« サークル発表会終了 | トップページ | バッハ2曲録音 »

2014/05/23

10月に向けて

サークルの発表会が終了し…。
アラフォーピアノライフも通常営業に。

昨日のレッスンでは、まず、G先生に「手が震えなかった」喜びの報告をしました。

先生「良かったですねーー!!何が成功の元になったんでしょうか??」
私「リハーサルがあったのも大きかったかもしれません。出演者が大人だけ、っていうのもリラックスできました。」

もう、シューマンなんて会心の出来でしたよ(←盛る)、でも母にはお辞儀を怒られました、などなど、おしゃべりは尽きず。

先生「ホールに響く自分が奏でるピアノの音を楽しめるようになったら、ひとつ階段を上ったと言えますね(^^)ホントに良かったですネ」

はい(^^)人生下り坂最高!!なんて思ってましたが、たまには上るのもいいもんです。

さて、次は10月にある、ピアノ教室の発表会。お世話になっているG先生のためにも、自分のためにも、ここは再び楽しみたいところ。

曲はどうしますか?と聞かれ、『前に先生にオススメしていただいたことがある、バルトークを考えています』と告白。

私「バルトークの『ルーマニア民俗舞曲』にチャレンジしたいんですけど、、、」

こんな曲→youtubeへ

この曲にはオーケストラ編曲、吹奏楽編曲のバージョンもあり、すごくカッコ良くて大好きなのです(*^^*)

☆オーケストラ版→youtubeへ
☆吹奏楽版→youtubeへ

まだ1曲目の「棒踊り」をえっちらほっちら譜読みしているところではありますが、さわりだけ少し弾いて、先生にアドバイスをもらいました。

先生「ああ!よく音源を聴いてらっしゃるんですね。バルトークはそんな感じ大丈夫です。
土(つち)臭く!!綺麗なだけが音楽じゃない!!!そういう風に弾いてください。」

先生「バルトークと言えば、ランランの弾くソナタは最高にカッコイイですよ。もう楽譜とか見ちゃってるんですけど、めちゃくちゃかっこよくて、『ピアニストは顔じゃない!』とわかりますよ。」

・・・なんか突っ込みどころ満載の先生のコメントなんですが、先生の言うランランの演奏というのはたぶんこれ→youtubeへ
確かにすごい。顔の件はともかく(汗)、ピアノって打楽器なんですねと驚嘆しました(@_@)

というわけで、バルトーク、チャレンジしてみます(^^)頑張るぞー!

♪練習中の曲♪
・ラジリテー23番 (挫折の予感)
・バッハ フランス組曲5番 ブーレ(迷走中) ルール(シフの演奏は参考にならない?)
・シューマン 子供の情景より 眠る子供(すごく綺麗な曲) 詩人のお話(譜読みはカンタン)
・バルトーク ルーマニア民俗舞曲より 棒踊り(ムズ・・・) 帯踊り(楽譜は白いのに…)

|

« サークル発表会終了 | トップページ | バッハ2曲録音 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

asaponさん、こんにちは♪
すごーい、バルトークに挑戦されるんですね!素敵shine難しそうだけどカッコいい曲ですね。暗譜大変そうですが頑張ってください!スタインウェイで発表会なんて憧れますheart04私、バルトークは大学生の頃にピアノの授業で弾いたっきりです。難しかった…。
お子様はバウムクーヘンを弾かれるんですね。レッスン開始は遅めだった気がするのに、もうバウムクーヘンなんてすごいなぁ!こちらも楽しみですね。
フランス組曲、やり直したいなぁと思いつつ、現在はシンフォニアをおさらい中です。ウェーバージンケのCDを聴いてます(シフのは図書館で借りたので、ウェーバージンケを購入(^_^;)。姪にバッハにすんなり入ってほしくて(まだまだ先ですが)、プレインベンション等研究中なのです。バロックは奥が深い…。子どもの頃に出会いたかった素敵な曲もたくさんあって飽きません!
「詩人のお話」は中間部をどうやって弾けばいいのかしら、と悩んだ記憶があります。そうそう、子供の情景は大昔に買ったアシュケナージさんのCDを聴いてます。
ステップ、姪はグルリットとブルクミュラーを弾きました。初めてだったので短くて暗譜が絶対大丈夫そうな曲を選んだのですが、2小節すっ飛ばしたという…(^_^;

投稿: yoshiko | 2014/05/25 10:37

>yoshikoさん
コメントありがとうございます!
グルリット、可愛らしい曲が多いですよね♪その二小節はきっといらない部分だったんですよ(笑)
うちの娘のバウムクーヘンはどうなるやら、、、とにかく練習する時間がなくてピンチです。
あっ、私も、インヴェンションとシンフォニアはウェーバージンケのCD聴いてます!キレイですよね(^ー^)
シフは大体どの曲も速い、、、のかも。素人が参考にしても届かなさすぎる(-_-;)
バルトークは何を弾かれました??小学生→ルーマニア民俗舞曲、ミクロコスモス、ソナチネ、音大生→組曲、プロ→ソナタってのがよくあるパターンだそうです。
楽譜は割と白くて簡単そうなのに(シューマン比)、ノリが難しくてついていけない。。。左手も飛ぶし(涙)
とりあえず頑張ってみますー。。。
詩人のお話、中間部は「眠る子供を見守る親の心境」らしいですね。なんかわかる(*^^*)私なりに弾けるようになりたいです!

投稿: asapon | 2014/05/25 15:34

>yoshikoさん
↑あわわ、「眠る子供を見守る」中間部は、「眠る子供」のことでした(汗
「詩人のお話」の中間部はあの即興っぽいところですね!私もあそこはどのくらい酔いしれるか悩みどころです(^^;
レッスンでしっかり教わってこようと思います(^ー^)

投稿: asapon | 2014/05/26 08:49

asaponさん、こんにちは♪
あ、そうだったんですね(^O^)わざわざご丁寧に!詩人のお話の中間部、高校生の私は酔えませんでした…sweat01
バルトーク、多分「こどものために」の中の曲だったと思います。だからそんなに難しいわけないんですけど、難しかった…。現代に疎くてバルトークの名前さえ知らず、「この変な音で合ってるの?」とぶつぶつ言いながら弾いた覚えが…(^_^;平たく言えば、昔も今も、私にはバルトークを弾くセンスがありません!カッコよさはわかるんだけど、弾けません(;_;)…となると、ブルクミュラーとかソナチネで育った弊害なのかしら、と思い、せめて姪にはカバレフスキーくらいは弾かせておかないといけないかなぁと思いつつ、、、。
asaponさんもウェーバージンケのCD聴かれてるんだ♪なんだか嬉しいです(^O^)上手ですよね、ほんと。そしていまさらですが、シフのコンサートに行かれたんですね~。いいなぁ~~~♪イタリアコンチェルト大好き!

投稿: yoshiko | 2014/06/06 09:45

>yoshikoさん
こんばんは!!バルトークは、ほんと、「なんだこの音、、、音痴なのか?」みたいなところがそこかしこにありますよね(-_-;)
逆に言えば、間違えてもわかんないかも!??(よこしまなこころ)私の場合、むしろモーツァルトなんて絶対人前じゃ弾けません!間違えたらバリバリ残念ですもんね。。。
ルーマニア民俗舞曲、4曲目まで譜読み終了、今5曲目と格闘中です。シューマンが一息ついたら、先生に見てもらおうと思ってまーす(^ー^)
詩人のお話の中間部は、先生曰く、「出す音とひっこめる音を決めちゃったらどうですか?」。
お手本もやってくださって、「ほほー」とは思ったものの、再現実験がうまくいかない(;´д`)
「ここはもう、『神経』の問題です。」とも言われ、、、難しいですね。
シフ、良かったですよー!!楽しき農夫なんかも弾いてくれちゃって、面白かったです♪
姪っ子ちゃんもピアノを順調に楽しまれてるんですね!カバレフスキーかぁー(^ー^)そう言えばプロコフィエフにも子ども向けの曲集があると最近知りました。
ブルク、ソナチネ以外の世界を、子どものうちにもっと知りたかったなと思います(^^)

投稿: asapon | 2014/06/06 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サークル発表会終了 | トップページ | バッハ2曲録音 »