« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/27

自分に期待

ピアノサークルの発表会まで、あと2週間。
昨日は、いつもの練習室で、通しでのリハーサルがありました(^^)。

大人になってから出た発表会の類では、とにかく手の震えを止められず、まともに鍵盤に触れたことがない私・・・。2戦2敗の全敗。。。

とにかくそのチキンなメンタルをなんとかするべく、昨年末にサークルに入ったところ、徐々に徐々に緊張し「過ぎる」状態は緩和されてきました。

そして昨日。
いつもとは違う、シーンとした空気の中で坦々と進むリハーサル。
最初はあり得ない量の手汗に、のどもカラカラでしたが、

ナント!!手が(ほとんど)震えず弾ききれた!!!
これは!!今回は自分に期待してもいいんじゃなかろうか??!

とても嬉しかったので、旦那にも娘にも息子にも「今回はママはイケるかもしれない」とふれまわり、すっかり勝った気でいますが、そういう油断がイカンのだよね(戒)
本番前に15分、舞台でピアノを弾くことができるので、その時にまた自分と戦うことになりそうです。

シューマン 子供の情景 2.珍しいお話 (youtubeにリンクしています)

↑山場になるのはどう考えてもこの曲。(ヘタ・・・でもこれが限界)
この曲さえどうにか弾き終われば、その後は何とかなる予感が。
あと2週間、練習頑張ろう(^^)

| | コメント (0)

2014/04/22

用具係

入来・・・。
泣ける、そして笑える。

SUNTORY BOSS レインボーマウンテンブレンド CM動画

宇宙人ジョーンズもベイスターズジャンパー着てる…。

さあ、今日から巨人戦!!
ゴウくんやノリさん、モスコーソの活躍もあり、ようやく泥沼6連敗から脱出。
ガンバレ!!

| | コメント (2)

2014/04/14

はまれぽ.com

あ~~、久しぶりに風邪ひいた・・・。
のど痛い、節々痛い、咳出る。。。
でも春は、子ども関係の用事が多くて、どうにもこうにもせわしない。。。

そんな日々の中、移動中や休憩中に、癒し&暇つぶしとしてよく見ているサイトがコチラです。

はまれぽ.com

最近面白いと感じたのは、京急富岡駅の変遷が分かる、この記事。

横浜に湘南?場所を転々とした不思議な元「湘南富岡駅」、「京急富岡駅」の歴史を教えて!

昔、旦那がこの駅の近くに住んでいたのだけど、まさか富岡が海水浴客のために作られた駅だったとはつゆ知らず。っていうか、もはや海はどこに…?

他には、

「横浜駅で終電を逃した!どこまでなら始発を待つより歩いたほうが早い?」シリーズ

みたいな根性系記事も好きだし、

JR桜木町駅周辺に存在した幻の島「姥島」って!?

みたいな古地図系記事も好きです。
結婚して横浜市民になった身としては、とても勉強になります。

あ~~、なにはともあれまずは、風邪治さないとなぁ…。
どうしても外せない用事がある時は、これ飲んでます。→バファリンかぜEX
この薬は、「治す」というより、「感じなくさせる」のに絶大な効果があり、痛みともだるさとも、効いている間はキレイさっぱりおさらばできます。
麻酔みたいなもんだな(汗)

| | コメント (0)

2014/04/07

高校生の母

今日は、息子の高校の入学式でした。

とは言っても、中高一貫校のため、2週間前に同じ場所で中学卒業式をやったばかりという(汗)
春休みはほとんど毎日部活に行っていたし、変化と言えば学ランのボタンを取り換えたくらいで、節目感はほぼゼロです。

本人も、「まぁ、中学4年生みたいなもんだべ」なんて言ってるし。。。
何言ってんの、こっちはもう、キミに教育を受けさせる義務はなくなったんです。ここからは何でも自己責任でやっていってちょうだい。お母さんは、キミの留年回避と卒業達成をお星さまにお祈りしておきます。

私の方も、もうすでに高校野球部のサポート活動が始まっていることもあり、なんだかいつの間にか高校生の母になっていた、という感じです。
この春休みは、春の県大会の応援に行ったり、夏の大会のための千羽鶴を折ったりしてました。
高校野球は親のサポートがなかなか大変と聞くけど、まぁ息子が野球を頑張っているうちは、私もやれるだけやってみようと思っています。

それに、もう正直、「息子のことをこんなに知らなくて大丈夫?」な生活なので、野球は唯一の明るい接点といっても過言じゃありません。
15年前、息子を産んだのは確かに私だし、授乳のときも、トイレトレーニングのときも、幼稚園の送り迎えのときも、少年野球やってるときも、運動会のときも、中学受験のときも、いつも彼とは一緒にいたはずなのだけれど、この数年で息子は遥か彼方の銀河系に行ってしまったように感じています。
もしかしたら、この高校野球が、最後の「子育てらしい子育て」になるのかもしれないなぁ。いや、そうあって欲しいです。

息子が社会に貢献できる、自立した大人へ成長していけますように。
きっと道はまっすぐでも平坦でもないんだろうけど、親として見守り続けていこうと覚悟しています。

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »