« 東南アジアの現代美術 | トップページ | インヴェンション、コンプリート!! »

2013/06/05

初めての能・狂言

夏休みに能楽(能&狂言)を観に行くことになったので、自分の知識を確認してみた。

能・・・織田信長が、「人生五十年~~」ってやったやつだよね?と思っていたら、あれは能ではなくて幸若舞というジャンルの芸能だったみたい。入り口違い(;;;´Д`)ゝ

狂言・・・にほんごであそぼでやってた、「ややこしや~ややこしや~~」とか「でんでんむしむし、でんでんむっしむしーー!」ってあれだよね?うん、これは確かに狂言だった模様。でもそれ以上の知識は、、、(汗)狂言ってコントって聞いたことあるけどホント??

・・・引き出しカラッポじゃんか(恥)
というわけで、3冊一気読みしてみました。

「能楽入門①初めての能・狂言」(小学館)
「まんがで楽しむ能・狂言」(檜書店)
「面白いほどよくわかる能・狂言」(日本文芸社)

なんか、意外にもめちゃくちゃ面白かったw(゚o゚)w

観阿弥・世阿弥が完成させた総合芸術、能。
豊臣秀吉も、徳川綱吉も耽溺したっていう話。
幾度の危機を乗り越え、700年近くも廃れずに続いている。
沈黙にこそ意味があるとする、実に日本らしい伝統芸能だということがよくわかりました。

観に行くのが俄然楽しみになってきました(^^)ワクワク~♪

|

« 東南アジアの現代美術 | トップページ | インヴェンション、コンプリート!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
お能!全然わからないですcoldsweats01大昔、木原敏江さんの漫画を読んだ気がする程度…(違うかも?)。asaponさんはどんどん世界を広げられていてすごいなぁ!感想楽しみにしてまーす!
シューマン「子供の情景」全曲弾きましたよ~。やっぱり有名なトロイメライと異国よりが好きでした。たまにものすごく弾きにくいのとかありましたよ~。ルクーペは「ピアノのABC」しかやってないです。今姪がABCを弾いているのですが、曲が美しいので楽しそうに弾いています。楽譜が巨大なのがたまにきずですが…。ラジリテは難しそうですよね。フランスっぽい曲でテクニックがついたらいいなぁ。私、ブルクミュラー12番というのをやったのでした。これは題もついていなくてイマイチでしたが、当時習っていた先生は「ツェルニーよりいいでしょ!」とお気に入りでした。25番のような楽しさはありませんが。。。
そうそう、姪の誕生日祝い(本日7歳になりました!)で、今度甥と姪を連れて四季の「サウンドオブミュージック」を見に行くんですhappy02二人ともミュージカルは初なので、ちょっと心配。。。asaponさん、アドバイスあったらお願いしまーす♪

投稿: yoshiko | 2013/06/06 20:41

>yoshikoさん
コメントありがとうございます!そして姪っ子ちゃん、お誕生日おめでとうございます!!
サウンドオブミュージック、いいですね(^ー^)うちの娘が初めてミュージカルを観たのも7歳のときでしたよ(キャッツ)女の子はしっかりしてるし、きっと楽しめると思います♪ぜひ満喫してきてくださーい!
そうそう、ルクーペは、ABC→ラジリテー、ブルクは、25→18→12と難しくなっていくんですよね。
ブルク18は楽しかった♪ラジリテーはフランス風・修行って感じ?いや、これは新しい先生のレッスンのせいもあるな(汗)(今度の先生は、芸大卒で留学先のウィーンから帰国されたばかりの方なんです(;´д`)思いがけずハイレベルなレッスンを受けるはめになっとります、、、ひー(O.O;)(oo;)
yoshikoさんは本当に色々な曲集をマスターされていますよね!子供の情景も何曲かひけるようになりたいなぁ。アラフォーピアノチャレンジ、楽しみます(^ー^)♪

投稿: asapon | 2013/06/06 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東南アジアの現代美術 | トップページ | インヴェンション、コンプリート!! »