« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013/09/29

「ポプラの秋」(湯本香樹実・新潮文庫)

◆次の文章をしっかり音読してから、後の問いに答えなさい。

「私(千秋)」は、小学1年生の夏に父を亡くした。アパートの1階に住む大家さんのおばあさんは、自分には「こっち」の人から預かった手紙を、死ぬときにあの世の人に運ぶ秘密の役目があるのだと「私」に話した。その話を信じた「私」は、毎日のように死んだ父に手紙を書いておばあさんに預けるようになった。ところが、ある日のこと、おばあさんが倒れ、入院してしまった。おばあさんが死んでしまうのではないかと、「私」は心配でならなかった。

(四谷大塚 予習シリーズ 国語5年下より)

こんな説明書きで始まる読解問題を娘が解いていました。
出典は「ポプラの秋」(湯本香樹実・新潮文庫)
問題文は、「私」が、死んだ父からの電話(??)をとるシーンで終了。
・・・ええ??Σ(゚□゚(゚□゚*)この話これからどうなんの??←娘&私

「もし、あの世へ手紙を運ぶ、っていうファンタジーな設定が本当なら、死んだ父からの電話も実は本当とか??」
「これ、ホントはどんな話?」
「問題文にくりぬかれた部分だけではよくわかんないね…」
「読んでみたい!!」

というわけで、さっそく本屋さんで買ってきて、二人して一気読みしました。
すごーーーーく心にしみる、いいお話でした(p_q*)

明白に、死ぬこと、生きることをテーマにしている物語なのに、すごく自然で・・・。
普通に、自然に、「生きているっていいな」「誰かを愛するっていいな」と思えてしまう、不思議で優しいお話でした。

読解問題を見たときはなんのことやらだったけど…。読んでよかったです。
こんなに切なくて清々しい読書は久しぶりでした。この作者の本をもっと読んでみようかと思います。

| | コメント (0)

2013/09/20

録音練習開始

あれよあれよと秋の気配も深まってきた、9月下旬。
10月末にある、私のピアノの発表会が迫ってきましたΣ(゚д゚;)

大人になって2回目になる今回の発表会では、ギロックの「スターライト・ワルツ」を弾く予定です。
月2回のレッスンでも、ほとんどの時間を発表会に向けての練習に割いています。

まぁ、一応最後まで弾けることは弾ける…。
でも毎回毎回、直されること直されること…。
先生の理想は一体どこにあるんだ(@Д@;
戸惑いつつ、悩みつつ、探りつつ、練習してます。

録音練習も始めました。チキンなので、「録音してる」という状況だけで体が固まる( ̄◆ ̄;)
「自分の音を聴く」訓練に加え、緊張対策にもなってると思う、多少は。。。
(去年の発表会では手の震えが止まらなかった私。今年はどうなる(恐))

昨日は、レッスン室を借りて録音してきました。
今のところ、こんな感じに目鼻がついてます↓↓


[VOON] スターライト・ワルツ(練習)130919_1432

録音してみると、先生がおっしゃることの意味が、よくわります。
細かく色々と注意されるけれど、要は、こののぺーっとした重い演奏を、どこまで立体的にできるかってことなんだろうなぁ。
出すとこは出して、引っ込めるところは引っ込める。
外人さんのような目鼻立ちを目指して、練習頑張ります(^^)

| | コメント (2)

2013/09/18

「クローディアの秘密」(E.Lカニグズバーグ・岩波少年文庫)

前に、河合隼雄さんが著書の中でこの本のことを紹介してらしたのを読んたことがあります。
それ以来、「いつか読んでみたいなぁ」と思っていた児童文学です。

「クローディアの秘密」(E.L.カニグズバーグ・岩波少年文庫)

↑娘と一緒に読みました(^^)

娘はなんと言っても、「自分と同じ年頃の女の子が、家出する。しかも家出先(?)が美術館。」という、ハラハラドキドキな展開に興奮したようです。
私は、3人の弟がいる長女のクローディアが、家庭内で不満を募らせる様子に共感しつつ(←私も第一子なんで(゚ー゚;)、「違う自分になって帰りたい」と切望するクローディアの気持ちに懐かしさを覚えました。

別に冒険が欲しいんじゃない。成長した自分を手に入れたいという気持ち。
あったねぇ、そんな頃・・・(*v.v)。

今さら私が言うまでもないですが、10代前半の女の子にピッタリな1冊だと思います。

ちなみに、昔よく、NHKの「みんなのうた」で見た、「メトロポリタン美術館」って、この物語をモチーフに作られた曲だったんだそうですね。知らなかったw(゚o゚)w
この本を読んで以来、ついつい口ずさんじゃうヾ(´ε`*)ゝ

| | コメント (0)

2013/09/16

世界ネコ歩き

前にもここで紹介したことがありますが…。

この番組、すごーく好きです。

世界ふれあい街歩き

北欧スペシャルではもだえました(≧∇≦)

で、最近、こんな番組も見つけました。

岩合光昭の世界ネコ歩き

無類の猫好きの旦那と娘がハマってます。
動物が苦手な私も、思わずニヤニヤしちゃう猫たちの可愛さ。
NHK、やるなぁ。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »