« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/28

楽しんだもん勝ち

先週末は、母が参加しているフルートアンサンブルの演奏会を、娘と一緒に聴きに行きました(^^)

結成25年のフルートアンサンブル。
最近、介護や自身の病気などで、団員がちょっと減ってしまったようですが、平均年齢60歳とは思えないパワフルで優雅な音色を聴くことができました。
フルート9本で奏でるフィガロの結婚も、アンコールでやった、あまちゃんのテーマも良かったな(^^)♪

現メンバーの半数は音大出身らしく、いわゆる“部活出身”の母にはついていくのがなかなか大変なレベルらしいのですが、個人レッスンにも通いながら頑張っているみたいです。

身長170センチの母が、シルバーのバラをふんだんにあしらった衣装を着て舞台に出てくると、なんだかものすごいインパクトで、娘と「おぉぉ・・・」とどよめいてしまいました。
でも、もう63歳、何でもやったもん勝ちということはよくわかる(^^;)楽しそうな母の様子を見て、私も娘も嬉しかったです。

2週続けて、母(わたし)や祖母(うちの母)の舞台を見守った娘。
親子二代に渡る、「楽しんだもん勝ち精神」、ちょっと体感してもらえたかな??

| | コメント (2)

2013/10/23

撃沈、そして浮上

またダメだった…(つд⊂)エーン>発表会

緊張して手が動かず、鍵盤がまともに押さえられない・・・って去年とおんなじやんけ!!!( ゚皿゚)キーッ!!

今年は眉毛は描いたけどさ。。。(昨年の様子はコチラ
バナナジュースも飲んだし、ブドウ糖も食べたのに…(´;ω;`)ウウ・・・

もう録音を貼る気も失せる。はー┐(´-`)┌

先生→言葉を尽くして励ましてくださった
旦那→「なかなかうまくいかないもんだなーハハハ」
娘→「ママ、頑張ったね!!」
母→「(苦笑)」←この人が一番厳しい

日曜日月曜日とふてくされていましたが、火曜日にネイルサロンに行き、フットのネイルをボルドーとゴールドのギンギンギラギラにしたところ、だんだん元気になってきました。
息子(この人は現場を見てない)には、
「緊張には二通りの対処方法があるんだよ。どうやったら緊張しないで済むかかってのと、もう緊張するのが前提で、緊張しながらどう行動するかってのと。俺もバッターボックスに入る時は(以下略)」
と言われ、ちょっとハッとしました。
私は、緊張する「前」の準備ばっかりだったなと。緊張ありきでの対策が足りなかったかも。

なので、今後の方針はこんな感じにします。

①場数を踏むために、ピアノサークルに入ることを検討する→とにかく人前で演奏する機会を増やす
②発表会で弾く曲は、なるべくスローなテンポのものにする。出だしだけでもスローな方が良い→出だしを異常な速さで弾いてしまい、より失敗が深まった今回の反省

やっぱりピアノは楽しいから、これからも楽しんで弾いて頑張って聴いてもらうことにします(^^)バッハのフランス組曲(5番)と、シューマンの「子供の情景」、がんばろー(○゚ε゚○)

| | コメント (2)

2013/10/17

全然うまくならない曲

今週末は、いよいよ私のピアノの発表会\(;゚∇゚)/
今年こそは、楽しく弾けるといいんだけど。。。ムー((・(ェ)・;))

今日のレッスンでは、スターライト・ワルツの仕上げと共に、「全く上手にならない曲」としてレッスンのお荷物になっていた、シンフォニアの15番をみていただきました。で、一応マルに。
ああ、大人でよかったよ(;д;)←子どもだったらいつまでやらされていたことか

15番は、シンフォニアの中では一番難易度が低い曲らしく、確かに、3声というよりは2声に近くて、譜読みはかなり簡単でした。

が、指が回らない・・・orz

発表会の曲の練習にかこつけて、弾くのを後回しにしていたら、さらに指が動かなくなってしまい、とうとう「全然うまくならない曲」に昇格。本当はとてもいい曲なのに(涙)うぅ。。

本来はもっとすごく速い曲です・・・が、これが私の限界(汗)↓


[VOON] シンフォニア15_131010_1230

シンフォニアに色々と限界を感じてしまったため、発表会が終わったら、バッハはフランス組曲をみていただくことにしました。
2年前、ピアノを再開して、一番最初に弾きたいと思ったフランス組曲の5番(^^)
満を持してチャレンジします!!

| | コメント (0)

劇団四季「ウィキッド」

劇団四季「ウィキッド」

久しぶりのミュージカル鑑賞は、ウィキッド。初めての観劇です(^^)

めちゃくちゃ面白かった!!
特にストーリー。歌やダンスや舞台装置も素晴らしいのだけど、このミュージカルの一番の面白さは、ストーリーにあると思いました。

ウィキッドは、童話「オズの魔法使い」の“エピソード0”とも位置付けられる物語。
特に後半は、“最後の1巻で次々と伏線が回収される漫画”のようにスリリングな展開で、ラストのどんでん返しにも本当に驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ!

香山リカさんは、この物語を、「女の子の成長物語」と表現されていましたが、そうだなとも思います。
美人で愛されキャラ、ちょっと頭が弱そうで、イケメン大好きなグリンダが、国を背負って立つ堂々たる女性に。
親にさえ疎まれる緑の肌を持ち、気難しく真面目で、天才的な魔法の力を持つエルファバが、愛を貫く道を選択。
ウィキッドは、良くも悪くも「女の話」。女の道は一本道じゃないのだよね~と、妙に納得しました。娘と一緒に観られて、良かったかも(^^)

久しぶりにミュージカルを観たら、異空間でストレス発散、本当に楽しかったです。
冬休みに、また何か観に行こうと計画しています。

| | コメント (0)

2013/10/10

小池

↑泣いた(/□≦、)

隣にいた反抗期の息子も、
「小池~~~~!!小池~~~~~~!!」
と叫びながら涙ぐんでたo(;△;)o

息子「明日は絶対、(野球部)全員、小池の真似するわ。泣きながらフルスイング!!入ったーーー!!ホームラーーーーン!!」

私「・・・『ちゃんと球見ろー(怒)』って言われるよ(汗)」

**********

なんだかんだで今年のペナントレースも終了しました(←ベイスターズは)
6年ぶりに最下位脱出、途中まではCS進出争いにもちょっとからんでたし、ブランコもタイトル取って、昨年までよりは、夢のあるシーズンだったんじゃないかな。
普段は会話不全な中3の息子とも、プロ野球の話題では盛り上がるので、そういう意味でもベイスターズは我が家に夢(?)を与えていました(゚ー゚;

スカパーのプロ野球パックも解約してしまい、なんか一気に秋が深まった感じ。はぁ~。
これからは、ドラフトと、CS初進出のカープの応援かなー、、、、。
桐光の松井君はなんとしてでも欲しい!!中畑さんのくじ運に超絶期待してます。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »