだから言えるけど・・・なかなかハードル高いよねぇ。

いやーー、ピアノも習いたくなったぞっ。あたしもインベンション、ひらいてみるわ~。フランス組曲も、なんだか素敵だね。YouTube聞いたよー。

投稿: paphoon | 2011/09/26 23:08

>paphoonさん
コメントアリガトー( v^-゜)♪
とりあえず通ってみるわ~。「音大」と聞いて初めは怯んだけど、個人のお教室よりは先生とディープなお付き合いをしなくてすみそうだし、まぁ大手の音楽教室みたいな雰囲気。理想に近い教室が見つかって良かったわ
インベンション、No.1がどうにか形になってきたdashホント、あらぬ動きをする左手についていけない…( ̄□ ̄;)!!だんだん手が機械みたいになってくる…(本当はダメなんだろうけど、そうでもしないと弾けない…)
でも、あれだけバラバラな動きをしてるのにすごくキレイにハモるよね!バッハって不思議~shineshineshine
ネットで調べたところ、インベンションは1→4→8→13…みたいにやってく方法もあるらしい。私は短調をあんまり弾きたくない気分なんだよね←ワガママ
どうやって進めていこうかな( ̄~ ̄;)
まあ、まずはNo.1ですけど…(--;)paphoonこそ伴奏は!?そしてバイオリンは!?報告楽しみにしてまーすconfidentnotesshine

投稿: asapon | 2011/09/27 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今更デスが | トップページ | 礒山雅「J.S.バッハ」(講談社現代新書) »