« 当たり年 | トップページ | 2回目のファントム »

2012/03/13

「中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール」(akira・ダイヤモンド社)

「中学受験 小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子 6年生で必ず成績の上がる学び方 7つのルール」(akira・ダイヤモンド社)

タ、タイトル、長・・・・\(;゚∇゚)/
大手進学塾(N)の現役室長先生が書かれた本で、まさにタイトル通りの内容です。

優秀なお子さんをお持ちのご家庭なら、「当たり前体操」的なお話ばかりかとは思いますが、大事なことがコンパクトにまとまっていて、とてもためになりました。
いわゆるゴタゴタしているときっていうのは、「当たり前」が「当たり前」じゃないときだし。(経験済)

“7つのルール”のうち、特に、

ルール5 よくばらない!中学受験では完ぺき主義は悪

というのは、、、息子の受験を振り返っても大いに反省しないといけない点です。。。

「勉強は足し算です。テスト直しもやらないよりは1問でもやったほうがよい。勉強もたとえ3日坊主でも1日も勉強をしないよりはいい。レベルの低い話に聞こえるかもしれませんが、人間はそんなに強くできていません。1ページでも勉強できればそれはプラスと考える。そういう割り切りが勉強には必要です。」

いったん目標や理想が掲げられてしまうと、つい子供への評価が「引き算」になってしまう。。。これって子育て全般に言えることかもしれません。気をつけよ|ω・)

そう言えば、息子は、4年~5年~6年と成績自体は右肩上がりで、Yの偏差値では10近く上がりました。当初は想定していなかった難関校にも挑戦、そして玉砕しました( ̄Д ̄;;
思えば、あの成績上昇は、あくまで算数によって支えられていたバブルっぽいもので、基礎はゆるいままだったと思います。
基礎を大事にする、というのも、次の娘の受験に際してはより大事にしないといけないと感じています。

さて、その基礎ゆるゆるだった息子は、現在学年末試験の真っ最中。
入学当初は色々と心配で、カバンの底に沈んでいるプリントを一緒に発掘したりもしていましたが、今ではほぼノータッチ。自分でゲームも封印し、困ったら友達にSOSメールを送りつつ、ひとりで、普通に、試験勉強に取り組んでいます。
成長したなあ。。。と素直に嬉しいです。

娘の中学受験準備が今後どのように推移し、どのような結末を迎えるのか、まったく先は見えないけれど、これからの3年間が娘の成長につながる日々になるように、サポートしていけたらいいなと思ってます。

|

« 当たり年 | トップページ | 2回目のファントム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
なるほど、勉強は足し算なのですね~。おにいちゃん、自分でゲームも封印してテスト勉強できるなんて偉いなぁ。おにいちゃんが終わったと思ったら、今度は妹ちゃんなのですね~。親子ともども体に気を付けて頑張ってくださいね!
インフルエンザ大変でしたね~。元気になられてよかった!4歳の時に3回目のインフルエンザにかかった姪は5歳の今年は感染せず、珍しく家族皆元気でした。私、4~5年に1回は必ずかかるので、そろそろじゃないかとここ数年ひやひやしています。asaponさんは大丈夫でしたか?

投稿: yoshiko | 2012/03/15 15:31

>yoshikoさん
コメントありがとうございます☆yoshikoさんご一家はこの冬はお元気でらしたんですね。良かった良かったconfidentheart04
私は熱は出なかったけど、なんだかんだ体調が悪かったですdownインフルエンザはやっぱり怖いですよね。
勉強でもなんでも「足し算」で考えられてるときはポジティブなときかもしれません。セコイぜ野球のベイスターズも…足し算で頑張ってもらわねば!!(笑)
yoshikoさんもお身体大事になさってくださいね!(b^ー°)

投稿: asapon | 2012/03/16 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当たり年 | トップページ | 2回目のファントム »