« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/22

シューマンを人前で弾く!!

youtubeにupしました(^^)

シューマン 子供の情景 4.おねだりする子供

シューマン 子供の情景 7.夢(トロイメライ)

シフのリサイタルに行ったら、なんだかハートに火がついて、勢いで2曲録画してしまいました(^^;
が、「おねだりする子供」の方は、ppのところがちょっと・・・。全然ppに聴こえない。
ソフトペダルも使ってるんだけど、アップライトってあんまり効かないしなぁ。。。

ワタシ的には、
pの部分→ねーー!!ママーー!ママーー!!
ppの部分→だって~~ママ~~~ママ~~~~(汗)
という気分で弾いていますので、脳内で補完してください。

そしてトロイメライの方は、5月のサークルの発表会で弾くことにしました!!
↓今後のピアノスケジュールを、覚書。

◎5月 ピアノサークルの発表会(持ち時間:7分×2)
≪曲目(予定)≫
第1部 シューマン 子供の情景から3曲(1、2、7)
第2部 ギロック スターライト・ワルツ、セレナーデの2曲
    
 

◎10月 ピアノ教室の発表会(持ち時間:4分)
≪曲目未定≫

サークルの発表会では、綺麗なホールで、リハーサルまでできるとのことで、練習会のつもりで頑張りたいと思ってます。去年、ピアノ教室の発表会でボロボロだったギロックもリベンジ予定。
10月は何を弾こうかな。新しく弾いてみたい曲もいろいろあるんだけど、5月の手ごたえ次第では、またシューマンを弾こうかとも思ってます。

しかし、シューマン難しいんだよね。。。ヘタなのがヘタに聴こえるし。
特に2番の「珍しいお話」が、一向に上達しないのですが(汗)一体どうしたら?
とりあえず、youtubeでupするのを目標に、練習頑張ります。

| | コメント (0)

アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル

ただ今、フランス組曲(5番)を絶賛練習中なのですが・・・。
よく聴いているCDがこちら。

バッハ:フランス組曲(全曲)~シフ(アンドラーシュ)

シフのフランス組曲は、子どもの頃に聴いたグールドのとは全然違って、ロマンティックで綺麗。のだめに「まんまるの音の粒」という表現が出てくるけど、そんな感じかも。
お気に入りの1枚です。

で、そのシフが、横浜でリサイタルをする、ということで、行ってきました(^^)/

アンドラーシュ・シフ ピアノリサイタル
2014年3月21日(祝)15時開演
神奈川県立音楽堂

<プログラム>
メンデルスゾーン: 厳格な変奏曲 ニ短調op.54
シューマン:ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調op.11 
メンデルスゾーン:幻想曲op.28
シューマン:交響的練習曲op.13 (1852年改訂版)

残念ながら、バッハじゃなかったのだけど、とても良かったです。
特にメンデルスゾーン。メンデルスゾーンって、シューマンと比べると、どこかダサい?というか、制服ブカブカの中学生男子?みたいな曲もあるっていうか(汗)、そんな印象を持っていました。
でも、昨日聴いたこの2曲は素晴らしくカッコよかったです。モテモテの野球部のエースとバリバリ頭のいい生徒会長が出てきたって感じ(^^)

そして、お楽しみのアンコールでは、こんな曲を聴くことができました↓

Photo

イタコンキターーーーー!!!
しかも大好きな3楽章!!
渾身のメロディーが、今ここで奏でられている音だと思うと、感激して涙が出ました。

シフは御年60だそうです。人って60歳になってもあんなにめちゃくちゃ素敵にピアノ弾けるんだなぁ。。。単純にそこにも感動。
80歳でエベレストに登る人だっているんだから、当然なのか?いや当然じゃないのか??
自分が60歳になった時には、どんな風になってるんだろうと思います。

昨日は、巨匠の風格、洗練された音楽と空間を、存分に楽しむことができた1日でした。
いや~満足満足(*^^*)

| | コメント (0)

2014/03/09

チェンバロ体験&コンサートの会

昨日は、アンダンテさん主催の、チェンバロ体験&コンサートの会に、娘と二人で参加してきました(^^)/

湘南新宿ラインに、文字通り、湘南から新宿まで乗り・・・。
いざ、人生初のチェンバロタッチ!!

しかも、この会は、ただ体験するだけではなく・・・。

①現役芸大生のゆかりちゃん(チェンバロ専攻)のアドバイスを受けながら、チェンバロ体験
②参加者によるミニ発表会
③ゆかりちゃんのチェンバロコンサート(リコーダーとのデュオ、楽曲の解説もあり)

という豪華3本立てプログラムで、楽しい上に、非常に勉強になりました。

続きを読む "チェンバロ体験&コンサートの会"

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »