« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/31

2月1日

独り言です。。。
ここしばらく、心がザワザワして仕方ないです。。。

道で、受験生らしき小学生を見かけるだけで、胃のあたりがキューッとなり、
今年中学受験を迎える我が子をサポートしているママ友達たちには、どうしても無言で「気」を送ってしまう(もしや迷惑?)。

私にとって、去年の息子の中学受験は、強烈に心に残る出来事でした。

ウン十年後、たとえ認知症になったりしても、私、子供の受験のことはよどみなくしゃべれる自信がある(゚ー゚;
「おばあちゃん、またあの話しゃべりだしたよ~」
とか言われてるんだろうな、、、( ̄Д ̄;;

今年も“あの”2月1日がやってきます。
震災も計画停電も、その他たくさんの試練を乗り越えて、この2月1日を迎えるすべての受験生とそのママたちに、心から「絶対大丈夫だよ!!!」と叫びたい気分です。

・・・なーんて、しんみりひとりごちていますが、実はうちの娘、2月から新4年生。
全然他人事じゃないって言う・・・。
娘は、にいにい(息子)みたいに、自分にピッタリな学校に入学できることを希望しています。そりゃそうだよね~、あれ(息子=超楽しそう)見ちゃったら、惰性で中学行くなんてもったいなくなるよね~。

どうなる、2度目の中学受験。
母は、今度ばかりは(?)、まったりのんびり、マイペースにしてオンリーワンな受験を希望しますが、そう問屋が卸してくれるかどうか。

目指せ、平穏無事な中学受験!!(目指せるか?)

| | コメント (2)

2012/01/28

エコたわし

120128_174601

昨日は、中学校の「手作りの会」(母たちのサークル)の活動日だったのに~~、、、
息子が大流行中のインフルエンザにかかってしまい、私も自宅待機に(異常行動監視のため)。

仕方なく、作るつもりだったアクリル毛糸のエコたわしを、ひとり寂しく編みました(´・ω・`)ショボーン

編み図は、こちらを参考にしました。糸はtaeneeさんオススメのハマナカのボニーです。すごく編みやすくて、スイスイ手が動きました。

普段は私、市販のアクリルたわしを愛用してるのですが、なんで今まで作らなかったんだろうか。。。すごく簡単じゃん。。。楽しいし。。。
ただ、使うのが惜しい気分になってしまうのを一体どうしたら?

エコたわし、意味もなく量産してしまいそうな予感です。

| | コメント (4)

2012/01/12

「男子校という選択」(おおたとしまさ・日経プレミアシリーズ)

「男子校という選択」(おおたとしまさ・日経プレミアシリーズ)

息子の学校の校長先生のお話が掲載されていると聞き、読んでみました。

「なぜ東大合格トップ10の8校は男子校なのか」

・・・なんてデカデカと書かれた帯を見ると、平和ボケ真っ最中の私なんかは、「ワオ~( ゚д゚)ポカーン」なんてまるっきり他人事のような反応しかできないのだけど(゚ー゚;まあ、中身はいたってマイルドな本で、男子校の良さが、様々な資料をもとに丁寧に説明されていました。
男子校に通っている息子を持つ親として、共感する部分も多かったです。

そもそも、私も旦那も、「何が何でも(orできれば)男子校に息子を入れたい!!」なんて思ったことはありません。
神奈川で中学受験をしようと思ったら、選択肢に入る学校は男子校ばかりだった(伝統校・難関校に属する学校のほとんどが別学のため)、というだけのことで、“結果的にうちの息子は男子校ばかり受けた”というのが実情です。

自身も男子校出身である旦那でさえ、「世の中の半分は女性だしなぁ。そりゃ共学のほうが自然なんじゃね?」と言っていたし、私は男子校の良さ・悪さなんて経験ないからわかんない。
ただ、息子本人は、色々な学校を見学する中で、
「男子校っていいなぁ」
「のびのびできそうだなぁ」
「早く野球したいなぁ(⇒野球部員は、どこ行ったってたいていは男子…)」
と、男子校に対して非常にプラスな印象を抱いていたようです。

この本を読んで初めて知ったのですが、平成22年の時点で、全国にある高校のうち男子校はわずか135校。割合にしてたったの2.6%とのこと。
「男子校出身者は、もはや絶滅危惧種」
と表現されていて、「ええ~うちの息子、世間に出たら珍獣になっちゃうの~?」と驚きましたw(゚o゚)w

その息子ですが、現在、「異常に自分に適した環境」で、「何もかもがあまりに楽しい毎日」を送っているように見えます(^^;)
確かに、授業のカリキュラムであれ、行事の種類・運営の仕方であれ、部活の活動日数・内容までもが、まるでオーダーメイドで息子にあつらえたかのようにうちの息子にはしっくりくるのです。
英語は会話からではなく文法から。体育祭ではやたらリレーやってる(結局ほとんど全員走る)。部活はほぼ毎日、OBの先生がビシバシと部員を鍛えてます。
小学校では「3」(5段階評定)しかとったことのない音楽で、「10」(10段階評定)を取ってきたときには、「先生、いくらなんでも適当すぎだろ!!(笑)」と親戚一同爆笑でしたが、そんなほどよく適当な校風が、まさに息子にぴったりなのです。

これって、やっぱり男子校だからあり得る環境なのかも。と、この本を読んで納得しました。

共学だけが自然な姿なのではない、男子が男子らしくあることができる、男子校という選択。その選択肢が、もう少し日本で見直されてもいいのかもしれません。

| | コメント (0)

2012/01/09

劇団四季「王様の耳はロバの耳」

劇団四季「王様の耳はロバの耳」
冬休み最終日の今日は、娘の9才の誕生日(^^)

家族でのお祝いの前に、バレエ教室のお友だちと一緒にミュージカルを観に行ってきました。

劇団四季「王様の耳はロバの耳」

幼稚園生でも十分楽しめるような、可愛くてわかりやすくてハートフルな舞台。娘は、仲良しのお友だちと一緒のせいか、始終ハイテンションでした(^^)
今月末には、そのお友だちが参加している区民ミュージカルの舞台も観に行きます。すごく楽しみ(*´∇`*)

さて、娘が元気に9才になり、、、
この“遊び過ぎの冬休み”も、無事に終了。

妹一家と遊び倒したディズニーリゾートに、年末年始のスキー。「宿題は!?」と子どもたちの尻をたたきつつ、家族や友人たちとの楽しい時間を、たっぷりととることができた冬休みでした。

“明日は必ずしも今日の続きではない”と、あの3月11日に知ってしまったから、、、
一日いちにち、心をこめて生活したいと思ってます。

| | コメント (0)

2012/01/05

弾き初め

弾き初め
娘と一緒に、レッスン室レンタル。
今年一番のグランドピアノにはしゃぐ母娘("⌒∇⌒")
メヌエット(BWV Anh.114)の連弾を二人で練習してます。やはり連弾は楽し~い(^^)/\(^^)

| | コメント (2)

2012/01/01

リアル直滑降中

リアル直滑降中
雪山より、あけましておめでとうございます。

2012年が心豊かな1年になりますように。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »