ピアノ(録音)

2015/07/09

ピアノ活動記録

ヒャー!!
気付いたら2015年も半分以上が終わってしまい・・・。
ブログも半年近く放置(汗)
facebookが便利というのもあるけど・・・すみません、お久しぶりです。

でも、「長い独り言をブツブツ言いたくなったとき」は、やっぱりブログが一番かなと。
引き続きこちらも気が向いたときにupしていこうと思うので、よろしくお願いします。

さて、今日は動画を。
この半年つらつら弾いてきた曲を(弾けるうちに)録音しておかねばと慌てて一気に4曲録りました。

ベートーヴェン ピアノソナタop27-2 「月光」 第2楽章
メンデルスゾーン 無言歌集より ベニスのゴンドラの歌 op.30-6
メンデルスゾーン 無言歌集より ベニスのゴンドラの歌 op.19-6
湯山昭 お菓子の世界より マロン・グラッセ

(すべてyoutubeへ)

※メンデルスゾーンの出来栄えが酷いですが…。まあいいや、生まれて初めてメンデルスゾーンを弾いたことに意味があるということで(^^;

4月にピアノ教室を変わり、大人になってからは3人目の先生にお世話になっています。
今度のS先生は、いわゆる『町のベテラン先生』。指導歴25年の女性の方です。
先生のお宅のピアノがなんとベヒシュタインだった!というのに惹かれて習い始めたのですが、今までの先生とはまた一味違う、とにかく「教えることが上手」な先生のレッスンに、毎回「ほー」とうなっています。

ピアノがベヒシュタインというのもあり、どんなタッチをするかでまるで音が変わってしまうため、レッスンでは「どうやって身体を使うか」「どんな風に鍵盤に触れるか」ということも詳しく教えていただけます。
頑丈なヤマハとは勝手がかなり違うし、そもそもタッチなんて適当にやってきたもんだから、毎度四苦八苦。はー、勉強になるわ・・・。

先月末には、こちらのお教室の発表会にも参加させてもらいました。
私は、半年練習してきた月光の1、2楽章を弾きました(3楽章はフレッシュな女子高生が私の後にバリバリ弾いてくれました)。
アットホームな雰囲気だけど、大人も子供もしっかり真面目に曲を仕上げてきたことがよくわかる発表会で、先生のお人柄がちょっとわかったような気がしました。
先生の演奏もあり、情熱的なショパンとか今年生誕150周年のシベリウスとか、良かった~(^^)

シベリウスは弾くなら今年よ!!と言われ、私もチャレンジしてみようかと考え中です。
素敵な小品がたくさんあるし♪冬(←シベリウスだから)に弾けるようになるためには、今から練習せねば(^^;

♪練習中の曲♪
・湯山昭 ホット・ケーキ(ジャズ!!)
・バッハ イタリア協奏曲 第2楽章(梅雨時にピッタリ)
・ハノン (アルペジオのところを…しかしサボり気味)

| | コメント (2)

2015/02/25

ためになるレッスン

娘の受験前にマルをもらった、シンフォニアの8番を録音。
早くやらないと弾けなくなるーーー(汗)

J.S.バッハ シンフォニア 第8番 ヘ長調 (→Youtubeへ)

G先生の講評は、
「チェンバロやオルガンで弾くなら、こんな感じでいいと思います。でも、ピアノなので…。できればもっと声部ごとに音色を変えられるようになるといいですよね。そのためにも、他の楽器で演奏されているバッハをもっと聴くようにしたらいいと思いますよ。弦楽とか、フルートとか・・・。」
↑こんな感じでした。

確かに、ツェルニー30中退のおばさんが、ここから弾く技術が飛躍的に向上する。。。というのは期待薄なわけで、でも3声だって弾いてみたい、やっぱりバッハ好きなんで、となると、もっともっと「聴く」ことに注力するのもありかもなぁと思っています。
レッスン中にも、「そこはバイオリンが弓を返すイメージで!」「フルートとファゴットが掛け合いをやっている感じに!」なんてよく注意されるんですが、どう「歌う」か、想像力を働かせやすくなるのでとてもためになっています。

そんなためになるレッスンをしてくださっていたG先生、春からは大学の講師のお仕事や演奏活動を優先するため、音楽教室の方はおやめになるとのこと。
ええ~~っ、超残念~~。。。

芸大卒で、様々なコンクールで輝かしい成績を残し、つい先日オーストリアから帰国したばかり・・・というG先生に出会ったのは2年前でした。
和風スッキリ美人な見た目とは裏腹に、キレキレの毒舌でピアニストや作曲家を一刀両断する男前っぷりが大好きでした(笑)
こんなおばさんにもビシビシレッスンしてくださって本当にありがたかったです。
来月の最後のレッスンでは、先生とバッハを連弾することになっていて、今からめちゃくちゃ楽しみ♪
これからも先生のリサイタルやコンサートにはぜひ伺おうと思っています。

そんなわけで、今、次の先生をどうしようか考え中です。
音楽教室でも他の先生を紹介してくださるのだけど、せっかくなのであちこち思い当たるお教室を体験してみようかなと。
いい出会いがありますように(^^)

| | コメント (4)

2015/01/03

弾き初め 2015

皆様あけましておめでとうございます。
今年も健康で充実した1年になりますように(^^)どうぞよろしくお願いいたします。

この3年はスキー場で年越しをしていたのですが、今年は娘が受験生、元旦も普通に塾があるので、久しぶりに自宅で年越しをしました。
おうちで年越しそば、おうちでおせち、おうちでお雑煮、おうちでかにしゃぶ…っていうのも悪くない(^^)
・・・片付けは面倒だけど。主婦の本音・・・

さて、娘が正月特訓でバリバリ問題を解いている頃、私は昨年練習していたベー様を記念に録音しました。

ベートーヴェン ピアノソナタ 20番 op.49-2 第1楽章
ベートーヴェン ピアノソナタ 20番 op.49-2 第2楽章

実はこの曲は、小6のとき、ピアノを辞める直前にレッスンしてもらっていた曲なんです。
しかもマルをもらえずレッスンが終了したという。。。
今回、25年ぶりのチャレンジとなりました。

G先生には、「もっと軽く!!鍵盤から離れて弾いて!!」と何度も注意されました。
ベートーヴェンがまだ若い時に作ったピュアな作品だから、深刻に重く弾いてはダメだと(汗)
もう真っ白だったあの頃の私には戻れません…先生…!!

音が少ない分、ごまかしがきかず難しかったけど、いい勉強になりました。
25年越しでマルももらえて、良かった良かった(^^)

来週からはいよいよ、娘の1月入試、本番が始まります。
2月入試の願書提出等も抜かりなくやらなくては・・・。
かなり忙しくなってしまうため、1~3月はレッスンを月イチにしていただくことにしました。
ピアノサークルにも顔を出せるか微妙ですが、ちょっとずつでもピアノに向かえたらいいなぁと思います。

私にとっては4年ぶりの(子供の)中学受験…。はぁ~、いよいよ来てしまったよ、この時が・・・。
大丈夫、きっと娘ならうまくやる、必ずうまくいく、と信じて、サポートしていきます。

| | コメント (4)

2014/12/01

R-1と月光ソナタ

気が付いたら今年のカレンダーもあと1枚。
インフルエンザの噂もちらほら聞こえてきて、受験生のいる我が家では気が気ではありません。
そこで11月からは、インフルエンザ予防に効くという噂のR-1ヨーグルトを牛乳屋さんに宅配してもらうようになりました。

明治の宅配

市販のものと値段はほとんど変わらないのに、売り切れなしで玄関先まで届けてもらえる気軽さ。もともと乳製品が好きなのもあって、毎日おいしく飲んでます(←私と娘が。旦那と息子は牛乳と乳酸菌青汁を注文してます。ビンの牛乳ってなんであんなに美味しいのか?)。
お財布には厳しいですが、これでインフルエンザにかからず受験当日を迎えられるんなら安いもんだ!!
2月の入試本番まであと62日。親子で頑張り抜けますように。

さて、そんなわけで、受験に向けての準備もあれやこれやと佳境を迎えており、ピアノにぜーんぜん触れない日もちらほら。
でも、前から練習していた「月光」第一楽章は、一応レッスンでマルに。ピアノサークルでも1回弾きました(^^)

ルービンシュタインの演奏とは1億光年くらいかけ離れた演奏ではありますが、記念に録音。

ベートーヴェン ピアノソナタop.27-2 「月光」 第一楽章 (→youtubeへ)

この曲については、G先生にも色々教えていただきましたが、ピアノサークルの皆さんにもたくさんのアドバイスをいただきました。
そもそも、この曲を練習し始めたきっかけというのが、ピアノサークルで「asaponさんは音が重いから、ベー様やってみたら?月光とかどう?」と声をかけられたことだったのです。

横山幸雄教授による ベートーヴェンソナタを弾こう

↑こんなチョー勉強になる動画も教えていただきました。
(ちなみに横山教授は辻井くんの師匠で有名な方です。)

音源の聴き比べもしたし、曲の仕上がりはともかく、私にはとてもいい勉強になって楽しかったです(^^)
できれば第2楽章も練習したいなぁ~~。「月光」では2楽章が一番良い曲な気もする。
ぼちぼち頑張ります。

♪練習中の曲♪
・ベートーヴェン ピアノソナタop.49-2(2回レッスンで見てもらいました。これもピアノサークルで弾いてみたい)
・バッハ シンフォニア8番(前半部分はどうにか両手で弾けるように。後半がーー(泣))
・モシュコフスキー 20の練習曲 2番(メトロノームに合わせてリズム練習中。アルペジオがツライ)
・ベートーヴェン ピアノソナタop.27-2 「月光」第2楽章(譜読みしたい!!が、ほとんど手つかず。来年のお楽しみか?)

| | コメント (2)

2014/10/22

バルトーク ルーマニア民俗舞曲

こ、今週末はピアノ教室の発表会・・・。
慌てて録音練習に励んでいます。。。

バルトーク ルーマニア民俗舞曲 (→youtubeへ)

キレが足りん。
最初の「棒踊り」をしくじると、もうどうにも立て直せない。
最後の「速くて細かいステップの踊り」を弾くころには必ず疲れてる。

・・・出番の直前にドリンク剤でドーピングするか。。。?(ピアノサークルの発表会で使った手)

ピアノ教室の発表会も、今年で3回目になります。
これまでの2回は、2回ともが『手が震えて震えて演奏どころじゃない』という有様で、自分にガッカリ、しょんぼりと家路についたのでしたが、今年はどうなるだろう・・・。
ピアノサークルに参加するようになって、多少はチキンハートが改善されたと思ってるんだけど。ウーーン(*_*)

元気に弾いて元気に帰ってくる!!それが今回の目標です!!(^^)/

| | コメント (2)

2014/09/18

フランス組曲5番、コンプリート!!

ヤッターー!!マルもらえたーーー(ToT)!!

J.S.バッハ フランス組曲 5番 7.ジーク (→youtubeへ)

大変だった~難しかった~、
最初は片手ずつでも弾けなくて、どうなるかと思った~(涙)

今日のレッスンでは、G先生から、
「よく頑張りましたね!ワインが熟成して味が濃くなった、って感じに仕上がりましたね!」
と、身に余るコメントをいただき、感無量。
なんとか飲んでもお腹を下さない範囲には変化したかな(ホッ)。
しかし、チキンハートは相変わらずなので、録画しようとしただけでしどろもどろになり、↑の動画もアレコレ鍵盤を外してますが、もういいです。止まらず弾けただけで満足です(逃)

これで、フランス組曲5番は全曲コンプリート!!
3年前ピアノを再開した時に、一番弾きたいと思ったのがこの5番だったのです。
その時は楽譜を読むこともままならなかったことを思えば、この3年で、私なりには成長した!!ウレシー(^^)ワーイ♪

しかし、バッハは変わらず好きなんだけど、変わらず上手くはならないので(汗)、これからまたシンフォニアに戻ろうと思います。。。
(2曲だけやって放置してたシンフォニア・・・)
バッハ修行はまだまだ続く。。。

♪練習中の曲♪
・モシュコフスキー 20の練習曲 →鬼リズム練習の末、1番マル。2番放置中
・バルトーク ルーマニア民俗舞曲 →来月発表会。ヒー(>_<)
・ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」第1楽章 ←new!!
 →いろいろあって練習中。ソドミソドミ、、、、、

| | コメント (2)

2014/08/06

パイプオルガン体験

気が付いたら8月!!!
暑い、早い、慌ただしい。

Facebookを始めてから、こちらはちょっとおサボり気味ですが、元気にやっています(^^)
この夏は、『高校球児の母』かつ『中学受験生の母』であるため、朝からおにぎりばっかり握る毎日です。
・・・おにぎりは究極のファストフードである(-_-)

Dsc_0199

さて、ちょっと近況報告&動画公開を。

今日は、横浜みなとみらいホールで開催された、
横浜銀行Presents こども未来ミュージック・プログラム
『パイプオルガンを弾いてみよう!』

というイベントに、娘が参加しました。

昨年も応募したのですが、抽選でハズレ(汗)
あのみなとみらいホールのパイプオルガンを触れるイベントだもんなぁ、やっぱり人気なんだろうなぁ、と思いつつ、今年もダメ元で申し込んでみたところ、ラッキーなことに当選しました(*^^*)

J.S.バッハ ポロネーズ BWV Anh.119 →youtubeにリンクしています

↑娘の演奏動画です。
プロのオルガニストの方々に指導を受けつつ、様々な音色でバッハのポロネーズを弾かせてもらいました。
upしたのは、一番豪華な音色のやつ(^^)低音が効いていて、この曲にピッタリな雰囲気でした。
弾き終わった後は、パイプオルガンの裏側を見せてもらったり、構造を教わったり。
娘もとても楽しかったようです。
ううー羨ましいーーーー私も触ってみたかったーーー(>_<)
大人向けの「弾いてみよう!」もないんだろうか。。。

いつか私もパイプオルガンでバッハを弾いてみたい!という野望でメラメラの夏の1日でした。
バッハ、練習しよ・・・(フランス組曲5番ジーグに大苦戦中・・・)

| | コメント (4)

2014/07/02

娘のピアノと私のピアノ

娘のピアノの発表会が終わりました~(^^)

Dscf2379_ok
いや~~、とにかく無事に終わって良かった良かった。
今年、娘が弾いたのは、湯山昭「バウムクーヘン」。私が2年前に弾いた曲です。
先生が選んでくださった候補の曲の中にたまたまこの曲があり、娘自身が「ママと同じ曲が弾きたい!」と選んだものの、充分な練習時間が取れなくて、なかなかちゃんと通して弾けるようにならず・・・(汗)一進一退の攻防が発表会直前まで続くことになり、結構焦りました。
結局本番では、止まらずに、大きなミスもなく弾ききることができて、本人も私も(先生も?)、ホッとしました。旦那が言うには、「asaponが(この曲を)弾くより、ほんわかした感じだったな」とのことで、娘らしい、甘そうで美味しそうなバウムクーヘンに仕上がってホントに良かったと思います。

また、娘が「この発表会で一旦ピアノは辞めて、夏からは受験勉強を中心にする」と決めたので、お教室は7月末で退会することを、3年間お世話になってきたU先生にお話ししました。
U先生は中学受験経験者で、実は娘の志望校の一つの卒業生でもいらっしゃるので、これまでも娘の練習のペースには様々に理解を示してくだいました。
いつもいっぱい褒めてくれて、楽しい、笑顔いっぱいのレッスンをしてくださったU先生に、心から感謝しています。先生との出会いで、娘がますます音楽を好きになれたことが、私もすごく嬉しいです。

・・・と、そんなこんなでバタバタしていたら、自分のピアノの練習がすっかりお留守になっていた(汗)
明日のレッスンどうしよう。。。慌てて突貫工事に取りかかりつつ、今日はちょっと前に一応マルがついた2曲を録音しました。

シューマン 子供の情景 12.眠る子供 →youtubeへ

譜読み自体が難しかった(涙)G先生には、「もっと孤独感を出して!」と言われ、頷いたものの、実はよくわかってない(汗)難しいけどとってもいい曲です(^^)

シューマン 子供の情景 13.詩人のお話 →youtubeへ

譜読みは楽勝だったけど、私が弾くとどうにもダサい(ガーン)
G先生には「手首で拍を取らない!つぶやくように!これはもう神経とセンスの問題」などと身も蓋もないアドバイスを受けました。。。
そして動画を見て、思いっきり手首で拍を取ってる自分を見てショックを受ける。ダメだこりゃ(-_-;)いつかこの曲をしっとり弾ける「大人」になれますように。

♪練習中の曲♪
モシュコフスキー 20の小練習曲 1番 (ムズ…ナニコレ)
バッハ フランス組曲 5番 7.ジーク (これもまだ半分も弾けない)
バルトーク ルーマニア民俗舞曲 (なんとか最後の6曲目に到達。若さと勢いが足りなくて悩み中)

| | コメント (2)

2014/06/11

バッハ2曲録音

一応マルになった2曲を録音。

フランス組曲 5番 5.ブーレ →youtubeへ

発表会の前に、一回マルになりそうになって、ちょっと放置してたらすぐ弾けなくなった迷曲(汗)
特に、15小節付近の弾きにくいことといったら。。。
楽譜の見た目とは裏腹に、ホント難しかった。結局テンポも上がらず、こけないのに必死で終了。

フランス組曲 5番 6.ルール →youtubeへ

最初先生に見ていただいたとき、
「え?これってそんなテンポの曲ですか!?」
と突っ込まれ動揺。え?違うの??オロオロ・・・。
先生のお手本や、ピティナの動画を聴いてびっくり、遅い!重い!
いつも聴いてるシフのCDは、もっと速いし、リズムもイレギュラーしまくりなので、それに変に影響を受けていたようです。うかつに天才の真似しちゃいかんと学ぶ。
6/4拍子の不思議な雰囲気の曲で、とりあえずこちらはレッスン2回でマルになりました。

さて、フランス組曲の5番もいよいよ大詰め、7曲目のジークに取りかかります!
これは難しいとわかってるんで、気長にベストを尽くそうと思います(^^;
祭りのフィナーレ!って感じの明るい楽しい曲♪ガンバロー。

| | コメント (0)

2014/05/11

サークル発表会終了

Dsc_0044

ピアノサークルの発表会が無事終了しました。

朗報朗報!!

大人になって初めて、手が震えずに最後まで弾ききることができました!!!
ヤッターー!!!
「心臓がバクバクして手汗が止まらない」とか、「頭が真っ白になる瞬間がある」などといった症状はありましたが、手が震えなかったのはデカイ。出来はともかく、「人前でメロディーっぽいものを一応弾けた」っていうのに、本当に感激しました。サークル入ってよかった(涙)

あんまり嬉しくて、翌日の模試に向けて勉強中(のはず)の娘にメール。
そしたら、

「いいことかくにん!よかった(ハート)」

という返信が返ってきて笑った(笑)小保方さんは小学生にも人気だな・・・。

続きを読む "サークル発表会終了"

| | コメント (4)