« 夢から醒めた夢 | トップページ | 「やさしくわかる楽典」(青島広志・日本実業出版社) »

2012/09/20

嬰ト短調

今日のレッスンで、インヴェンションの2番、マルもらえましたー(^^)ワーイ!!

マル、とはいっても、「大人向けのマル」なので、「とりあえずそれなりに弾けて、それなりに曲を理解したらマル」というレベルではありますが、絶望感漂ってた譜読みの頃(゚ー゚;を思い出すと、感無量です。

この2番は、“厳格に展開されたカノン”だそうで、左手が右手を追いかけたり、右手が左手を追いかけたりしながら曲が進行します。
とにかく、横に横にメロディを追っていくのが難しくて、練習し始めたころは、「もうそこから手が全然動かない」みたいな部分もけっこうあり、ホントに大変でした。。。
なんかこの曲、読経って感じじゃない?(-_-X)
などと悪態つきながらも、どうにかこうにか練習を続けたところ、なんとか(一応)弾けるようになってとても嬉しいです(^^)


[VOON] インヴェンション2 120920_1126

↑本日録音しました。途中イップス( ̄Д ̄;;になってますが、これよりスムーズに弾けたのがなかったので、もうこれでいいや(大人だから)

さて、次に練習を始めたのが、6番です。
しかしまたこれも、強敵なようで…ダブルシャープって、なに…orz

29小節目あたりから続く、ダブルシャープの嵐。ダブルシャープ(ここではxと書きます)ということは、xファは、ソナチュラル、xドはレナチュラルなわけです。
目で見てる楽譜と、手で弾いてる位置と、耳で聴こえてる音が、一致しない( ̄◆ ̄;)これ、頭でどう歌ったらいいの?
ウーンとうなりながらよくよく楽譜を見てみると、ここから41小節までは嬰ト短調ということが分かったので、“そうだ、嬰ト短調のスケールを練習したら弾けるようになるかも!”と思い立ち、そちらを練習してみたのですが、なんとこれも全然弾けない(@Д@;

♯ソ ♯ラ シ ♯ド ♯レ ミ xファ ♯ソ

は、

♯ソ ♯ラ シ ♯ド ♯レ ミ ソ ♭ラ

に聴こえるし、

♯ソ ♯ラ シ ♯ド ♯レ ♯ミ xファ ♯ソ

は、

♯ソ ♯ラ シ ♯ド ♯レ ファ ソ ♭ラ

に聴こえるので、つい頭でそう歌ってしまい、そのうち自分がどこ弾いているかわかんなくなる。。。

先生にそう相談すると、「スケールの場合は、やっぱりファはファ、ソはソって歌わないと弾けないですよね~。曲の中なら、自分の歌いやすいように変換してもなんとかなるかもしれないですけど」とのこと。はぁ、、、左様ですか…。
たぶん、違和感に慣れるしかないのかな。楽しげな曲だから、弾けたら面白いだろうに(しくしく)気長に練習してみます。

|

« 夢から醒めた夢 | トップページ | 「やさしくわかる楽典」(青島広志・日本実業出版社) »

ピアノ」カテゴリの記事

ピアノ(録音)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢から醒めた夢 | トップページ | 「やさしくわかる楽典」(青島広志・日本実業出版社) »