« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/24

四次元ポケット

先週の娘の運動会で、『両足首』というマイナーな場所に重傷な日焼けを負ってしまい、いまだ痛みが消えず…(。>0<。)
非常にブルーな日々を送っていますが、皆様いかがお過ごしですか…(u_u。)
私は、仕方がないので、美白サプリをバカ飲みしています。

↓コレ↓
資生堂 ピュアホワイト

さて、気づけばもう6月も末。
最近のピアノ練習記録を書いておこうと思います。

☆ピアノの練習ラジリテー
1か月で9番(ハ長調アルペジオ)マル。G先生に指示されたハードなリズム練習をがんばっていたら、楽譜指定の速度で弾けるようになってビックリw(゚o゚)wさらに、こんなお指の練習曲にも「曲としての構成」がきちんとあるということを教えていただき、とても勉強になりました。
現在、10番(イ長調スケール)練習中。
「イ長調は、『夢』を感じて弾いてください!!!」と先生。夢みたいのはヤマヤマですが、寝ぼけてもないのに黒鍵から指が落っこちます。。。あーorz

☆バッハ シンフォニア
1番練習中。初めての3声に、最初は耳も頭も指も大パニックでしたが、「そのうち慣れますよ」という先生の言葉通り、だんだん両手でつながるようになってきました。
この曲、3小節目とか、13小節目とか、すっごい綺麗でしびれます(*≧m≦*)何度も何度も思うけど、バッハって天才だな←私などに言われずとも全世界が知ってる

☆ギロック スターライト・ワルツ
10月にある発表会のお知らせが正式にきました!!なんとか最後まで止まらず弾けるようになってきたので、今年の発表会はこの曲でいきます。
「去年はもう手が震えて震えて大変で。。。まともに鍵盤を触れなかったんです」
と先生に相談したところ、こんな回答が。

「大丈夫ですよ、緊張にも対処方法はいろいろありますから!!
“舞台に上がる3時間前にバナナジュースを飲む”とか、
“直前にブドウ糖を口に入れる”とか、
“舞台裏では座らない”とか、(以下省略)」

・・・先生の引き出しは四次元ポケットなのですか( Д) ゚ ゚
もしかしたらやけどみたいな日焼けをした後の対処法もご存じなんじゃ。。。(笑)

とりあえず、発表会に向けてジューサーを買おうかと真剣に検討してます。

| | コメント (2)

2013/06/08

インヴェンション、コンプリート!!

Dsc_0097

苦節1年半、インヴェンションが15曲終わりましたーーー!!!ヤッター!!!

2番と5番では、譜読み段階で挫折しかけ…。
「大人だから」を言い訳に、テキトーな演奏でマルをもらった日もあった…。
そしてラストの12番は、G先生のレッスンがハード過ぎて、指が痩せる思いだったです…。

でも、ものすごい達成感。
一つ一つの曲をやりながら、“バッハっていいな”って何度も思いました。
指も、1年半前とは比べ物にならないくらい動くようになったし。
ソナチネ卒、ブランク20年以上のアラフォーでも、上達するんだなぁ。。。ピアノ。。。


[VOON] インヴェンション12_130607_1831

ラスボス12番を自宅で録音しました。
ところどころ指が鍵盤から落っこちてますが、チキンハートなため、もう録り直しする気力がない( ̄Д ̄;;
もうこれを私のインヴェンション卒業演奏とします。

さて、これからの計画ですが、先生と相談し、シンフォニアの1番にチャレンジすることにしました。
きたよ、3声・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
CDを聴くだけで、難易度が格段にupしたのがわかる・・・。
とってもキレイな曲だから、弾けたらきっと楽しいだろうな。1小節ずつ、譜読み頑張ってみます(^^)

| | コメント (2)

2013/06/05

初めての能・狂言

夏休みに能楽(能&狂言)を観に行くことになったので、自分の知識を確認してみた。

能・・・織田信長が、「人生五十年~~」ってやったやつだよね?と思っていたら、あれは能ではなくて幸若舞というジャンルの芸能だったみたい。入り口違い(;;;´Д`)ゝ

狂言・・・にほんごであそぼでやってた、「ややこしや~ややこしや~~」とか「でんでんむしむし、でんでんむっしむしーー!」ってあれだよね?うん、これは確かに狂言だった模様。でもそれ以上の知識は、、、(汗)狂言ってコントって聞いたことあるけどホント??

・・・引き出しカラッポじゃんか(恥)
というわけで、3冊一気読みしてみました。

「能楽入門①初めての能・狂言」(小学館)
「まんがで楽しむ能・狂言」(檜書店)
「面白いほどよくわかる能・狂言」(日本文芸社)

なんか、意外にもめちゃくちゃ面白かったw(゚o゚)w

観阿弥・世阿弥が完成させた総合芸術、能。
豊臣秀吉も、徳川綱吉も耽溺したっていう話。
幾度の危機を乗り越え、700年近くも廃れずに続いている。
沈黙にこそ意味があるとする、実に日本らしい伝統芸能だということがよくわかりました。

観に行くのが俄然楽しみになってきました(^^)ワクワク~♪

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »