« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012/10/23

総括と今後の展望

20ウン年ぶりの発表会の総括、ならびに今後のピアノレッスンの展望を。。。

【発表会について】

◎良かった点
・1つの曲を半年前から練習し続けた結果、“曲想や細かい表現に気を配って弾ける”というところまで到達することができた
・奇跡的に暗譜にも成功
・とりあえず人前で弾くには弾いたので、経験値がupした
・母へのプレゼンに成功、どうやらアップライトピアノを買ってもらえそうな予感

△反省点
・手の震えをコントロールできなかった→緊張をどう克服するか
・練習時のチカラを100とすると、本番は50も出せなかった→本番での再現率をどうやって上げていくか
・眉毛はやはりあったほうが落ち着く→今度はかきます(゚ー゚;

↓↓まとめ↓↓
来年の発表会を目指すのはもちろん、音楽教室内で行われている演奏テスト(年に数回あり)などを利用して、もっと人前で弾く機会を多くしていきたい

【今後の展望】

以下のテキストを使って、練習頑張りマス。

○ハノン
スケールやる。
○インヴェンション
発表会のどさくさに紛れて、6番が合格。弾けるうちに録音して、5番の練習を開始します。
インヴェンションはあと5曲!!
○ブルクミュラー18
発表会が終わったので、そろそろ復活させたい。2.真珠をやる予定。「ウナ コルダ」って何デスカ?
○お菓子の世界
中途半端に練習していた、16.金平糖と、7.ドロップスを仕上げたい。それが終わったら、この曲集はいったん寝かします(-.-)zZ
○ギロックベスト LEVEL 3
お菓子の世界がひと段落したら、いよいよ!!!憧れのギロックに挑戦したいです。
楽譜はもう買ってあり、譜読みだけは数曲やってみた(まだちゃんとは弾けない)

↓実は、こんな素敵な会にも入会済みなんです。

キロック友の会 

会員番号34番(^^)そろそろ活動を開始したいと思います。

さあ、いっぱい楽しむぞ!!゚.+:。(・ω・)b゚.+:。
Ts3v02370001
(旦那撮影)

| | コメント (8)

2012/10/21

魔物いろいろ

ピアノの発表会、一応、終わったーーーーヾ(;´Д`A
はーーーーー_ノフ○ グッタリ

演奏の報告をする前に。。。。
演奏する前に犯してしまった、衝撃のミスについて記録しておきます。。。

朝、会場に到着してトイレに行き、鏡の中の自分の顔を見ると、あれ、なんだか腫れぼったい。
「むくんでるのかな」と思ってよくよく自分の顔を観察すると、

わたし、眉毛かくの忘れてる!!!Σ(゚д゚;)

アイシャドウもマスカラもチークもハイライトも口紅もグロスも、がっつりやりこんできたというのに、ま、眉毛がない( Д) ゚ ゚ギャーー
こんな顔の自分、初めて見た(゚0゚)
化粧ポーチには、ファンデーションと口紅とグロスしか入ってないし・・・ダメだこりゃ・・・
もう仕方ないや、今日は「まろ」で・・・

会場についた途端に、ある意味「脱力」が完成(笑)
ああ。。。。ピアノの発表会には魔物が住んでるんだな・・・
しょっぱなから魔物による1発目の攻撃をまともにくらってしまった私でした。

さて、肝心の演奏の方ですが、こちらでも魔物による攻撃が。
舞台裏にいるときは割と元気だったのに、ピアノに向かった途端、手の震えがマグニチュード9になってしまい、鍵盤をまともに触れない。ああ~(@Д@;
スタインウェイもへったくれもなく、どうにかこうにか曲は最後の小節に到達し、出番終了。

ここで「脱力」したかったよ(;д;)
やっぱり人前で弾くって難しいんだなぁ。。。
もう魔物だらけ。。。

↓恥ずかしいけど、記録として貼っときます(いつか笑って聴ける日が来ると信じたい)
「バナナの皮の上を歩くってこんな気分なんだろうな」というのを体感したい方はドウゾーー
(娘が録音してくれました)


[VOON] 発表会_121021_1153

「人前で演奏することを楽しめる」域に達するまでには、越えなければいけない山がいくつもありそうだけど、まあ、経験値は上がりました。
旦那や娘や母も応援にきてくれたし、先生も一生懸命励ましてくださって、嬉しかったです。
たまには魔物に出会う日があってもいいのかもしれません( ^ω^ )

121021_162102

↑母が、ミキモトのシャーペン(ト音記号&パール付き)をプレゼントしてくれました。可愛い~こんなのあるんだね(゚▽゚*)大事にしよう。

| | コメント (2)

2012/10/18

天王山?

今週末はいよいよ、ピアノの発表会~~~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

今日は、本番前最後のレッスンでした。
もう、細かいところを直すというよりは、姿勢のこととか、椅子の高さの調整のこととか、トイレの場所のこととか(汗)、先生からのアドバイスはそんな内容。

↓これが今の私にできる精一杯の演奏です。
どれくらい「いつもどおり」にやれるかなぁ・・・。


[VOON] バウムクーヘン_121018_1150

なにはともあれ、せっかくいいホールでスタインウェイが弾けるんだもん、「私は今から楽しみに行くんだ」と念仏のように唱えながら、会場に向かいたいと思います(゚ー゚;

この週末は、娘のバレエの発表会に向けた照明下見(会場を使ったリハーサル)と、私のピアノの発表会というビッグイベントが重なってしまったので、なんだか濃い土日になりそうです。
もしや今年の天王山はココか?
体調と怪我だけには気を付けなくちゃ~。

| | コメント (2)

2012/10/13

オズの魔法使い

今年も、娘の通うバレエ教室の発表会が近づいてきました。
私も、衣装直しや小物作り、照明下見の準備など、ちょっと忙しい毎日です。

今年は、オズの魔法使いをテーマにしたダンスを踊る娘たち。
お教室のお友達に、「参考になるので是非(^^)」と、とても良いDVDを貸してもらいました。

オズの魔法使 特別版

アカデミー賞も受賞した有名な映画だそうですが、私は初めて観ました。
70年前に製作されたとは思えないクオリティで、すごく面白かったです。娘が踊る曲もたくさん入っていて、これが「元」だったのかぁ~と勉強になりました。

気づくと、娘が発表会の舞台に立つのも、これで6回目。
今年も楽しく元気にやり遂げられますように。

| | コメント (0)

2012/10/02

「僕はいかにして指揮者になったのか」(佐渡裕・新潮文庫)

夏にズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートを聴きに行ったとき、私は思った。

“生まれ変わったら、指揮者とつきあってみたいなあ”と(゚ー゚;

※ その時の記事はコチラ → 

ズーラシアンフィルの指揮者はオカピです(^-^;
ビジュアル的には、シロクマとかトラとかのほうが体育会系な感じでカッコイイ(?)ようにも思うのだけど、この日、舞台上で一番輝いていたのは、“足より首の方が長い!?”という勢いのオカピでした。

どうやったら指揮者と出会えるかなんて皆目わかりませんが、まあそれは来世になったら考えるとして(゚ー゚;、こんな本を読んでみました。

「僕はいかにして指揮者になったのか」(佐渡裕・新潮文庫)

あまりに面白くて一気読みしてしまいました。
佐渡さんと言えば、題名のない音楽会の司会をしていらっしゃる方。
私は、佐渡さんの大らかで情熱的な人柄にも、指揮者という普段は縁のないちょっと遠い世界にも、グイグイと引き込まれてしまいました。
なんかもう、リアルのだめカンタービレなんだなぁと。
情熱と才能と人の縁でつながっていく音楽の世界。感動しました。

「音楽おもろいで、演奏会に来てみぃひんか?」
という佐渡さんの語りかけに、
「うんうん、行きたい、行く行く!!」
と、即答しちゃう気分の今の私。
娘も一緒に聴きに行けるような演奏会を探してみようと思います。

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »