« 300円 | トップページ | 来年の抱負 »

2011/12/13

「ピアニストの毎日の基礎練習帳」(岩崎淑・春秋社)

実は、今も昔もハノンをやったことがない私・・・。

「ピアニストの毎日の基礎練習帳」(岩崎淑・春秋社)

↑読みました(^^)
この本でいう「基礎練習」とは、ハノンのスケールのこと(@_@)
さらに発展した“中・上級編”も紹介されていますが、とにかく著者が重視しているのは、スケール、アルペジオ、ツェルニー、バッハ。

9月に再開した「大人ピアノ」では、バッハ以外、全くやってない私。。。(というか、バッハ『しか』やってないような気も)
やっぱりハノンをやったほうがいいのかな~。その方がうまくなるのかな~。ツェルニー、嫌いだったしなぁ~。

・・・とまあ、悩める“基礎練習篇”はともかく、本の後半に記されている、ピアニストエッセイとでも言ったらいいのでしょうか、著者の様々な経験談は、とても楽しく読めました。
厳しいコンクールの裏側、学生時代に敢行した貧乏ヨーロッパ旅行、個性的な名教師、名演奏家たちとの出会い。
音楽を愛する心って素晴らしいと、改めて感じました。

今週は、今年ラストのピアノレッスンがあります。
実は、バッハ以外の作曲家の曲にも着手しました。なんとか、レッスン日までに先生に見てもらえるレベルまでもっていけないかと、苦戦してます。
久方ぶりのペダル・・・。どうやって踏むんだっけ・・・( ̄Д ̄;;

|

« 300円 | トップページ | 来年の抱負 »

ピアノ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 300円 | トップページ | 来年の抱負 »