« 「だんじり母ちゃんとあかんたれヒロコ」(コシノヒロコ・マガジンハウス) | トップページ | 「コシノ洋装店ものがたり」(小篠綾子・講談社α文庫) »

2012/02/09

今年も“肉の日”が

2月9日、通称“肉の日”が今年もやってきました。

肉の日とは、そう、私の誕生日~~ψ(`∇´)ψ
35歳になりました。

今日は、思いがけない人からプレゼントをいただいたり、お祝いメッセージをもらったり。嬉しかったです。

私は、大学4年の時に息子を出産して、それから13年、主に子育てばっかりやってきました。
若い(?)ときは、「私の人生、こんなんでいいのか」「この先、自分の人生はどうなっていくのか」なんて悩んだ時もあったけど、不思議と今は、全然そんなこと考えないです(^-^;
ナチュラルに自分のことを気に入っていられるっていうか、、、これが35歳ってことなんだねえ、きっと(^^)

今ここにある幸福に、心の底から感謝してます。

******************

さて、今日は、年が明けてから3回目のピアノのレッスンでした(^^)/
備忘録として、進捗状況を書いておきます。

<バッハ/インベンション>
10番合格。
で、憧れの13番にトライ中。なのだけど、難しいよコレ( ̄Д ̄;;
一つでも指がずれると修復不可能って感じで。。。先生が、短調の規則性とか、指が回らないところの練習法とか、いろいろ教えてくださって、大変ためになってますm(_ _)m
精進を続けます。

<ブルグミュラー/18の練習曲>
「ゴンドラの船頭歌」、マルもらえたー!!
今日から「大雷雨」にチャレンジ。譜読みはカンタンだったけど、かっこよく弾けるようになるまでは試練がいろいろとありそうです。。。(^^;)
私は両手の小指が生まれつきかなり短くって、オクターブを押さえるのが結構辛いのです。オクターブだらけのこの曲、脱力するのが非常に難しい。

<春畑セロリ/バッハ連弾パーティー>
「ポロネーズ」(BWV1067)が大体仕上がりました。
この曲、先生にとっては「小学校の時、掃除の時間に流れてた曲」なんだそうです(^-^;
そういや、年末にディズニーランドホテルに泊まった時にも、館内に流れてたな。今さらですが、いい曲です。
次は、「バディネリ」(BWV1067)にチャレンジするか、「G線上のアリア」(BWV1068)で楽しむか。ちょっと譜読みしてみます。

|

« 「だんじり母ちゃんとあかんたれヒロコ」(コシノヒロコ・マガジンハウス) | トップページ | 「コシノ洋装店ものがたり」(小篠綾子・講談社α文庫) »

ピアノ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
大変ご無沙汰してますが、何も変わりなく元気です!

福の日、お誕生日おめでとうございますpresent
HAPPYな1年になりますように。

ピアノ、頑張ってらっしゃいますね~。私も13番大好きです!そうそう、ちょっと前のインベンションの4番についての記事に笑わせていただきましたhappy02私、4番は思い出がありまして…。2人目の先生についたときに、1発合格はあり得るのか?と実験的に1週間で暗譜して完璧に弾いたんですよ。しかし、マルはもらえず。頑張っても1発合格できないなら、それなりの練習でいいや~って思った思い出の(笑)曲です。
そして、私もオクターブつらいです!こればっかりはねぇ…。

投稿: yoshiko | 2012/02/10 10:34

>yoshikoさん
ご無沙汰してます!yoshikoさん、どうしてらっしゃるかな~と思ってました(^∇^)コメントありがとうございます!
インベンション4番をめぐる鬼気迫る攻防戦(?)…(笑)yoshikoさん、やりますねぇ( ̄ー ̄)
私の場合、大人になってからのピアノは、なにがなんでもマルをもらおう!って気持ち自体が、あんまりないって感じで(^^;「マルもらえる!?マジで?ラッキーhappy01heart04」くらいの気合いで弾いてます(*^.^*)
13番、いい曲ですよね!なんと言うか、宗教っぽい雰囲気が好きです(^^)

投稿: asapon | 2012/02/10 15:51

asaponさんへ。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。
素敵な35歳を・・・lovely

学生結婚、今更どうにもなんないけど、憧れますわ~~。
若い時は、これでいいのか・・・とどんな状況にいても思うのかも。
ナチュラルな自分を受け入れられる時って、充実してる証拠かもしれないですね。
これからのasaponさんも、とっても楽しみshine

投稿: taenee | 2012/02/11 23:18

>taeneeさん
コメントありがとうございます♪
ピアノを弾く手は脱力できないワタシですが、生活全般は脱力しっぱなしの35歳でございますσ(o・ω・o)
だんだん年をとるにつれ、足るを知るという言葉の意味がわかってきたような。。。うちは息子が妙にアグレッシブなんで、それを眺めてるだけで冒険心は満たされてしまうというか(笑)
生まれつき脱力な旦那と娘と共に、毎日を大事に過ごしていきたいと思います(●^o^●)
これからもtaeneeさんに色々教えていただきたいですheart04

投稿: asapon | 2012/02/12 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「だんじり母ちゃんとあかんたれヒロコ」(コシノヒロコ・マガジンハウス) | トップページ | 「コシノ洋装店ものがたり」(小篠綾子・講談社α文庫) »